世の中コロナコロナで気が滅入りますね。。

僕の住む兵庫県も先日とうとう緊急事態宣言
が出されて全ての仕事が無くなりました。

まだ数日しか経っていませんが、こんな小春
日和にどこにも出撃出来ないなんて…

気が触れそうっすw

まあ僕達のような緊急事態宣言が出た街は
自宅待機を強いられるのも致し方無いです
がそれ以外の県なら僕は単独または2人ぐ
らいでどこにも寄らずフィールドに直行
するなら気分転換の釣りはいいんじゃない
かと思います。

とにかく密集を避けて手洗いとうがいを徹底
して

今出来る事

収束した時にすぐ動ける準備をしっかりして
いく事しか無いですよね

僕も自宅で出来る仕事に改めてDKルアーの
特徴や使い方の動画撮影、久しぶりにハンド
メイドのリアクレジグも作成しようと考え
ています。

さて先週の宣言が発令した前週ですが

兼ねてよりフィンチ代表のゲンキマンと
仕事の相談もあったので発令される前に
KNKと香川を訪れてきました★

釣りはオマケで目的はフィンチショップ!

もうねワクワク全開で欲しい物だらけ

そしてオシャレで自然の一体化してコーヒー
も美味しい!
(砂糖入れすぎてゲンキマンに怒られましたが)

 

そそるアウトドアギアばかりで機能も
デザインもオシャレな上に

 

安い❗️

 

カモフラオタクな僕は迷彩グッズ全て

買占め1か月の少ないお小遣い全て

使い込みましたw

 

九州の里帰りから寄り道していたBOW
も全身フィンチマンに変身w

 

この安さはゲンキマンの絶え間ぬ努力

 

自身で現地工場まで出向き素材のチェ

ックから裁断、縫製まで全てオリジナル

の上にユーザーへ直接の販売のみ

 

こういった企業努力が品質の良さと

低価格でユーザーに満足して貰える秘密

に改めてリスペクトしました!

 

ゲンキマンの自宅にも遊びに行かせて

貰いましたがA型特有の整理整頓された

リビングに可愛い娘達❤️

 

僕の目が最も奪われたのは水槽に泳ぐ

ピーコックとオスカー、そしてフラワー

トーマン!

 

更に生のフィンチ♬

 

ちなみに奥さんも美人でしたw

釣りの方は夜、風が吹き楽しみにしていた
モンスターメバルには逢えませんでしたが

野池は素晴らしかった

無数に点在する溜池、バスのコンディション
そしてフィールドの周りのお百姓さんの
優しさ!

そして食い物が美味しい★

 

うどんは勿論、毎日食べても飽きません
でしたが鶏肉は今までで1番!ケンタを
超えていました♬

 

さてオマケの釣りですがw

初日は短時間でしたが小規模のランカー
スポットに案内して貰いゲンキマンが
ディバイン3.5で40クラスを絞り出すも
人気エリアのようで次から次へとアング
ラーが訪れハイプレッシャーに負けるも
状況は把握

 

既に第一弾のスポーンは終わってる?

かなり季節の進行は早いみたいで

2日目は規模の大きい野池でこの季節
間違いないハードボトムのシャロー
フラットに入りゲンキマンはクージグ
ヘッド&ディレンジフーラ、KNKも同じ
くディレンジフーラで40クラス捕獲★

更に天気はいいけど寒い風が吹き続け
超絶にショートバイト化。。

僕はディレンジフーラEXで1発狙って
いたが小粒なルアーじゃないとダメなの
か?全くのノーバイト。。

釣りは昼まででラストにシャローフラット
を諦めて

冷たい風が吹き荒れていたので風裏の
冬のスポットへ

一気に水深5mのディープスポット

にあるマンメイドストラクチャー

それまでガーゴイル69Hにディレンジ
フーラEXでストロングに攻めていたけ
ど今日の状況から2人のヒットルアー
に変更w

ロッドはインディー610に持ち替え

ルアーはクージグヘッドに小さい方の
ディレンジフーラ

カラーはクリアの水質で春に強いスジ
エビに変更し

マンメイドストラクチャーをタイトに
フォールで攻める

水深は約5m

なのだが

フォールで水中に引き込まれるラインが
2mぐらいで止まった!

半信半疑ながらフッキングすると…

ブチ曲がりインディー❗️

デカい❗️

ブリブリのプリスポーナー捕獲に成功★

ようやく素晴らしいバスに出逢えました

ゲンキマンありがとう🌸

そして最終日

前日の状況から

小粒なルアーがいい

超絶ショートバイト

という事でプロトタイプのシンゾー
ディレンジを投入!

これがスーパーストロングパターンと
なって僕とゲンキマンは40クラスを怒涛
の連発モードへ

KNKはお百姓さんと友達になって畑仕事w

ほんと地元の人達が優しかったっす

こんな素晴らしいフィールドは絶対に
守らないとね!

そしてゲンキマンと別れを惜しみながら
帰り道

最後に有終の美を飾るドラマが…

帰り道にふと寄った野池

めっちゃ濁っておりストロングパターン
だったシンゾーディレンジで探るも
濁りから見つけてくれなさそうな感じ

とはいえ数日の釣りで感じていたのは

食い気無し…

濁りのリアクションといえばクランク

ガーゴイル63に持ち替えデロスSRで
ゴリゴリに巻く

どチャ濁りの水路に

入り口から最奥へデロスをロングキャスト

コンクリの壁際をゴリゴリ巻いていると

ガーゴイル63がガツンと絞り込まれた❗️

旅の最後に素晴らしいプリスポーナー
と巡り逢えた★

感無量っす♬

 

最後にゲンキマンとその家族の皆様

そして香川の優しい方々

遊んでくれたバス達

ベリーサンキストレモン🍋

ニンニン

今期の青野大会初戦ですが
屋外イベントとゆう事と100人規模なので最後まで悩みましたが兵庫県にクラスターが発生している事実を鑑みて延期を決定しました。現在のところ初戦は5月3日を予定しております。
#ドランクレイジーCUP
#青野ダム

世界で驚異のウイルス

毎日コロナコロナで嫌になりますね。。

日本でも影響が無い人、会社は皆無といって
もいいんじゃないでしょうか?

ドランクレイジーもメイン工場はマレーシア
といえど部材調達などで新製品全てが遅れ
大打撃となっています。。

まあ落ち込んでも前に進まないので感染の
恐れが、ほぼ無い安心なフィールドへ出かけ
るのが1番っすね♬

 

2020は暖冬で2月から春が来たのか?みたいな
暖かい日が続き早くからシャローでプリスポー
ナーが続出★

野池では

シンゾーディレンジが大活躍!

オオツチノコでも

シンゾーディレンジはSWでもロック
フィッシュやチヌが連発してました♬

琵琶湖でもやはりシャローが好調

プロトのクランク、デロスや

定番のアーウィッグ、スジエビ

そしてプロトのスローシャイナーでは
マツさんがビッグバスを乱獲★

ウナギ兄さんもオオツチノコで

COOジグにスローシャイナーのスコーン
でも

 

早い春の訪れか?と思いましたが

3月に入ってからは本来の三寒四温で
足踏み。。

3月上旬でスポーニング開始なのかと
思いましたが結局、例年通りで3月末
から4月となりそうで、まあまあ厳しい
3月でしたw

そんな三寒四温に振り回される中でも
トマラネーゼがディレンジEXで

スイミースモールでも

そして各地で炸裂したのがシャローカバー
のショートバイト化するプリスポーナー
を連発したウッドカバーの定番イナズマ⚡️

僕も苦しんだ先日イナズマSHに助けら
れましたw

改めて恐ろしい回避能力。。

何よりプリがステイするウッドカバー
の中でリアクションバイトを誘発して
ショートバイトをモノにしてくれます★

そのイナズマSHとイナズマバズで
マレーシアスタッフの現地人マサミティー
がビッグトーマンにピーコックを連発
してマレーシアではイナズマブームに
なっているようです♬

ちなみにイナズマバズの在庫は全て
マレーシアへと。。

本社の在庫はゼロですのでショップに
あるイナズマバズで最後になります。

ちなみにイナズマSHは昨年末に増産
して入荷しているので全色ストックして
あります!

プリスポーナーがステージングする
カバーに是非イナズマSHをゴリゴリに
当てながら巻いてみて下さい⚡️

異次元のビッグバスがバイトしてきま
すよー♬

ニンニン★

1月に吹いた春一番?に異常気象な雪不足
の暖冬。。そして大潮以降、確実にバス
はシャローを意識しだした特殊な2020

このままいくと2月末ぐらいにはスポーン
が始まってもおかしくない雰囲気

ただ例年通りのディープスイミーパターン
が年末以降機能せず秋のように全域探す
もバイト数は秋のように多くないので
難しく暖かい真冬wって感じっすね

先週末はSW〜野池〜汽水と3連発出撃★

サタデーナイトはシーバスのエキスパート
雷神&BEEさんとUスケの4人でSWでの
新しい企画ミーティングをしつつ色々な
魚種を狙いSWランガン

まずは河口のキビレ狙いにてBEEさん
チヌクル&ディレンジBVの最強コンビ
にて40UPのキビレを捕獲★

しかしバイトは少なく僕にもチヌクル
&ディレンジで1発のみいいバイトがあ
るもフッキング失敗。。

最近好調らしいチヌゲームでしたが甘く
なく反応があるのはチヌクル&ディレンジ
のみでした

チヌを見切って確実に魚を触ろうwと
漁港へ移動してロック狙いへ

しかし今年は暖冬の影響か?例年なら
釣れ始めるデカいタケノコメバルが不調

今回もタケノコの反応は皆無な中、1人
ガシラを連発したのはUスケ

ルアーは一本だけ渡したシンゾーディレ
ンジのサンプルでガシラ4連発♬

雷神は1人アジングにトライして漁港
ではデカい25cmサイズ捕獲♬

僕だけノーフィッシュで最後は掟破り
の反則技wいまや超レアのディレンジBV
ピンクをジグヘッドでガッシー捕獲w

雷神のアジと僕のガシラで幻想的な写真
を撮ってみました★

アイホン11proは撮影も編集も多彩で
写真が面白いっす

 

そして日曜日はクーと野池へ

不調琵琶湖にてまだ初バスが釣れて
いないクーが何とか釣らせろとw

託したルアーはシンゾーディレンジ

ディープが不調だけにシャローから
ミドルを探る必殺はリアクレジグ&
ディレンジやCOOジグヘッド&ディレ
ンジフーラでのヒョンコヒョンコだ
けど

このシンゾーディレンジでのリフト&
フォールはスーパーヒョンコヒョンコw

どこにダートするか分からない軌道不能
の動きにバス、いや魚類全般が狂う♬

さらに小粒な上、3.5gのシンゾージグヘ
ッド内蔵でスピニングが苦手なクーで
もスパQ(強めのベイトフィネス)でも
充分に使える★

しかしこの日は前日吹いた強風の影響
なのか?

かなり厳しい

夕方の風がやんだタイミングに

狙いの稚ギルが越冬するブッシュ系
レイダウンで生命反応!

このタイミングをアジャストできた
唯一のバイトにクーのスパQがブチ
曲がりんぐ♬

クー快心の初バスは野池の45UP★

ヒットルアーはシンゾーディレンジの
グリパンBFに3.5gシンゾージグヘッド

上顎にガッチリ!

これでBOW、カズッチ、クーと初バス
捕獲率100%のリアクレガイド成功♬

 

3連発出撃ラストは昨日の月曜日

土曜ナイトのチヌが不発だったので

ブロビスのエキスパート雷神ガイドで
奥義ステッピング伝授も兼ねてデーゲーム
での河口汽水域へKNKと3人で出撃★

ブロビス奥義ステッピングとは?

真冬でベイトが少なくなった海では
アフターのシーバスやプリスポーンの
チヌが河口のサンドボトムにキスや
ハゼ、シャコなどを探して入ってく
るタイミングをハイブリッドスイマー
やハイブリッドスピン、ニンブル
などで狙う特殊なパターン

底物を捕食するボトム追い詰めスイッチ
を入れてリアクションで口を使わせる

真冬の必殺スイミーのショートリフト&
カーブフォールの「波動無波動」や
リアクレジグ、COOジグヘッド&ディレ
ンジのボトムヒョンコヒョンコと
ほぼ同じテクニックだったが…

決定的に違う事があった

それは僕が最近PEでのベイトゲームで
冬に巻き主体になってからずっと気に
していたPE独特の糸鳴り

ロングリーダーやロッドワークを駆使
して研究していたが

このステッピングはこの難点を克服
する新しい技だった!

太陽が完全に昇った朝ゆっくりから
雷神ガイド開始

まずはステッピングのレクチャーで
雷神先生いきなりのお手本フィッシュ

ブロビスのメタルバイブ、ニンブルにて
40UPのナイスなキビレ★

そしてKNKも…

僕のコンシュメイトにハイブリッドスイ
マーにて2時間ぐらいの雷神コーチにて

ようやく雷神先生から

やっと形になった。あとはフッキング
するだけですw

太鼓判を押された瞬間!

KNKが大騒ぎでブチ曲がるコンシュメ
イト♬

これまた40UPのナイスなキビレ!

ミドキンのハイブリッドスイマーを
ハーモニカ喰い

むぐぅ

なんか悔しい…

どうやら最近の当たりはこのミドキンの
ハイブリッドスイマーらしい

ホクホク満足顔のKNKからロッドを
奪い必死のステッピング!

2回バイトをとるも…

連発バラし…

焦りあるあるw

タイムリミットの昼までラストチャンス
に潮が止まる…

今日もノーフィッシュなのか…

とあきらめかけた時

水門の前がざわめきだした

どうやら開門したようでカレントが
でている!

忍び足で水門に近づくと…

でっかい魚影が水門に向かって泳ぐ姿が

見えたチヌって

まあ食う事は無いが

カレントが効いて僕の姿もバレてない
方向だったので魚影の先にアプローチ
してステッピングを試すと…

ギラッ❗️

巨大な魚影が反転❗️

食ったやろ⁉️と体が反応してフッキング
すると

ドスン♬

コンシュメイトぶち曲がりんぐ★

何と最後の最後に頑張ったご褒美は
年無し!ゴジュウUPのマチヌ❗️

強烈は人間みたいな歯w

これで貝やカニをバキバキ食うのねw

雷神ガイドのおかげでステッピングを
会得する事ができました★

やっぱ新しい技を会得するには100回聞く
よりも1回見る

そして自分で釣ってようやく伝授

百聞は一見にしかずって言うもんね♬

このステッピング

バスにも効くはずなのでこれから研究
が楽しくなってきたデござる!

ニンニン

先週はミッドナイトワークに谷山さんの
売り出し、そしてえべっさんと。。

老体に鞭打ち走り廻ってましたw

まだ受注は始まっていませんが遂に
2020DK新作ルアーを解禁しました★

まずは開発に2シーズンかかってしまっ
たオオツチノコ

ストレートワームって

単純そうに見えるけど奥が深い。。

この形状に辿り着くまでに丸2年。。
何度も作り直してかなり怒られましたw

ようやく最終形態が決まり最後はソルト
の配合率、硬度、フォーミュラー配分
など調整して1番威力を発揮するアフター
シーズンまでには間に合わす予定っす

ネコリグは勿論、ノーシンカーでの
フォール自発性からダウンショットでの
悶え狂うアクションまで追求し、カバー
対応のオフセットネコリグでのアクション
やフッキング性能を研究して創りました

 

もうひとつはツララのオガケンと2人で
研究してコラボレーション1号のルアー

オガケンの力作シンゾーベイトと僕の
代表作ディレンジの特色を融合した

その名もそのままw

シンゾーディレンジ★

ツララからはダートに特化したSW
をメインに考えたカラーラインナップ

ドランクレイジーからはバスを中心に
繊細な動きを追求したフレッシュモデル

このワームに命を宿らせる特色な針
シンゾージグヘッドが付属でついて
きます♬

先週の日曜日にアクション撮影も兼ねて
野池に出撃してきましたが雨の影響で
濁りが入り…ちょっと分かりにくいで
すが、ただのホグ系だと思って使うと
その唯一無二のアクションにド肝を
抜かれ鱒w

 

この日は青野の主カズっちが同行して
くれて、ひとしきり撮影が終わった夕方
前から最終プロトのテストも兼ねて釣り
してみたけど…

年始に良かったサンドバーのブレイク
は無反応

そしてディープでのスイミーにさえ
反応が無く

夕方は、もしかして?とゆうよりヤケ糞
でシャロー攻め

するとカズっちがいきなりオオツチノコ
で今年の初バス♬

こんなコバっちが真冬に7インチのオオ
ツチノコを頬張り喰い。。

しかもシャローで。

ほんまに真冬?

僕はインサニアにてシンゾーディレンジ
のグリパンにて、こちらもシャローで
バイト

もしかして…

大潮と雨で既にシャローへ差してして
るのか?

ラストはスパQにロッドを持ち替えて
ダートに特化したツララ仕様のシンゾー
ディレンジでシャローのリーズ周りを
一応撃ってみると…

水中でギラッギラッとスーパーヒョンコ
ヒョンコに狂うバスが見えた瞬間!

スパQのティップが絞り込まれた★

真冬にドシャローのカバーで狂った
まあまあサイズ♬

どうやらバスは既に春を意識してますね

こないだの琵琶湖もドシャローだったし

変な1月っす

琵琶湖といえばスローシャイナーを昨年
からテストしてくれていたマツさん!

昨年12月もロクマルを筆頭に55UPを
連発水揚げしてスローシャイナー伝説
を創ってくれていたが…

元旦にもゴジュウUP更に2日には…

またもやロクマル❗️

 

マツさん&スローシャイナーのコンビ
恐るベシ。。

仲間に囲まれて人望もあるエキスパート
のマツさんは同年代のリスペクトアン
グラーでござる♬

 

そのスローシャイナーも開発から3年。。
しかも昨年発売予定が最終製品版に
納得がいかず大幅に遅れてしまい
ユーザーのみんなや小売店様に迷惑を
かけてしまいましたが…

今度こそ完璧に仕上がりました★

超ソフトながら丈夫!ノーシンカーで
は特殊素材にてフローティングなので
水面放置からのスプラッシュ〜バジング
などの攻めから水面直下デッドスロー
はジグヘッドでも超スローシンキング
なのでラインもフックも隠しながら
超絶スローで誘えディープからもコー
リングさせます!ハイシーズンのウィー
ドエリアやカバーでもウェイテッド
フックでサスペンドからスローシンキン
グでじっくり誘えるうえキャロライナ
リグではボトムから少し浮かせた超ス
ロースイミングとゆう新しい攻めも

この超絶デッドスローで振る頭
ヘッドシェイクは攻撃を受け悶え苦しむ
ベイトフィッシュを演出し、弱って
捕食しやすいスイッチを入れ狡猾な
ビッグバスの側線を刺激します★

 

デッドスローでスイミングするスイム
ベイトしかも細いミノーシルエットに
拘り開発がスタートしたけど辿り着いた
のは、いかにテールの振り幅を大きく
するか?これを可能にしたのが特殊素材
と見た目には分からない新しい新機軸

この新機軸を発見したのはマレーシア
のピッコロ工場長。この機能のおかげ
でテールの振り幅ばかりか悶え苦しむ
ヘッドシェイクアクションも

少し濁ってたけど11の超スロー撮影で
撮った動画でこのテールの振り幅を
見て下さいませ!

 

この特殊素材によるフローティング機能
はクリアエリアのナーバスなバスや
アフターからサマーシーズンのカバー
絡みでも威力を発揮します★

昨年は新作ルアーを全くリリース出来ず
開発に追われた年でしたがその分今年
は強烈なファーストインパクトベイト
を連発でリリースしていくので楽しみ
にしていて下さい!

ニンニン

長らくの放置&遅くなりましたがw

新年明けましておめでとうゴザイ鱒🎉

今年もドランクレイジーユーザーの方
へ感謝を込めて1枚だけ手描きで年賀状
を描きました。

昨年の秋ぐらいから放置だっけ?

誠にかたじけない

FBやツィートしちゃうと…ついつい
ブログを疎かにしてしまうっす

今年はミッドナイトワークが少なく
なり、ようやくドランクレイジー
業務を主体に動けるのでこのブログ
も含めて色々なことにチャレンジし
ていけそうです★

SNSはナウ的な今をUPしつつこのブログ
では掘り下げた詳しい内容を伝えて
いけたらと思います。

では昨年末の釣りから4日琵琶湖の初
バスまでの詳しい内容から♬

 

昨年の秋

いちはやくターンに悩まされた秋だっ
たけど狙いを絞っていたヒシ藻が枯れ
柔らかくなってからは例年通りパルサー
がハマって

ゴジュウ前後の乱獲パターンに♬

しかしここ数年はスレるスピードが早く
一年でリセットされるも熱いのは最初
のみで、どんどんルアーをローテーション
しないと見切られていく流れを今年も
感じた。

この枯れヒシ藻パターンも最初はパルサー
でバコバコだったけど後半活躍したの
はキャンディーカラーのディレンジEX

最初はインパクト的なウィカメチャート
の反応が良かったけど後半は完全に
キャンディーの独壇場だった

どうやらオタマからカエルに変身した
ベビーブルフロッグ🐸いわゆる小さな
ウシガエルにマッチザカラーだった
気がするっす

そして11月に行われた青野ダムでの
ドランクレイジーカップ最終戦でも
今年の秋を象徴するようにコバッチ
のウェインの嵐

過去5年で初めて40UPさえウェイン
されなかった

ビッグバスが難しい今年の秋

そんな大会ながらチャロのパパが
第一戦、第二戦をオームEXでビッグ
バスをウェインした貯金と最終戦で
もしっかりコバッチをウェインして
年間優勝に輝いた🏆

そして12月には大好きなマレーシア
に行って苦渋を飲まされていたKLに
ほど近い小規模レイクにマレーシア
のDKスタッフであるケビンと出撃
して久しぶりに3kgクラスのトーマン
をインダクションで捕獲する事が
出来た♬

野池ではタケ様の朝30分仕事前ガイド
にてピーコックのグッドサイズも

海で強烈に効いている限定カラーの
ピンクディレンジで♬

そして管理釣り場での耐久テストでは
ボードンで50kgオーバーのジャイアント
グルーパーを連発しハイプレッシャー
のルアーエリアでもガンリューにPE
2号にリーダー25lbとゆうこのエリア
では、かなりのライトタックルwにて
インダクチャやガーゴイルjrにてバラ
ムンディーとグルーパーを連発★

タケ様やケビン、ピッコロ工場長、マサ
ミチに感謝の最高なマレーシアでの休暇
でした★

 

話しは日本に戻って晩秋

枯れヒシ藻も水面から消え始めて

スイミーの季節到来!

しかしクリスマスを過ぎたぐらいから

暖冬の影響でディープに入らないのか
皆が鉄板投げ過ぎてスレたのか?

頼みの綱のスイミーが不調。。

年末の29日に釣った昨年最後のバス
はシャローにて、もう一つの冬の
切り札であるCOOジグヘッド&ディレ
ンジフーラだった

このタイミングでやはりリアクレジグ
にディレンジも好調だったようで
ディープのスイミーが年末にきて不調
となった年の瀬

そして新年を迎えて

早々に初バスを釣るべく年末から絞れ
ていたスポット、シャローからブレイク
へのスポットへ出撃するも弟子のBOW
にトンビ油揚げノ術で初バスをさらわれ
てしまったw

僕もバイトは数回あったが初バスに
焦りバラしw

全てシャローからのファーストブレイク
にて色々なルアーを試すも反応があっ
たのはスジエビカラーのツチノコのみ

アカムシがメインフードなのか?

そして悔しかったので次の日は急遽
琵琶湖へ

しかしこの日の琵琶湖、元旦からの
好調から急劇にタフコンデションだっ
たようで…

僕が駐艇しているマリーナからでた
ボートは全てノーバイトの全員完全無

クーの知り合いの琵琶湖エキスパート
集団も4艇ででて完全無だったらしく

僕達もチャンネルラインをスイミー
主体で攻め全くノーバイトだったが

琵琶湖の超エキスパート松さんから
前日聞いた、直リグ。

これをスパラキュートにエクスレッド
(フロロ)11lbとゆう琵琶湖らしくない
ややベイトフィネスタックルにルアー
は口に入りやすくやや濁った琵琶湖
で弱めながらしっかり波動でアピール
出来るアーヴィッグ、カラーは前日
の野池で圧倒的だったスジエビを
チョイスして

なんとドシャローの残りエビ藻の中
にて奇跡のバイトw

マグレ要素高いけどw

激タフな日の琵琶湖で奇跡的に48cmの
初バスを捕獲出来ました♬

昨年の秋から初バスまで

駆け足でしたがこんな感じーw

ともあれ今年は釣りばかりじゃなく
ドランクレイジー業務にも真剣に向き合い
日本中に旅も計画しています

そろそろしっかり形を次世代へと託す
準備もしていかないとね!

最後に改めて

ロッド、ルアーを含めドランクレイジー
ギアを使ってくれた皆様へ

昨年はお世話になりました。ユーザー
のおかげで今年もドランクレイジーが
継続できます。今年は心機一転し僕の
仕事もドランクレイジーメインの奮闘
していきます。色々と水面下で動いて
いる新しい企画も発表していきます。

リアルに「釣れる」しかも圧倒的に

そんなルアーを今年もリリースして
いきますので何とぞ宜しくお願い致し
ます。

欲しいけど売ってないよ?との声も
多数寄せられているのでショップに
置いて貰えるように今年から僕が
社長兼テスター兼開発兼、営業マン
でも奮闘していきます★

ニンニン

いやー神戸はスコットランド人?

ラグビーの影響で三ノ宮は外人だらけ
です♫

しかしラグビーってこんな白熱するんで
すねーめっちゃ面白いっす🏉

神戸に住みながらメインの街、三ノ宮に
はあまり行かないですが何故か連発で
三ノ宮に

KNKのピアノ発表会の鑑賞と

英語の先生クリスとビリヤード🎱

クリスはジャマイカ系ニューヨーク育ち
のナイスガイ★

ダンスとビリヤードが得意らしいので
5年振りにマイキューを倉庫から出して
勝負してきましたがコテンパンにして
しまいましたw

現役時代に比べると全然でしたが元A級
のハスラーだったので🎱

 

もちろん先週はフィールドにも出撃して
おります。

フィールドで最近、感じるのは…

スピード

バスがワンシーズン虐められて賢くなっ
ているのか?ターンの影響なのか?
はたまたベイトに依存しているからか?

まあ秋のあるあるですがスピードが無い
と騙しきれない

そんな感じっす

海でも…

神戸の街がラグビーの試合で盛り上がる
中、BOWと2人渋滞を掻き分け湾岸の
散歩へ

台風の影響でカタクチが湾内に溜まって
いるらしかったけど

何箇所かランガンして見つけたのは

マイワシの群れ

アプランタとマッチザサイズ

しかし群は小規模で先行のアングラーは
全員ノーバイトらしい。。昨日は好調
だったみたいだけど

そんな中、1箇所だけ

ストラクチャーの際、電燈によるシェード
から出てくる感じでフィーディングしてい
るスポットを発見

色々試したけど30cmぐらいのシェードに
スイミービッグをフォールして最初の
リフトだけスイッチが入るパターンを発見
して70弱のグッドサイズ捕獲

BOWも同じパターンで60弱を捕獲

2人共にノーサーでスイミービッグSW
モデルのブルーシャイナーだった

イメージはストラクチャーの下に
ステージングしてベイトが通ったら
フィーディングするけどスレている

無波動のフリーフォールで追わせて
1発目のアクションにだけ時々スイッチ
が入る絞り出し系パターンw

ただ海でもスピードリアクションしか
反応しないように感じた

 

週末の土曜日はCOOと久しぶりの琵琶湖
へ出撃するも…

無睡眠での出撃は無理があったのかw

ボートの上で4時間も爆睡してしまった

やっぱ僕は船団、集中力無くしまつ…

COOが拘った木浜沖

ボートも多いけど魚影も確かに濃く

釣れるボートは決まった感じだけど
釣ってるボートは3〜4インチのi字系で
フィネスに攻めている

それならこれでも釣れそうとセレクト
したのは海用だけどブロビスのアッシム

バチ抜け用のルアーだけど僕は無風で
無波動波紋モヤ引きパターンで海でも
淡水でも渋い時によく使う

このパターンでCOOは僕の大昼寝中に
20匹連発したみたいw

ケタバスもグッドサイズが食ってくる

アッシム以外で反応したのは

やはりスイミー

25cmぐらいが連発して時折40cm弱
ぐらいなら食ってくる

アベレージは小さいけどベイト喰いまく
りの太い回遊系

ただ狙っていたのは、このコバッチや
ケタバスを喰う3kgオーバー

大昼寝から目覚めたw夕方は同じような
シチュエーションでプレッシャーが無い
エリアを探し池原でもモンスターサイズ
を反応させたインダクション6の高速巻
きで投げまくって

一度だけ、ゆうに3kgを超える巨体が
ボート際まで追いかけてきた

チャンスは少ないけど、やはりこの
パターンはデカいバスを狂わせる

それを見たCOOはボードンにテキサス
でシャローのウィードパッチを攻めて
2kgサイズを捕獲

インダクション6のスモークギルTX

やはり早巻きで3回連続のバイトで
3回目にガッチリ咥え込んだ

秋の琵琶湖

今後もちょっと釣りこんでみたいっす

さー明日の忙しさを抜けたらやっと
釣り行けるぞー♫

右肩痛いけどやっぱ秋は巻きまくりたい
ねー

ニンニン

台風過ぎてグッと秋が深まりましたね

暑さ寒さも彼岸までと昔の人はよく言っ
たもんですなー

池原から帰りデカい人と青森行って…

台風が来て

台風が去った連休最終日も昼から野池
に出かけましたが

やはり…

前線通過後は厳しい

僕のイメージは大雨や台風の真っ最中
に強い魚は喰いまくって通過後には
満腹でニュートラルになる

なんで通過後には食べれなかった個体
か、まだ勢いが残っている魚を探す
感じ

濁っているから騙しやすくなるけど
想像以上にマッチャっ茶だったが

ウィード内部のヘビテキでは先週同様
に反応はあるけど

あきらかにバイトが浅い

本気喰いしてこない感じ

夕暮れも早く短時間ながらボーズ寸前
で偶然反応するパターンを見つけた

ディレンジEXのヘビテキのままで
キャストミスした高速回収にマッディー
な水面が波立って追ってくるのが分かっ

しかし追ってくるだけでバイトには
至らず…

他のルアーも色々とローテするも
追うのはディレンジEXの早巻きのみ

何とか口を使わせたのは追わして
ヒシ藻のエッジに当てた瞬間、追い込み
スイッチ?なのか深いバイトを誘発
できた♫

このパターンをKNKにも教えると夕暮れ
寸前でKNKにもグッドサイズが

しかし40年間バスを釣り続けてもまだ
新しい発見がありますわw

話は飛びましたが先週のRCA’S捕獲報告★

まずは長野から中村Bro

アキラは伝家の宝刀リアクレジグ&ディレ
ンジにて

兄貴のミツオはセダクト&ディレンジ
得意のブルフロッグカラーで

この周期、長野ではオレンジが効いた
のか?

長野カリスマショップBooさん常連の
DKハードユーザーであるrevoさんも
オレンジベリーなバーガーTXでビッグ
バスを連発してくれていました★

 

少し南下して大江川

トミーは、ここ1カ月コンシュメイト
ワークスにジグ&ディレンジで毎週
45UPを乱獲★先週も

三重からはマッサー

レイジのハードジャークで

更に一本だけ強奪したスローシャイナー
のファーストプロトでもビッグバス★

琵琶湖からは

先月イベントで青野ダムにて伝授した
ソドムにてモーニン君が陸ッパで♫

更に琵琶湖からは筋肉オジさん松さんw

どっこも売ってないぞー!っとKMKから
強奪したオームEXでいきなりビッグバス

小心者の僕はw琵琶湖で実績のある
ディレンジフーラEXを進呈すると
台風後の琵琶湖でいきなりロクマル❗️

やはりディレンジパワーとエキスパート
が融合すると凄いことになりますね♫

南大阪からも

トマラネーゼはイナズマで

ビッグマグナムもディレンジで連発!

コンシュメイトワークスをブチ曲げ
まくってくれています♫

ラストはマレーシアの僕の兄弟のとこ
へ押しかけていたG

初日はトーマンアタックにフラれて

ローカルのTK4とKevinは、しっかり
キャッチ♫

イナズマぐにゃぐにゃにされてましたw

2日目はモンスターグルーパーのボリ
にてインダクションで

癒されていたようですw

しかしモンスターグルーパーすげえな

僕も今度癒されに行こう♫

ニンニン

先週はリザーバーの経験値が少ない
チャロの修行で池原ダムへ★

僕も秋の池原は久しぶりだったが

想像通り難しかったw

唯一のストロングパターンはサイト
での「沈む虫パターン」

この沈む虫パターンは今年全国的に
ブームだったけど僕的には場所や
エリアが限定されるパターン

ライトラインでラインプレッシャーを
消しながら超スローフォールで細かい
パーツを震わしながら誘って見に来た
バスの鼻先でワンアクションのリアク
ョンで口を使わせる

僕的にはこんな感じの使い方なので
まずクリアな水質で「目」がメインで
フィーディングするバスがターゲット
となる。

それとフッキングも一瞬しか口に入れ
ないケースも多くサイトフィッシング
が基本

このパターンは安定して反応してくれ
たので今回はチャロにフィネスなサイト
をメインに伝授

あんまりスピニングの釣りを教える機会
無いからまあ良しw

 

僕も滅多に使わないULのインサニアに
(スモールマウスかロックフィッシュぐ
らいかな)1番軽いイガラバにハンブラビ
といったトレーラーにて

 

この沈む虫パターン

以前は廃盤となったスカラベに軽量
ジグヘッドを使ってゲンゴロウパターン
と呼んでいたがw

今回はフォールで震える足を軽量な
スモラバのスカートで演出する為に
少なくハリのあるスカートのスモラバ
を探しイガラバをセレクト。

そしてトレーラーは、よりスローに
フォールして最後のワンアクションで
リアクションを誘発するダートアクシ
ョンが秀逸のハンブラビとした。

 

実はハンブラビのプロト時代の3年前
このパターンで池原にて無限に釣れ
続けた事がありチャロにもアフター
サイトの切り札として伝授している
忍術だったのデござる

コバッチなら無限に釣れるクリアの
最終兵器w

残念ながら今回はマックスで45足らず
とビッグバスに恵まれなかったけど…

実は余裕のロクマルサイズをこのパター
ンでバイト寸前までいったり

55クラスはスローシャイナーとインダク
ションでバイトまではあったけどショー
トバイトでフックアップまでに至らなか
った。。

しかしスローシャイナーの集魚力は凄ま
じくスローゆえ状況的にチェイスのみが
ほとんどだったけど、めっちゃ見に来て
くれるので(フナやベイト、トラウト系
までめっちゃ後ろを追尾してくるw)
バスが濃いエリアの見極めに魚探並みの
活躍だった

今年の春に一度訪れた時は濁りでサイト
が出来ずなんとかゴジュウUPを絞り出せ
たのがこのスローシャイナーと重量級
ジグヘッドでのインダクション6インチ
の超スピードスイミング

今回もこのパターンをCOOジグ14gの
スカートを間引いたコンビで投入した
けどロクマルクラスが突進してきたり
55クラスをバラしたりと今後、状況が
良くなれば池原の天才君をも騙す必殺
になる可能性を感じた

 

今後もこの対照的な2つのスイムベイト

デッドスローのスローシャイナーと

超スピードのインダクションが秋の
ベイト絡みなパターンで炸裂してくれ
る事は間違いない♫

今回もお世話になったトボトスロープ
のタイさん

ありがとうございました!

また来春おじゃまするのでよろしく
お願いします

ニンニン

秋が来たかと思えば夏に戻り…

ようやくまた風が秋の雰囲気になって
きましたね♫

しかし第一次ターンオーバーからの猛暑
は厳しかった。。

水はネットりしているうえに、シャロー
はぬるま湯状態

おまけに愛用していた度入りタレックス
の偏光サングラスを紛失してキャストも
決まらずビッグバスを見失った周期でし
た。。

どこへ行ってもコバッチの嵐

スイミースモールを投げれば入れ食い
状態だけど全て1〜2年魚ばかり

なんとかマシなサイズはスローシャイナー
が活躍

視界が悪いせいで久々にブルフロッグの
バイトを許してしまいw

普段なら避けるんだけども

で3連休は気分転換にSW

ドラゴンが回遊してきたという情報で
近所の沖堤防へ

 

本命は指5本のドラゴンタチウオ

ガンリュー ワークスにスイミービッグ
一本勝負で♫

到着の夕方すぐにツバスラッシュ!

全てスイミービッグ。ピンクヘッドチャー
トの反応が良かった

そして夕暮れ

誰にもタチウオの反応が無い状態にUスケ
はテトラへディレンジのフリリグで攻め

何と!30オーバーのアコウ捕獲‼️

ディレンジ3.5のリミテッドカラーで
あるオキアミピンクで♫

しかし本命は全くで波止のルアーマン
全員不発…

唯一ベテラン85歳、波止のヌシだけが
イワシで3匹

ヌシいわくアタリはあるが、なかなか
食い込まないらしい

確かに時々超ショートバイトがあった
ので違和感全て反射フッキングを入れ
てw根性の指4本まあまあサイズを捕獲

 

スイミービッグはブルーシャイナー

連休最終日は野池へ

遠征前の準備をしたかったのにKNK
の釣りたい病が激しく…

昼頃に到着してKNKは、すぐにダッシュ
で奥地へ

僕は畔でのんびり準備♫

と思っていたが

なんかターンましになって少し水も
良くなっている

ように見える

遠征用に準備したイガラバにディバイン
3.5でシェードにあるストラクチャーを
反則的なアプローチ

30〜35cmのコバッチ卒業サイズが
3連発でしかもバイトがアグレッシブ♫

満足してのんびり準備していると…

対岸の藪の中から汗ドロドロのKNKが
クマのように現れたw

一周してノーバイトらしく機嫌が悪い

更にちょこっと釣りして3連発を聞いて
更に機嫌が悪い

ヒットルアーとタックルを渡しにいって
狙いとアプローチを説明し

なんとか30cmクラスを釣り笑顔が戻っ
たw

安心してロッドをコンシュメイトワー
クスに持ち替えカバー撃ちにシフト

最近、度入り偏光を紛失してキャスト
コントロールに苦しんでいたけど

今回は乱視対応の度入りメガネを装着
したんだけど

あきらかにフィネスなアプローチが
決まる

やっぱ視力は重要っす

水質的に閃きでT.M.Zモーターオイルを
選択しヒシ藻の間にあるトロロマット
も突き破れるよう5/8ozテキサスで
ディレンジEXのカバー攻め★

がっつりハマり48cm、52cmとビッグ
バスが連発でバイト‼️

するとまたもやKNK

今度はコンシュメイトワークスを奪い
奥地の一級カバーへ

速攻で黄色い声が響き渡った

KNKも久々の40UP捕獲♫

一気に雰囲気が変わってた野池

厳しかった第一次ターンの終焉かな

でも第二次、三次と続くよねーターン
オーバー。。

さあ明日からチャロの修行遠征に行って
きまっす★

ニンニン

秋が来たと思いきや夏の戻り?

いやー残暑厳しいっすねー

ターンは始まったのに真夏の日差し

そして夕方は秋の風…

先週は僕も夕方のみ2回出撃しました
が夏の戻りに翻弄されてコバッチだけ
連発の玉砕されましたw

最後は残り少ない反則技のスローシャ
イナーに助けられてw

今思えば夏の釣りで更にショートバイト
対応のディレンジ3.5カバー撃ちが正解
だったかと

それ一本でいこうと思いながらも色々
と迷走しちゃいましたw

先週はなんといっても青野大会上位
お立ち台の2人に驚愕でした

ではRCA’S捕獲報告★

まずは青野大会3位だった琵琶湖の
エキスパートであるマツさん

大会の時に使いさしのスローシャイナー
を失礼ながら一本だけ試して貰ったの
ですが

地元に帰り琵琶湖にてそのスローシャ
イナー1本だけで50UP2本を含む8連発

8匹目のゴジュウUPにとうとう引き裂
かれたそうですw

ビギナーでもガールでもチャイルドでも

とにかく釣れる!をモットーに開発して
いるドランクレイジーのルアーですが

ベテランが使うと驚愕の水揚げが起こ
ります♫

更に謎のバスガールKMK💖

オームEXを1パック試して貰ったの
ですが仕事終わりに単独で連発出撃し

45UP!そして次の日にはゴッツイ!

ゴジュウUP★

ヒュージでド遠投から野池の遠隔カバー
撃ちを得意とするガールの域を超えた
クレイジーギャルw

オームEXとの相性がバッチリだったよ
うで絶賛の評価を頂きました♫

ただすぐ壊れるよとw

そうなんですよねー

開発テストからの悩ましいところで
耐久性を上げるとバイトが激減する
(自発アクションが弱くなる)ので
釣れる事に重点を置きギリの強度で
仕上げておりまするので…

かたじけないw

ただスローシャイナーは実釣力も耐久性
もハンパ無く強いです♫

そしてうちのKNKも昨日ジギングにて
シャモエヴォフォールで念願のアコウ
を捕獲してました!

ここからは

僕の予想通りディレンジ3.5が炸裂‼️

長野の中村兄弟★

ヒロはクリアレイクレッドのフリリグ

兄貴のミツオはセダクトにブルフロッグ
にて

2人とも新たな愛刀コンシュメイトワー
クスのカバー撃ち

更に大江川からも同じくコンシュメイト
ワークスのカバー撃ちでラバージグに
ディレンジ3.5でトミーが45UP連発!

カラーはブラッディコーク★

ラストは先々週に1ヶ月ブリにやっと
ネコバーガーでゴジュウUPを捕獲し
た三重のマッサーが口火を切ったよう
に先週はゴジュウUPを連発!

ブラッディコークにクリアレイクレッド

ソウルフライにてカバーをフィネスな
アプローチで攻めたようです。

先週共通しているのは…

ディレンジ3.5のカバー撃ちが炸裂も
そうなんですが

カラー!

ブラッディコークとクリアレイクレッド
が強かった

共通しているのは

ザリガニ系

どうやら完全に秋雨前線で旅に出てい
たザリガニが戻ってきてますねー

ニンニン

先週末、各地で第一次ターンオーバー
が勃発し厳しいコンディションだった
と思いますが。。

それでもクレイジーなアングラー達から
捕獲報告が♫

RCA’捕獲報告★

まずは大江川から

ツチノコマスターのトミーですが最近
はコンシュメイトワークスを片手に
ストロングスタイルで大江川を攻略
し2週連続でディレンジEXにてビッグ
バスを捕獲!

川バスらしいムキムキのビッグバス!

続いて三重からはマッサー

バーガー3インチのネコバーガーにて
ボトムついばみアクションにてこれ
またムキムキのゴジュウUP★

同じく三重からはK太

ターンの必殺ソドム6インチにウェイ
テッドフックにてウィカメで45UP
グリパンでゴジュウ‼️

ガンリュー ワークスでド遠投

サオちゃんの優勝パターンと同じ。。

やっぱターンのビッグバスパターンやね

ラストは南大阪からトマラネーゼ

COOジグヘッドにディレンジフーラEX
にてゴールデン45UP★

トマラネーゼが普及活動してくれた
南大阪のアングラーは、ほんと熱かっ
た。

長い年月がかかったけど最近、色んな
地域でドランクレイジーの捕獲能力に
気づいてくれたアングラーが一気に
増えた

青野大会でも3位に入賞してくれた
マツさんもディレンジを絶賛して
くれたのが本当に嬉しい

琵琶湖に年間300日浮かぶエキスパー
トから認められるって光栄っす

一年中琵琶湖湖畔を歩き続ける琵琶湖
ランガンおじさんも、ほぽDKオンリー
で釣りまくってくれてるし

目指すところは初心者にDK捕獲能力
を発揮してもらいバスフィッシング
にハマってもらいバスを守る仲間を
増やす事だけど

こういった長年バスフィッシングに
精通している色んなルアーを使った
エキスパートから絶賛されるのは
格別に嬉しいっすね😆

ニンニン★

青野大会の前日は一休狭山店さんで
東大阪では初めてのDKイベントで
した★

次の日が青野大会ということもあって
神戸組がゼロ。。1人でイベントは
可哀想だと思ったのか久しぶりに
KNKが手伝いに同行してくれました

しかし日本一DKの品揃え豊富といって
も過言じゃない一休狭山店は熱かった

続々と熱いハードユーザーが来てくれ
てガラガラは、あっとゆうまに全部
無くなり新作が無いのにもかかわらず
驚異的な売り上げでした。

モンスタークルーのみんなや大昔に
釣具屋やってた時のお客さん、昔イベ
ントで探してた貴重なルアーをくれた
方と大勢の方が遊びに来てくれて
感激の1日でした★

みんな本当にありがとう‼️

そして店長に社長、エメマンの差し入れ
から協賛まで感謝です。。

嬉しくて喋り過ぎて青野大会では終始
気絶していましたがw

一休狭山店に来てくれたみんな!

ベリーサンキストレモン🍋

最高のイベントでした★

ニンニンおねがい

昨日の日曜日は青野大会を無事終えま
した。協賛頂いたスタジオコンポジット
様、フィネス様、一休狭山店様、うな
ぎ兄さん、Bar Deep様、高校の後輩様

そして参加してくれた85名のアングラー
の皆様ありがとう

今回も清掃活動にも協力して頂き
ありがとうございました★

釣り人がいれば水辺は綺麗になる。。

ほんといい言葉ですね!

さて青野ダムですが…

時折小雨舞う無風のローライトコンディ
ションと一見良さそうですが

第一次ターンオーバー真っ盛りw

ほぽ全域の水が澱んでいる厳しい状況
でした。

増水で沈んだ冠水植物がキーになる
のか?ターンのマシなエリアを探す
のか?はたまたブレイクへの遠投か?

僕は前日からのイベント、ミッドナイト
ワークも重なり大会中は受付でずっと
落ちてましたがw

結果的にターンオーバー真っ盛りの
コバッチ祭り♫

とはいえそのコバッチを釣るのも
難しくキーは3インチクラスの小さい
小魚。

多分、今年の春は記録的大減水で
シャローに産卵するエリアが無かった
鯉や鮒が梅雨明けで水位回復した
初夏に産卵するといった状況だった
のでその稚魚がコバッチのメイン
ベイトだったのかも?

3インチクラスのシャッドシェイプ
にアジャストしたアングラーは
コンスタントに20〜25cmを釣って
いたようでリアクレ賞のアングラー
もスモラバにツチノコといった
フィネスパターンでした

そんな中でも乱獲していたパターン
は琵琶湖からの刺客、湖上に300
日浮かぶ漢マツさんは初挑戦の
青野で全域ターンでエリアをあきらめ
レンジでターンのマシなエリアを探し
稚魚パターンで何匹も釣って30cmを
絞り出し3位入賞♫

なんと2位も31cmという

ほとんどがお立ち台は50UPだった
今までの大会に比べて厳しいローサイズ
で争われたターンオーバーを象徴する
1日でした。

外道賞はチビっ子の朱雀ちゃん♫

なんと70cmの雷魚を捕獲!

そして優勝は…

青野ダム初挑戦で知る人ぞ知るキムケン
な釣りガール!

サオちゃんが今大会唯一のビッグバス

53.5cmを捕獲して優勝

パターンは他と全く違う高比重ワーム
のノーシンカーど遠投からの放置

本人談
ブレイクまでド遠投して、ちょいバック
らったので直してリール巻きはじめる
とラインが動きだしました♫興奮しす
ぎてコーヒーお腹にこぼしましたw

このヒットルアーがカバースキャット

サオちゃんいわく飛距離が凄いのと
フリーフォールで震えながら自発
アクションするとの事

まさしくソドム的なパターンでした

そして噂ではこの日ボートからの
アングラーが厳しいながらワンバイト
ワンフィッシュでヘビースピナー
ベイトにてロクマルを捕獲していた
らしい

ターンオーバーを象徴する1日でした

ともあれサオちゃんおめでとう㊗️

今回も協賛の協力もありドランクレイ
ジーも赤字の出血大サービスで豪華
賞品を争奪して頂きました♫

しかし年間レースは混沌としてきました

ブッちぎりトップだったチャロパパが
まさかのノーフィッシュ。。

一戦と二戦の貯金でまだ首位ですが
タケダさんやハゲっちがコバッチな
がら2回目のウェインで猛追

さらに一回だけのウェインながらミキ
さんや今回優勝のサオちゃんにも
年間を獲るチャンスが出てきました

この年間争いも最終決戦が楽しみ♫

次回は最終戦11月3日に開催され鱒

毎年ランカーラッシュなタイミング
なのでワクワクしますね★

ニンニン

秋のバスフィッシングできってもきれない
バッドな状況がターンオーバー

何度も解説しているけど新たなアングラー
に向けて今年も解説します

まずターンオーバー

実は秋だけじゃない

一年中起こる可能性がある

ようは水中が撹拌されてボトムに沈殿し
ている悪い成分が水中に散らばりバス
の活性が低くなる現象なので

強風が続くとボトムまで巻き上げた濁り
がはいりシャローでは年中ターンオーバ
ー現象が起こる

しかし秋のターンオーバーはタチが悪い

夏の間はサーモクラインという温かい
層と冷たい層にラインがあり、いわゆる
レンジを探る目安となりベイトはこの
ラインの上なのか下なのか?バスのポ
ジションはどのレンジを回遊している
のか?

夏が終わり秋が来ると夜の気温は低下
して表水面の水温は低下する。

すると冷たい水は比重が重いので下に
押し下げられ水中ではグルグルに撹拌
されていき水温は一定化されラインが
消えていく

秋に魚が散るというのは、こういった
事からどのレンジにいるのか目安が
無くなるのも見失う原因の一つにあげ
られベイトを探すしかない

そしてこの撹拌により最悪の現象が
起こる

ボトムの泥の中に含まれる有害物質が
水中に撒き散らされる

ターンが酷いエリアを見てみると通説
どおり水面の泡が消えない、水面に
粘膜の帯がある、そして水中には微粒子
が漂よっている

ここからは僕が感じている事だけど

低活性の1番の原因は、この微粒子が
バスのエラに絡み呼吸困難を起こして
いるのでは?と考えている。

ターンに強い魚類

鯉や鮒は、このエラの組織が細かく
泥の中でも数日生きていけるし

雷魚は空気呼吸も出来る

そしてターンに強いコバッチやギル

これも小さいがゆえエラの組織も小さく
不純物がエラにまとわりつかないのでは
と考えている

ビッグバスという脅威が無くなりコバッ
チやギルは自由となって巻物で釣って
も釣っても25cm前後の金太郎飴みたい
な現象が起こる

ではこのターンオーバーに対する攻略
はどうするべきなのか?

まず一つはエリア探し

ターンオーバーは広いフィールドほど
「まし」なエリアがある

インレットはターンに関係ないフレッ
シュな水が流れていれば有望エリア

しかし夏のように流れがあればいわけじゃ
なくオーバーフローの流れ込みなどは
上の池からターンオーバーの水が流れ
込んでいるなら厳しいし岬の先端など
も悪い水でカレントがあればこれも
ダメ

次に隔離されている場所

前日釣ったゴジュウUPもこのパターン
だけどウィードに覆われた内部は
ターンの悪い水から守られている
ケースが多い

そして定石となっているハードボトム

硬いボトムは沈殿物も少なく泥底に
比べて有害物質の撒き散らしが少ない

このハードボトム探しで目安となるのが
バンクの地質、そして生えているウィー
ドの種類

エビ藻などはハードボトムが多く狙い
となるウィード

反対に泥底に生えやすいウィードが
ヒシ藻、ジュンサイ、ハスなど

いわゆるリリーパッドと呼ばれるウィ
ード。

アメリカではエビ藻のように縦のウィー
ドはグラスと呼ばれているが、この
グラスを探す事がハードボトムに繋がる

最後にシャロー

小さい規模の野池などはターンオーバー
になりやすいが回復も早い

水中に散らばる有害物質の微粒子も
風さえ無ければ沈殿していくので
最初にターンが始まるのは小規模な
野池だけど回復が早いのも小規模な
フィールド

広いフィールドほど一度ターンすると
数日厳しい状態が続くが回復するの
が水深の浅いシャローなのである

なので秋の雨で増水して冠水植物が
沈んだシャローは秋のストロングな
スポットになるケースが多い

あとは風もターンが酷くなる原因の
一つなので風裏もポイントセレクト
の重要なファクター

 

ではターンオーバー真っ最中のビッグ
バスはどんな状態なのか?

産卵直後のドアフターや真冬に越冬
している状態と似ておりボトムに張り
付き、活動停止している事が多く酷い
時は腹に寄生虫などもついている

ただやっかいなのはアフターや真冬の
越冬などは場所を絞っていけるが秋は
どこにいるのか分からないのだ

しかし全く捕食しないわけじゃなく
楽に食べれるのなら捕食しており
目の前をスローに誘えばバイトには
持ち込める

しかし活性が極端に落ちているので
あまり追わないしバキュームも弱く
ショートバイト

この状態のバスをフッキングに持ち込
みやすいルアーの代表がクランクや
バイブレーション

濁ってもアピールが強くスローに
誘えてトリプルフック搭載のクランク

クランクに比べて動きが早くなるけ
ど更にショートバイトに強いうえ
レンジコントロールで探していける
のがバイブレーション

このクランクとバイブレーションの
いいところを併せ持つフラットサイド
クランクはターン攻略の代名詞的な
ルアー

それとエリアが絞れているのなら
ライトリグも有効となってくる

特にストレートワームは弱いバキュー
ムでも吸い込みやすいのでバルキー
な強い形状より吸い込みやすい細め
のワームが有効

人間も風邪ひいて体調が悪い時は
チュルっと食べれるウドンとかを
選ぶよねw

こういったワームをボトムに張り付く
バスの目線に合わせショートDSや
より弱いバキュームでも口に入りや
すいノーシンカー、ネコリグなども
有効

あと僕はターンの酷い時に1発デカい
のを狙う時の必殺はスピナーベイト
かスイムベイトのジグヘッドでひたすら
スローロールし違和感を全てフッキン
グしていく

ボリュームある分バイトは少ないが
何故か食うとデカい!

最後にドランクレイジールアーなら
何が有効か?

探していくならシャローのギルボックリ
レンジを刻むならスイミースモールか
リアクレジグ&ディレンジ

ピンスポットやサイトはクリアなら
ツチノコ&ハンブラビ、ステインから
マッディーならアーウィッグをショート
DSで

そして1発狙うならイナズマかスロー
シャイナーのジグヘッドでスローロール

イナズマはトレーラーフック必須でね

でも1番のおススメはソドムNS

軽いバキュームでチュルっと口に入り
やすい形状で冠水植物やエビ藻などに
も攻めれるし何より水面トゥイッチで
スイッチを入れフリーフォールの自発
アクションで誘えるバーサタイル

真夏に強かった6インチより4インチの
出番が多くなるけどね

あとベイトに依存した秋のバスに対し
ソドムの後方波動とシルエットは圧倒
的に強くなる

 

ソドム4インチを是非とも今年の秋
パターンに導入して下さいませ♫

フックは少し大きめで316Rなら3/0
インフィニなら4/0がフリーフォール
での自発アクションが強くなるし
ショートバイトにも強いです★

ニンニン

天気予報から察するに。。

どうやら最後の夏みたい

なのでKNKと最後の海へ

時折吹く風は涼しく泳ぐ人も少なし

やっぱ夏の終わりは切ない

潜ってみるとチヌやシーバスの稚魚に
ベラやテンコチ、そしてゴンズイの群れ
が見れた♫

ちょっと危険な魚だけどゴンズイボール
には見惚れてしまった

 

そのまま夕方は野池へ

前回のパターン

ヒシ藻の上ディレンジ早巻きエッジフ
ォールで楽勝KNKに釣らせてあげる
予定だったが…

第一次ターン開始。。

めっちゃ水悪し泡ブクブク。。

まあ第一次は次の雨で収まるだろう
けど

とうとうこの季節が来たなって感じ

何をやっても完全無で超絶ショート
バイトが2回だけ

デカそうなバイトだけど一瞬のみ

こんな時はターン濁りから隔離された
ヒシ藻のド真ん中、これにウッドカバー
が複合したエリアでフリップパンチ

ババ濁りの水質に併せてチョイスした
のは少しでも入りやすいようにフーラ
からディレンジEXへ

カラーはT.M.Zモーターオイル

この隔離カバー撃ちで何とか捕獲♫

少しスキニーながら53cmのビッグバス★

結局夕方2時間みっちりやってこのバス
のみ。。

明日からの雨で状況は変わるだろうけ
どねー

ニンニン口笛

先週は秋の気配が漂いだした先週。。

この秋雨前線で雨ごとに秋が深まり
そうな感じ🍁

さてRCA’S捕獲報告★

まずはノーザンラージの聖地、芦ノ湖
にてモニターのタツロー君が伝説的な
大漁水揚げ!

リアクレジグ14gにポークトレーラー
でディープを攻めて50UP5本、40UPも
4本と乱獲‼️

千葉のリザーバーとかではシークレット
ルアーとしてリアクレジグの使い手が
いてくれるけど芦ノ湖のバスは初見の
ファーストインパクトなのか?

長野からは中村兄弟アキラ

ディレンジフーラEXのウィカメチャート
にてコンシュメイトワークス入魂★

大江川ではモニターのトミーがコンシュ
メイトワークス一本勝負!ディレンジEX
のブラッディコークにてゴジュウUP!

日曜日の大江川でストロングに攻めて
ゴジュウは凄いね♫

三重からはK太が、こちらもコンシュ
メイトワークスにソドムでグッドサイズ

同じく三重からはマッサーが45UP乱獲

ガーゴイル69H片手に色々なルアーを
巧みに攻めディレンジ、インダクチャ
パルサー、ガーゴイルjr 、ヒードと

ヒードはツインフック仕様っすね🐸

ローカルからはフジモン

ガンリュー ワークスにオームEXの
ライトTXで遠隔ヒシ藻エッジフォール
にて

ラストはカズっち

来週末に開催される青野ダムの下見にて
ディレンジEXのT.M.Zモーターオイル
にて

現在の青野ダムは第一次ターンのアオコ
で少し食い渋ってるようですが大会前
には、まとまった雨が降るようなので
巻き的な秋パターンがハマるかも?

釣るだけでいうと雨がいいけど大会は
やっぱりピーカン秋晴れがいいっすね

ニンニン☀️

ツクツクボウシが鳴き始め

秋雨前線

朝夕の風が秋の気配漂ってきましたね

ようやく体調回復してきたので久しぶ
りに(といっても1週間ぶりかw)

DK縁の下の恩人ウナギ兄さんと秋雨
前線の雨パワーを期待して出撃★
(BOWもいたような)

1日雨予報なのでゆっくり出発して
最初からがっちりとレイン着込んで
いくも…

 

最初はトップ主体で巻きまくっていく
が水面炸裂どころか気配も無く全くの
無。。。

そしてスコールのような雨が降り始め
たタイミングでようやく40UP★

今回ロッドは2本のみ

巻き用のガーゴイル69Hはポリアミド
プラスの20lb(ナイロン)

カバー用にコンシュメイトワークスは
PE4号リーダーエクスレッド 20lb

コンシュメイトに持ち替えウッドカバー
にオームEXのライトTXでのスパイラル
フォールにて食ってきた

んーなんか表層違うのか…

そしてこのスコールが過ぎ去るとまた
もや予報が完全に外れる

おもっきりピーカン☀️ギラギラ太陽が
差してきた

ヤバい。。

琵琶湖オンリーなウナギ兄さんに久々
の野池バスを釣って欲しかったのに

予報もどんどん変わり昼過ぎまでは
降る様子が無い

完全にカバー撃ちへシフトチェンジ

僕は遠隔カバーをコンシュメイトワー
クスでストロングに

ウナギ兄さんには近距離カバーを
ソウルフライでややフィネスに撃って
ランガン★

タイムリミットは昼まで

ヒントは表層皆無ながらフォールで
食ってきた

水面は意識しているはずなんだけど

試行錯誤の末にようやくたどり着いた
のがディレンジのライトTXでヒシ藻の
上をファーストリトリーブ(早巻き)で
スイッチを入れてエッジのフォールで
食わせる

ディレンジフーラEXのライトTX

少しでもスローにフォールさせたく
フーラを選択。カラーは濁りに強い
キャンディーで

テキサスなのは飛距離もあるけど
重要なのはヒシ藻の上をファースト
リトリーブするのにノーシンカーだと
この時期のブ厚いたったヒシ藻には
引っかかりが強すぎるのでシンカー
でかわす役目に

このパターンで連発ボコボコでは
無いけど55クラスのバイトもあった

かなり距離があったのと病み上がり
の体力不足?で主導権を握れずに
藻化けしてしまったけどw

とりあえず45UPは捕獲出来たけど

あとはウナギ兄さん

琵琶湖オンリーのウナギ兄さんは
真っ白のシャツ。。

スレた野池に白はNG

天敵の鳥そのものだからね

なのでなるべく距離を置きプレッシ
ャーを消しながら1人で先行して貰う

タイムリミット寸前

最後の期待スポットヒシ藻が広がり
ほどよく風が当たるえんえんと続く
エッジ

ルアーは少しフィネスにディレンジ
3.5ウィカメのライトTX

祈るように後ろから少し距離を置い
て応援していると

ウナギ兄さんのソウルフライがブチ
曲がった‼️

デカい‼️

そこは琵琶湖のエキスパートである
ウナギ兄さん♫余裕のファイトで
数年ぶりに野池ビッグバスを捕獲★

ゴジュウには少し足りないが最高の
体型の野池ビッグバス★

最後にドラマが♫

ほんま最近は自分が釣るより忍術継承
でゲストの笑顔を見るのが最高っす!

BOWは残念でしたがw

ニンニン

先日のサマーキャンプ清流にて

ジンクリアな水質で色々なルアーの
水中動画をCOOと撮影してきました

今回は、これからの季節

初秋に推奨する3つを動画と共にタックル
、リグ、アプローチなどを解説していき
ます★

まずはエリアを横にも縦にも広く早く
サーチ出来てベイトフィッシュにも
サイズをマッチさせれるスイミー

秋といえばベイトフィッシュの存在が
重要!そして夏を引きずる初秋は
サーモクラインがキーになるので
レンジを探す事も重要になる

スイミーは手早く探す為の飛距離と
レンジを探すシンキング、更に秋特有
のショートバイトに対応してメタル
ながらトリプルフックに交換出来る
ように設計しています。

あとはベイトフィッシュサイズに合わせ
スイミービッグ、オリジナル、スイミー
スモールと3種類あり、スイミースモール
は最初からトリプルフックを標準装備

それでは動画を見て貰いましょう。
スイミースモールで小刻みにリフト&
フォールでアクションしております。

 

リフトでは波動、カーブフォールでは
無波動で本来の小魚が逃げる水流を
演出し明滅効果でリアクションバイト
を誘発します。

そして動画を見て貰うとベイトフィッ
シュも同じくリフト&フォールで
追いかけているのが確認出来ますが
スイミーはターゲットのフィッシュ
イーターだけじゃなく餌となるベイト
フィッシュにも勘違いを起こさせ
後ろについて来たり、群れを直撃する
事により仲間が逃げてきて危険と
思わせて水中でプチボイル状態を
誘発しターゲットにスイッチを入れる
事が出来ます。

こういった状況を水中イメージする事
で釣果に格段の差が出てきます。

トリプルフック交換はオリジナルが
8番、スイミービッグは6番を目安に
ショートシャンクを選択して下さい。

タックルは真冬は高感度シャフトに
PEセットが有効になってきますが
夏〜秋はナイロン、フロロでしっかり
曲がってくれるロッドが使いやすい
ですね。

ロッドやラインは、その時に応じて
使っているタックルでなんとかなり
ますがベストバランスはスイミービッグ
なら12〜16lb、オリジナルは10〜14lb
スモールは6〜10lb

タックルはDKスタイルでいうとスイミー
ビッグならガーゴイル69、ガンリュー
ジャングラー、旧コンシュメイト

オリジナルならインディー610、スパ
ラキュート、アルシオーネ

スモールはスパラキュート、アルシオ
ーネ、ノーサー

青野大会でも9月、11月大会では何度
も上位入賞のヒットルアーとなって
いるので次の9月1日に行われる大会
でもキーになってきそうです★

次回は夏〜秋のビッグバススペシャル
であるソドムを解説していきます。

ニンニン🐟

秋の気配が全く無い灼熱だった今年の
お盆でしたが全国各地からクレイジー
なアングラーから報告が続々と♫

まずは長野から中村兄弟ミツオ

真夏のスイミーでビッグバス!

弟のヒロもディレンジで兄弟揃って
コンシュメイトワークス入魂★
アキラは??

大江川からはトミーがインダクション
のジグスピナーでコンシュメイトワー
クス入魂★

三重からもK太が野池にてソドム6と
オームEXにてコンシュメイトワーク
スを入魂★

同じく三重からはさすらいのギルボッ
クラーwガーゴイル69にギルボックリで
45UPを3連発★

琵琶湖からはキベちゃんタフコンディ
ションの切り札アーウィッグにて
コンシュメイトワークスを入魂★

ローカルからはカズっち青野ダムにて
ディレンジ3.5をソウルフライにて
少しフィネスに落としてビッグバス!

更に武庫川でもディレンジ3.5の限定
カラー、オキアミピンクにて!

九州からはGがボッコさんと宮崎の
野尻湖にてディレンジEXトマラネーゼ
モーターオイルとイナズマで40UPを
乱獲★

 

そしてSWからも

マサZはディレンジフーラEXのスジエビ
にてアカハタを乱獲★

更にインダクション4のデカジグヘッド
にてビッグサイズのオウモンハタ!

ラストはローカルのシーバス鬼Beeさん

やはりインダクション4にてシーバス
を乱獲水揚げ!

やっぱインダクションはSWでも効いて
ますね♫

今年の秋はスピーディーなインダクション
とデッドスローのスローシャイナーで
巻いてみて下さい★

しかしまだまだ夏が続きそうっすね

ニンニングラサン

とうとう長かった盆休みも終わりが
来ましたね。。

皆様、楽しい夏休みだったでしょうか?

僕も楽しかったですが…

最後は辛い思い出が待ってましたw

 

お盆の前半は連発で海🏖

色々な海で泳ぎましたが

お盆前から須磨の海は急激に水質悪化

やっぱ須磨は夏の始まりだけですなw

写真は子供の頃から待ち合わせ場所だ
った赤灯

Re:ゼロのおねーちゃんと遊んだりw

親父の墓参り行ったり

墓掃除でセアカゴケグモに噛まれそう
になったり

そして恒例の酔いどれ秘密基地の別荘
で清流に癒され

今思えばこの別荘でのBQで口の中に最初
の違和感が…

釣りは半日だけトマラネーゼの修行に
コンシュメイトワークス一本で出撃し

朝イチにディバインでグッドコンディシ
ョン♫

トマラネーゼもKNKハングでディレンジ
EXのモーターオイルにて

しかしここから炎天下無風で完全無

バックサイドの修行したり海に行って
少し泳いだりして

タイムアップの昼直前にようやく風が
吹き始め

池の大半を占めるリリーパッドでは
全く反応が無かったので風でカレント
が出来たオープンの中にある小さな
ヒシ藻パッチにディレンジフーラEX
にてライトTXのスローフォールで
ようやく美形のグッドサイズ★

これをヒントにラストはマンメイド
ストラクチャーの間を吹き抜ける風
で出来たカレントに小さなパッチを
見つけて同じくディレンジフーラEX
をナチュラルにスローフォールさせ
ビッグバイト‼️

コンシュメイトワークスをブチ曲げて
くれたのは筋肉質なゴジュウUP★

トマラネーゼにはキャストの技術や
テクニックなんかよりこの「今」を
釣る感性を感じて欲しかった

アジャスティック

パターンは1日で変わるし

午前と午後、いや30分前でも変化して
いく

この自然変化に体で感じてエリア、
ルアー、アプローチをアジャストする
事が1番重要でかつ難しいのでござる

こればっかりは口では伝えられない
からね

百聞は一見にしかず

フィールドでしか教えられない

 

そして地獄の刻が…

釣りの最中から歯が猛烈に痛くなって
何度もロキソニン飲んで誤魔化してい
たが

昼過ぎには神戸へ戻りすぐ歯医者さん
に行き来週にはすぐ手術との事だった

夜から顔がパンパンに腫れてロキソニ
ンもボルタレンも全く効かず

次の日の台風真っ只中に救急病院へ

そして緊急手術

あと少し遅れたらヤバかったらしい

今は手術のお陰で顔の腫れもマシにな
ったけど生涯で1番痛かった1日だった

皆様、少しでも歯が痛かったらすぐに
歯医者さんへ行きましょうw

ニンニンチュー

真夏の厳しいコンディジョンが続きます
が。。

一休狭山店からオリカラで発売された
ディレンジEXのT.M.Zモーターオイル
が絶好調★

トマラネーゼ本人はもちろんモンスター
クルーメンバーが炸裂中‼️

九州のGまで大分の北川ダムにてこの
オリカラで40UP二桁の爆釣★

関東からは神奈川のタツローが芦ノ湖
にてリアクレジグ&ポークとイナズマ
にて元祖ニッポンのバスを連発!

長野からはミツオがインレット攻略に
ネコバーガーでグッドサイズ連発!

中部からは五三川にてヒラノンがアー
ウィッグのフリリグでシェードを攻略
してビッグバス!

隣の大江川でもトミーがディレンジの
直ダンにてビッグバス!

三重からはマッサーが最近絶好調の
ソドム4インチにてポットベリー捕獲!

ラストはマレーシア

マコっちゃんのプロスケーターでもある
息子ちゃんがイナズマにてトーマン!

チビっ子がトーマン釣ってるのん初めて
見ましたw

チビっ子や釣りに熱心なオニャノコが
釣ってるシーンは本当に嬉しいっす♫

ニンニンおねがい

溶けるような猛暑が続く今日この頃

くれぐれも熱中症には注意!

あとちょっとで盆休み突入の方が多い
と思いますが猛暑対策と台風には抜かり
なきように。。

僕も明日まではハードワークが続きます
が、お盆は恒例の三重山奥の酔いどれ
別荘で避暑ってきまっす♫

さて先週末ですが

土曜日はイチバン池田店にてイベントを
開催して頂きました★

19歳に成長したチャロを見て皆様、大人
になって可愛くなったと絶賛して頂きw

謙遜しながらも本人は上機嫌でした♫

でもチャロの本当の良さは生粋の釣り
馬鹿なとこで常にバスのことばかり考え
ているところが僕は1番だと思います。

有名になりたいとか注目されたいとか
じゃなく

僕は真の釣りキチが大好きっす★

今回も色々な釣りキチの方が遊びに
来てくれて楽しいイベントでした

そして次の日は青野ダムにてDKロッド
の試投を兼ねた実釣会へ

定員は5人で池田店より受付たようです
が…なんと応募してくれた人は1人。。

怖そうなオジさんと釣りをするのが
恐怖だったのかw真昼間の青野ダムで
は釣りする気にならなかったのか?

ちょっとシマ君と2人ショックだった
けど、それならそれで唯一の応募し
てくれた人になんとしてでも釣って
貰おう!とリアクレ&シマガイドで
青野ダムへ

来てくれたのはモーニン君

今年の青野ダムDKカップに2回とも
出場してくれていたらしい♫

が…なかなか釣れないようで

気になってくれていたDKロッドを試投
しつつ久しぶりの青野バスとも出逢い
たい一心で前日は一睡も出来なかった
らしいっす

僕もシブコちゃん応援で一睡も出来ま
せんでしたがw

朝イチは、まずリールのラインを巻き
変えて貰った

モーニン君のリールは10lbで普段は
ややベイトフィネスよりの釣りが多い
らしく今回は16lbに巻き替えリアクレ
忍術をマスターして貰うべくガンリュー
ワークスでストロングに展開して貰った

エリア戦略としてはシマ君含め3人で
相談しシェードが少ない青野ダムなの
で、まずは少しでもカレントがある
BWから

日が昇ってからは数少ないシェードと
ディープをランガンという予定で始まっ
た。

エリアにしてもルアー、タックルにして
も考えてその日にアジャストしていく
工程を体感して貰いたかったのです

まずは真夏の定番ソドム6と最近好調の
オームEXのアクションやフックセット
を説明しながら攻めていくと

いきなりビッグバイト!

ソドム6にがっつり食ってきたのは
モンスターサイズのカムルチー‼️

ちょっと魚種は違うけどガンリュー の
飛距離とパワーを体感して貰った

しかし一気に水位回復した青野ダム

ちょっと変わった現象が起きていた

8月のヘラのノッコミ

どうやら減水していた状態では産卵し
にくかったようで水位回復したシャロー
の冠水植物が格好のスポーニングエリア
となって朝はヘラ鮒が盛んに産卵行動
でハタいていた

あともう一つ

今年の青野はマムシが多いと聞いてい
たが半日の釣りで2回もマムシの死体
を発見した

BWなら大丈夫か?と暑さ対策で半ズ
ボンにクロックスと普段じゃしない
スタンスだったが、やっぱダメだね

マムシの危険もあるし今回は、すぐに
着替えたけど朝だけの1時間ほどで
正体不明の虫に足を刺されて4日経った
今でもパンパンに腫れあがっている

9月の青野大会は暑いだろうけど絶対
長ズボンで来て下さいねー!

 

さて朝のカムルチー以来は無の青野
ダムへ…

ディープエリアへ、ハングシェード
エリアへとランガンするも全くの無

残り時間が迫り3人で相談し

最後は1番魚っ気があったBWに戻り
冠水植物のシェードをフィネスに撃つ
という戦略でロッドもスパラキュート
を託しルアーもソドム6インチから
ソドム4インチで

気温は36度の炎天下無風

正直シマ君も僕もバスは半分諦め気味
だったが…

モーニン君は僕の教えを最後まで諦め
ずに、ひたすら遂行してくれた

諦めないノ術

まあ何も起こらない事も多いけど

でも諦めない心が無いとドラマは起こ
らない

最後の最後にモーニン君のスパQが
ブチ曲がった‼️

しかもデカい‼️

炎天下真昼間の青野の奇跡。。

52cmのビッグバス‼️

ソドム4インチのブラッディコークと
モーニン君の諦めないノ術が奇跡を
起こした★

3人でシブコスマイルのハイタッチw

モーニン君は一生の思い出が出来たと
言ってくれたが僕とシマ君も忘れられ
ない思い出となった

次は青野大会でまた再会しましょう★

DKカップ第3戦は9月1日に決定しました

第一次ターンオーバーとサマーパターン
が絡む季節

過去の大会でも60UPが2匹でている9月
大会。

次はどんなドラマが待っているのか?

年間レースも佳境

オームEXでビッグバスを連続ウェイン
して独走状態のチャロパパの動向も
気になるところですしエイト大会と
DKカップをスパQでロクマルにて連覇
したミキさんがまた奇跡を起こすの
か?

レイドからの刺客シマ君もヤル気マン
マンですw

では8月末の一休狭山店、9月の青野
大会で逢いましょう★

ニンニンウインク

とうとうやってきました!

めっちゃメラメラぎんぎんギラギラ

サマー☀️

先週末前にさっそく夏を体感しに海へ
行ってきました♫

の前は

もちろん朝マズメw

サマーパターン最強は朝マズメだからね

しかし夜明けの表層パターンは不発

日が昇りシェードが形成されはじめた
タイミングでパルサーに連発

大きい方は皮一枚のフッキングだた。。

最後にオームEXでスローに誘い追加

全てヒシ藻とシェードが絡むエリア

タックルはコンシュメイトワークスに
PE4号でリーダーをエクスレッドの
20lbで

そんなにヒシ藻は濃くないけどPEの
理由は超ド遠投のシェード撃ちなので
(近距離カバーはスプーキー)

遠くのバイトを掛ける為のPE

フロロでも50m飛ばすとまあまあ伸びる
ので掛かりにくいし伸びてヒシ藻に潜ら
れてしまうので。。

とにかく真夏は朝マズメが最強

太陽昇ってもカバーに入り始めのバスは
口を使いやすい

夕方でも真昼間に比べるとマシだけど

マシなだけw

夕方狙うなら真昼間はシエスタするか
海や川でゆっくりするのがリアクレ流

やっぱ遊びは楽しくないとね♫

まあ僕は半分仕事ですが。。

何度かバイトがありながらもリアルに
ハゲたBOWは少ししょげてましたがw

野郎2人で今年の初海へ🏖

午前中は、まだ梅雨前線の雲が残って
たけど、どんどん太平洋高気圧のギラ
ギラ太陽に溶かされていきました♫

帰りの運転はBOWに任せてwグビグビ
呑んでコパトーンべたべた

顔だけ黒いので全身焼きまくりんぐ

一夏でコパトーン3つは使いますw

やっぱ夏が1番最高っす

バスは釣れにくくなるけどねー

そして日曜日も

KNKに海へ寄ってくれるならと

約束して夜明けから出撃

やはり何故か?夜明けは不調で日が昇っ
てすぐのカバー攻めで

やっぱりオームEX

ハングのシェードのみなら逆付けNS
だけどハングシェード+ヒシ藻なので
ライトTX

KNKは苦戦しながらも得意の超藪漕ぎ
で特攻してw

ディレンジフーラのキャンディーにて
執念の捕獲♫

 

これから1カ月は真昼間ほんま気をつけ
ましょう

超本気印のアングラーは昼間も投げ続け
るだろうけど(僕も45才ぐらいまでは
そうでした)熱中症はまぢでヤバいので
水分補給だけは、しっかりと

あとエリア的にはシェードとカレント
(水が動いている場所インレットや
バックウォーター、ボディーウォーター
絡みの岬など)はもちろんだけど

見つければ宝の山がディープ

ごっそり固まっている事があり!

それとフリーフォールにも反応がよく
なるのと特に川ではフィーディング
スイッチが入ったボイルにしか反応
しないケースも

夕方のシャローとかは放置にしか反応
しない事もある

こういった状況に併せられるお薦めは

ソドム6のノーシンカー

遠距離のボイルにも届いてトゥイッチ
で誘えるしフリーフォールは自発アク
ションで。シェードにはスキップさせ
やすく放置でも食わせられる

水面のトンボにスイッチが入ってる
バスにもそのシルエットが似ている
ので騙しやすいしね♫

では真夏の太陽に負けないよう準備
をしっかりして出撃して下さいませ☀️

ニンニングラサン

予想通り

ようやく梅雨明けしましたね🌈

数日引きずった夏風邪も梅雨明けと
聞いて復活しました♫

さっそく海で泳ぎたいなあ🏖

さて先週末ですが台風からの温帯低気圧
に変わる影響か?風も強かったようで

仲間からの捕獲報告もちょい少なめ

そんななか九州のGは大分の安芸ダム
でのローカルトーナメントにて200g
差で準優勝だったようです

キッカーはコンシュメイトにディレンジ
3.5ライトTXとの事

南大阪のトマラネーゼも

最近ビッグマグナム忍術のバガチャが
ブームのようでw

フラッシュユニオンのチャターに
バーガー3.2で

更にスローシャイナーでも

 

ローカルからはクワマンが強風の中
リーズをパルサー1本勝負で45クラス
を連発🐸

三重のマッサーは回遊ルートに
アーウィッグの放置からビクッと
見つけさせて超ファットな48cm!

日本一ギルボックリとアーウィッグで
釣ってる男w

オオトリは名古屋のノリック★

先月のイシグロさんイベントで知り合
ったノリック

あれから入鹿池オカッパでオームEX
にて45UPを連発してたけど先週末は
何も無いままあきらめモードで

最後にイベントで購入したガーゴイルjr
のネストギルを装着し

イベントのガラポンで奇跡的に当てた
ガンリュー ワークスにて

入鹿池の55UPを捕獲‼️

ガーゴイルjr丸呑みバイトだったそう
です★

ヤベーなーw

今年は梅雨明けが遅れ真夏日が少ない
影響か?ギルネストがダラダラ続いて
たから後半のガーゴイルjrとバガチャの
活躍が目立ちましたね

ニンニンニヤリ

先週末は不覚にも夏風邪を引いてしまい

まだ引きずって体調不調っす。。

この夏風邪もらう前に夜明けの刹那だけ
を狙いに出撃してきたが同じ雨でも夜中
の仕事中にヌルい雨と感じ、オンモを
拉致してwそのまま出撃★

絶対45UPが釣れる!って誘ったら

ほいほいついてきてくれて撮影もして
くれたw

夜明けのフィールドですぐに季節の進行
を感じた

ヒグラシが鳴いている

今年初のセミの鳴き声

まだ薄暗い中、すぐさまスローシャイナー
に完全回復の45UP★

 

ロッドはインディー610にスローシャイ
ナー4.8のレモンシャイナー🍋

そして撮影に協力をしてくれたオンモ
にもオームでグッドサイズ★

更にロッドをガーゴイル63に持ち替えて
2日前に入手したボラコンをアプローチ

これにも1発で超回復の45UP★

 

この後は少しバイトが無くなったけど
ラストにもスローシャイナーでまたもや
ポットベリーの回復45UP★

 

30分間の怒涛連発に超快感♫

やはり…

まだ梅雨明けはしていないけどサマー
パターンに移行した日だった

しかし今思うとこのズブ濡れ鼠で夏風邪
ひいたのかもw

しかしこういったビッグバス連発の時は
インディーやガーゴイルがほんと弾かな
いしバラさない

ムチのようにしなるトルキーなツララ
ブランクスが魚を追従してくれる感じ

さあ今週の前線が過ぎたら真夏の到来
っすね!

今年は短い夏になりそうだけれども

ニンニン

3連休は楽しく釣れた週末だったで
しょうか?

僕が感じたのはハイプレッシャーな
のか?満月が迫ってきたのが原因な
のかは不明ですがバイトが浅くシブい
状況のように感じましたね

本来ならアーリーサマー全開の季節
なのに、まだまだドアフターが多い
ようにも。。

ではRCA’S捕獲報告★

まずは長野のツインズ♊️アキラとヒロ

グラサンもポーズもいっしょかよw

ヒロはディレンジEXヘビテキの早い
リアクション、アキラはディバイン6.5
をウェイテッドフックのめっちゃメラ
メラで♫

やっぱ怒りのバイト誘発な感じ

続いて南大阪からトマラネーゼ

展示会でサンプルからガメっていった
スローシャイナー虎の子1匹でw

同じく南大阪からモンスタークルー
のビッグマグナム

フラッシュジャンパー(チャター)に
バーガーのインダクチャならぬ
バガチャにて♫

チャロもインダクチャでグッドサイズ
釣ってたけどチャターもよく釣れてた
よねー

ショートバイトにも強くそんなに早い
動きでもないのでアフター回復にハマっ
てた感じ

僕はインダクチャといえばノリーズの
チャターばっかだったけどチャロが
使ってたジャックハンマーもいい千鳥
みしてたしフラッシュユニオンや D
スタイルのチャターも気になるので
今日各社のチャター10種類ぐらい買っ
てきましたw色々インダクチャに試し
てみよう♫

続いてもモンスタークルー

奈良のタクヤも同じくインダクチャで
連発★

巻きスペシャルのガーゴイル69Hにて

しかも友人までディレンジでガーゴイ
ル69を入魂してくれてた

DKファミリーが増えて嬉しいっす😆

タクヤのチャターな何やったんやろ?

ガーゴイル69Hといえば巻きのスペシ
ャルなんでチャターとか最高の相性だ
けどマレーシアのケビンも溺愛して
おり真っ黒なトーマンを仕留めていま
した♫

続いて三重のK太

先日の野池ロクマルからガンリュー に
オームEXがフェイバリットのようで

K太はオームEXをウェイテッドフック
で愛用

たしかに少しウェイトがあった方が
キレのあるスパイラルフォールで
誘えるんだよねー

僕はライトテキサスが多いけど

同じく三重のマッサーは琵琶湖の陸ッ
パにてガーゴイル69にギルボックリで
55UPのビッグバス★

更に地元の野池でもボックリ♫

チャターにしろクランクにしろこの
ショートバイターをガーゴイル69の
粘りで絡め獲る

これも先週末のストロングパターン
だったよう

ラストは連休最終日に琵琶湖出撃の
COO

かなり厳しい状況だったみたいだけ
どガーゴイル69にスローシャイナー
にてゴジュウUP★

更に先日同船した時の僕が釣った
オームEXにインスピレーションを
受けてほとんど使っていなかった
オームEXを投入し55UPのビッグバス
を捕獲!

 

しかしバックシートのオンモは同じ
くオームEXでロクマル級に16lbを
ブチ切られたらしい…

今年の夏は琵琶湖でもオームEXが
ブームになりそう

それぐらいオームEXのルアーパワー
は凄い

このアフター回復にびったりハマっ
てる

先日のK太野池ロクマル

これもヤバかったけど

これ以外にもあの入鹿池で2週連続で
ビッグバスが釣れたり

カズッちも青野でロクマル釣った実績
あるけど実は青野大会でのレコード
66cmもオームなんだよねー

僕もここ最近のアフター回復を乱獲
してるのも、ほとんどオームEX

ピンスポットのシェードには逆付け
のバックスライドでも釣っているが

ほとんどが順付けライトテキサスの
「毛先甘噛みノ術」

10年以上前からアフターの必殺忍術
だったがこの忍術の為にオームを
開発したといっても過言じゃない

強烈な飛距離とバックスライドが
オームの代名詞だけど

イコール順付けでも凄いスライド
ダートするしライトテキサスでは
生物感満載のスパイラルフォール
がヤバい‼️

口コミで広がり僕の地元のショップ
では既にオームEXが姿を消してい
るようなのでw早急にゲットして
是非使ってみて下さい。

必ずやドランクレイジーの代名詞で
ある「ルアーパワー」が実感出来る
はずです♫

ニンニン

3連休。。7月とは思えない気温でしたね

今年は短い夏になりそう

真夏大好きな僕は灼熱が待ち遠しいす

3連休は予報通り雨が降ればKNKが
待望のインレットランガン行こうと
伺ってたけど…やっぱり降らず

中日に昼から連休フィールドへ視察♫

釣りたい病のKNK優先で巡ってきまし
たがやはり連休パワー!どの池も先行
アングラーで賑わっていました

プレッシャーもだけど大潮絡みの傾向
もあるのか?パルサーにはバイトある
けど、しっかり咥えこまない威嚇バイト
ばかり

結局、ニュートラルでも怒りのスイッチ
を入れるディバインが強くKNKは
ソウルフライでディバイン3.5のライト
テキサスにて3本捕獲して病気が治って
ましたw

僕は遠慮しながら後ろから様子を伺って
たけどw

さすがにノーフィッシュは辛いのでw

夕暮れ必死でディバイン6.5を投げまくり
なんとかまあまあのアフター捕獲♫

表層で食ってくるバスは回復系の
いかついバスが最近の傾向だったの
で、最初は表層オンリーで攻めてた
けど威嚇系の浅いバイトのみで結局
食ったのはプレッシャー対策で超遠投
のカバー攻めでディバイン6.5のノー
シンカーをヒョンヒョンと早いリフト
で怒らせてメラメラフォールで口を
使わせた感じ。

KNKは一口サイズのディバイン3.5ライ
トTXで近距離のカバーを撃ちつつ
プレッシャー対策で鬼藪漕ぎでw

しかし藪漕ぎは毛虫がいなくなって
安心だけど女郎蜘蛛がデカくなり
とうとうアブも出没しだしました

生き物全般に大好きだけどクモと
ムカデ、ハチ、アブ、マダニは苦手
っす。。

最終日は週明けから始まる怒涛の仕事
に備えてお気に入りの焼肉屋さんまで
ドライブ🚙

神戸から1時間ぐらい

ちょっと早めに出発して夕マズメのみ
久しぶりのフィールドへ

岸際はブッシュに覆われハイシーズン
にはリリーパッドで埋まるヘビーな
ベジテーション野池

机の上のモンスタードライブ久しぶり
にセット♫

コンシュメイトワークスにPE4号の
雷魚も視野に入れたセッティングで

夕方だけだったのでベジテーションの
上をオームEX順付けで手広く探るも
やはり表層には無反応。。

ラストに

まだ生えきっていない超沖にオームEX
を沈め、前日同様に放置からヒョンヒョン
フォール…ちょっと放置してヒョンヒョン

でガツン‼️

雷魚と間違えるぐらい暴力的なファイト
の末に上がってきたのは極太のゴール
デンに輝く健康的なゴジュウUP★

コンシュメイトワークスとオームEX
がいい仕事してくれました♫

あPE4号のアンタレスMDもw

会心のワンバイトワンフィッシュ★

ディナーの焼肉がいつもより美味しかっ
たっす♫

ニンニンてへぺろ

昨日はチャロの忍術修行で出撃★

BOWが撮影に来てくれる予定だったが

仕事が忙しく…

僕が頑張って忍術を伝授しつつも撮影も
こなしてきました♫

 

予報はずっと100%のレインコンディシ
ョンだったので、がっちりレインウェア
を着込んで

梅雨の雨と言えばインレットとドレイン

*ドレインとは雨中限定のインレット
陸棲生物が流されやすくインレット並
に熱くなる

インレット攻略を伝授するべく青野ダム
の流れ込みをランガン予定だったが…

全然、雨降らねえぢゃん。。

各インレットは、しょぼしょぼの流れ
で全く差していない

なので1番大きいインレット

バックウォーターに移動するも、それ
でもカレントは強くなっていない感じ

そのバックウォーターからの逆ワンド
ウッドカバーに最近絶好調のオームEX
毛先甘噛みノ術で表層をスローに探り
モンドリング★

ゴジュウには、ちょっと足りないけど
満足サイズのアフター捕獲♫

やっぱカバーか…

雨どころか太陽まで顔を覗きだした

やっぱ思い通りにはいかないよねー

出発前はパターンを妄想するけど実際
は全然違う事が多い

現場でその日にアジャストしないと

チャロの忍術修行はカバー撃ちに変更w

昼に移動を決断してシェードが少ない
減水の青野をあとにして野池へ

まずはハングのシェードへオームEX
の逆付けバックスライドで

そんな大きさは無いけどコンディション
抜群のアフター回復系

完全にカバー撃ちへシフトチェンジ★

流れの無いインレット出口のヒシ藻

ここはパルサーでしょ♫

ここまでオタマジャクシからカエルに
変態したツチガエルやトノサマガエル
を何度も確認してたしね

チャロはオームからパルサーのトノサマ
にチェンジしてフガフガ攻めw

後ろからあれこれやいやい言いつつ後ろ
から撮影

あんまりスローだと見切られやすいから
もうちょい早く!とアドバイスしチャロ
がピョンピョンとアクション

した刹那!

ヒシ藻が割れた!

チャロ焦らず一呼吸置いて最高のフッキ
ングを決めた★

デカい‼️

ザリガニのように後ろへ下がりながら
必死のパッチでポンピングw

撮影しながらも何とかネットイン

アーリーサマー体系のビッグバス‼️

朝から5時間ノーバイトで苦しみつつ
ようやく昼過ぎに会心の1発で笑顔が
溢れるチャロ♫

47cmの完全回復アーリーサマー★

サマーパターンといえば朝イチのモー
ニングバイトが最強だけど

実は太陽が出始めてカバーに入り始め
のパターンもかなりヤバい

時間が経つとニュートラル化して気難し
くなるけどね

今回は曇天から予報が外れて太陽が顔
をだし、まさに夏の朝のような状況だ
った感じ

シェード&カバーにスローシャイナー
投入で完全回復40UP

今回はスパQでジグヘッドだったので
かなり楽しめた♫

もうサンプルが底を尽きたスローシャ
イナーだけど一杯あれば無限に釣れそ
うな感じ

ノーシンカーオフセットもいいけど
よりシビアな状況やクリアなら軽いジグ
ヘッド(1.8gぐらい)が最強かも?

このカバー撃ちでチャロもディレンジ
フーラEXのキャンディーにて45UPを
食わすも木化け。。

しかし夕方にリベンジ

ちょっとローライトのタイミングで
広く探った方がいいかも?朝使って
たチャートのインダクチャいまでしょ

とアドバイスすると一投目でビッグ
バイト★

ジャックハンマーにインダクション4で
本日2匹目のビッグバス★

僕は着替えてのんびりしてたけどw

このバスに触発されて禁断のオームEX
を投げると1発で♫

インレット奥義を伝授する予定が状況
変化でカバー撃ち奥義伝授に変わった
けどチャロは朝に比べてソウルフライ
をかなり使い熟し覚醒していた。

僕達はストロングな攻めをフィネスに
アプローチするロッドがソウルフライ
だけど女の子や少年にも最高のヘビー
ロッドっす!

僕はスローシャイナーを3投投げたスパ
Q以外はずっとコンシュメイトワークス
で通したけど、やっぱカバー撃ちで飛距
離とアキュラシーを両立させる最高の
バーサタイル系ヘビーロッドに仕上がっ
ています★

琵琶湖のウィード攻略や野池のヘビー
カバー攻めにこの夏、イチ推しのロッド

スパQ、コンシュワークスは来月から
発売開始です★

あと今回のチャロ忍術修行の動画は
キベちゃんが編集しておりますので
ユーチューブのチェックよろしくお願
いしまっす♫

実はチャロに教えつつDKユーザーの
皆様に伝授する気持ちで撮影してい
ます。

ニンニンウインク

先週末、野池に琵琶湖で感じたのは

季節の進行が遅い

例年なら7月中旬もっとウィードも
成長しサマーパターンに突入してい
るのだけれども…

なんかまだアフターを引きずってる
気配でした

あと琵琶湖で感じたのは

ギル食ってる雰囲気

激減した琵琶湖のギルだけどギルネス
トがまだあるのかな?

他の地域はどうだったのか

ではRCA’S捕獲報告★

まずはローカルから

カズっちが青野ダムの横を流れる武庫川
上流域にてオームEXアカムシでグッド
サイズのアフター捕獲

三重からのK太もオームEX!
順付けの毛先甘噛みノ術が絶好調

同じく三重のマッサーは琵琶湖陸ッパ
にてアーウィッグ直DSにてゴジュウ
UP捕獲!

またまた三重から山下さん

何とガーゴイルjrを丸呑みの本気喰い!

回復バリバリのゴジュウUP!

ガーゴイル69HではこんなゴジュウUP
でも余裕尺八だったそうっすw

やっぱ回復してるビッグバスはギルか

奈良からはモンスタークルーの中村君

フラッシュユニオンチャターに何と
バーガー3.2のトレーラーでビッグバス

 

更に完全ギルがメインベイトと確信し

ガーゴイルjrでも!

 

やっぱ回復のビッグバスはギル食べて
るウィークでしたねー

ラストは九州のDKスタッフG

の息子♫

お父さんも苦戦するタフな状況の大分
北川ダムにて

シャローに蠢くエビのインスピレーシ
ョンでアーウィッグのネコリグ

蝦波動ノ術にて!

 

周りの大人がびっくりのビッグアフター
を捕獲!

こんなん最高

こんなんを妄想して僕らは必死でルアー
作ってるんですよね

僕も初めての45UP鮮明に覚えてるけ
ど忘れられないメモリアルバスとな
るかと。。

ニンニンおねがい

先週末は土曜日の夕方は野池に

そのままミッドナイトワークをこなし
て無睡眠で琵琶湖へw

たっぷり湖畔で昼寝したけどまあまあ
ガタガタっす

今年の課題は

みんなと同じ感覚を味わいたいので
なるべく週末のフィールドへと出撃
するように

週末のプレッシャーの中で釣れるルアー
を開発しないとね♫

土曜日は夕方だけ撮影をBOWにお願い
して野池へ

スローシャイナーのバイトシーンを撮影
したく

まあすぐに釣れるっしょwと思い水面を
引きまくったが…

土曜日午後のプレッシャーか?状況が
違うのか甘くなく

ライトTXにしてレンジを下げてみたら
すぐに40UPのアフターが連発★

ガーゴイル69だったのでファイトは
あまり楽しめずw

このロッド、パワーありすぎっす

野池で感じたのは梅雨入りといえ関西
は雨が少なく、まだ水が入れ替わらず
ちょっち水質悪し

そしてアフター回復も、まだサマーパ
ターンには、なりきってない様子

カバーにオームEXを滑り込ませると
あっさりアフターが食ってきた

そして撮影してくれていたBOWが

どうやら先日の撮影パルサーのゴジュウ
バイトを目の当たりにしてパルサーで
釣りたいらしく

覚醒したタイミングで奥地のカバー撃ち

まだ始めて2年も経っていない初心者の
BOWだが撮影直後は覚醒してビシビシ
とキャストが決まるらしいw

ソウルフライ片手にヤブを漕いでいっ
た数分後

対岸にいた僕にも聞こえるぐらいの
激しいバイト音が!

BOW始めてのフロッグ捕獲に成功🐸

先日のゴジュウバイト見てすぐに買っ
たツチガエルで

しかもデカい!ゴジュウには少し足り
ないがアフター回復のビッグバス

BOWもソウルフライでのカバー撃ちに
最近ハマっているがアキュラシーアプ
ローチを極めたいアングラーは是非とも
ソウルフライを握って欲しい

すぐにキャストが上手くなったと実感
出来るショートヘビーロッドです★

 

次の日はCOOと琵琶湖

琵琶湖の猛者といえるCOOだが

最近の琵琶湖は見失ってるらしく

自信無さげw

なのでブルーイールの機動力を生かし
2人で色々と新規開拓エリアをラン
ガンする事にしたのだが…

 

朝イチからトラブル発生

エレキのワイヤーが断線。。

致し方なくランガンしながらドテラ
流ししようとするも無風。。

さらに全くバイト無しで周りのボート
で釣ってるシーンも皆無

噂通りのデスレイクw

ノーバイトのうえピーカンギラギラ

気絶しそうになったので午前中から
昼寝zzz

4時間シエスタして完全復活♫

少し風も出てきて少しでもカレントが
ある最南端の膳所へロングドライブ

ようやくCOOが似合わないツチノコ
で35cmクラスw

それでもタフな時の1匹は裏山鹿

メインベイトは?

ギルネストも終盤だけどギルに味を
しめた回復系に狙いを絞りバーガー
3.2のCOOジグヘッド7gリフト&フォー
ルで巻いていくと55クラスの激しい
チェイスが!

あと一歩だったのに

しかしようやくあったヒントに投げ
まくっていると

またもやビッグバスのチェイス!

しかしあと一歩でまたもや…

動きが早すぎるのか?

スローでギル

それまでコンシュメイトワークスに
装着していたオームEXのフリリグ

エビ藻撃ち用だったが

少しでもスローに誘いたかったので
ノーシンカーに

カラーもギルを意識してウィカメ…

が無く

次にギルっぽいエビカラーをチョイス
して順付NSの「毛先甘噛みノ術」で
表層からズル引きまで投げまくるが

タイムアップ。。

まあまあ荒れた湖面を疾走し最南端
からキャッツまで帰ると

他のボートがランチングしていた

ので♫

ラストアタック!

キャッツ横のシャローエビ藻塊

場所は記憶しているので風にてボート
を流しながらオームEXをロングアプ
ローチ

ほんまの最後のキャスト

ちょっと水面を引いてエビ藻の塊を
越えて

フォール

なんか水面がウネった

気がした

ラインを張ってみると

50m以上先だったので何となくだが
引っ張り感を感じた

一応鬼巻き我無斜羅フッキング!

コンシュメイトワークスがブチ曲がり

デカい‼️

 

最後の最後にゴジュウUP捕獲‼️

3kgにも少し足りないけどこのデス
レイクでwめっちゃ嬉しい♫

 

ロッドはコンシュメイトワークスに
アンタレスDC。エクスレッド の16lb

最後の最後にビッグバスと気持ちが
リンク出来た♫

しかし噂通り…

今年の琵琶湖は厳しいねー

ニンニングラサン

ドランクレイジー創成期から僕の
右腕ともいえる長刀ガンリュー

初期のインフィニティー、デオデート
のデーモス、そして現在のワークス
ガンリュー と3代目

7フィート8インチとゆうロングシャフ
トながらショートグリップで操作性も
追求したオリジナルロッド

初夏から秋に広範囲を探す時に特に
活躍するロッドで野池の対岸や河川
の中洲、ビッグレイクでの広域サーチ
など唯一無二の刀

そのガンリュー が今週は大活躍で

K太の野池ロクマルを始め各地でガン
リューがブチ曲がっていました★

そして今日の日曜日も

RCA’S捕獲報告

琵琶湖を陸っぱりサーチ旅のマッサー

ガーゴイル69にイナズマにて

更にガンリュー で得意のインダクチャ
でサーチして更なるビッグバス!

奈良のモンスタークルー、タクヤは
イナズマバズにて!

千葉のシカさんはパルサーで表層
ラブ❤️

圧巻はマレーシアのケビン

なんとガンリューで6kgのモンスター
トーマン捕獲‼️

軽くて一見、細く感じるガンリュー
ですが実はパワフル★

これぐらいのトーマンになるとバス
なら10kgオーバークラスのパワーが
あるからねー♫

50m先の上顎を貫くには、この78が
必須

アフター回復からサマー、そして
秋まで

食欲旺盛なビッグバスはアドバンテ
ージをとるとびっくりするほど簡単
にバイトしてきます!

ニンニン★

ようやく本格的な梅雨入りのようです

神戸も丑三つ時から雨脚が強まって
きました

各地のフィールドが減水傾向にある
ので平常な水位まで回復して欲しい
っすね

減水は釣るだけならいい思い出来る
事もあるけど将来を考えると多少釣り
にくくなってもバス達が健康的に生息
出来る環境の方が望ましい

このまとまった雨の前に各地でDK
ファミリーから捕獲報告が

RCA’S捕獲報告★

まずはマレーシアのケビンから

スイミーでトーマンやハロワンの綺麗
なスネークヘッドを捕獲

静岡の掛川野池からはヒラノン

ソドム6のジャーク&フォールでビッグ
バス!

長野から中村3兄弟も

アキラはヒラノンと同じくソドム6の
ジャーク&フォールで連発!

ヒロはディレンジEXブラッディコーク

ミッツはディバイン6.5のカラスで

ローカルのカズっちも青野でディバイン
ノーシンカーフォールにて

三重からはマッサーが仕事前のモー
ニング出撃にて朝ボックリ♫

そして三重のK太が‼️

偉業達成

何と野池の62cm捕獲‼️

ヒットルアーはオームEXのウェイテッド
フックで順付の

「毛先甘噛みノ術」

カラーはウィードカメレオン

ロッドはガンリュー ワークスにて
ド遠投パターンにて

いくらロクマルラッシュの日本とは
いえ

野池ロクマルは一生モノの快挙!

とうとうやったなーK太おめでとう

まぢすげーっす

ルアーパワーもあるけどw

やっぱフィールドに出撃し続ける情熱
が無いと奇跡は起こせないよねー

ニンニンおねがい

氷河期を迎えたバスフィッシング

釣り禁は増えショップは次々と閉店

それに反して釣りの技術はニッポンの
バス釣りとして成熟していった

ドロップショットなどのテクニックは
本場アメリカに逆輸入され日本の精巧
なルアーはアメリカで大人気に

そして本場アメリカのトーナメントで
も日本人が大活躍し最初に海を渡った
大森プロが最高峰の大会マスターズ
クラッシックでアジア人初となる優勝
を成し遂げた

しかし国内のトーナメントは低迷

原因として考えられるのはバスフィッ
シング自体の低迷に加えてビッグレイ
クでの開催が琵琶湖、八郎潟とリリ
禁で開催出来なくなり霞ヶ浦のみと
なった

これによって規模の小さいレイクに
50人の超エキスパートがプラから
予選で叩きまくりで…

決勝当日には超絶ハイプレッシャー

ダイナミックなパターンは通用せず
ライトリグで絞り出すウィニング
パターンでは一般アングラーの釣り
にフィードバック出来ない

こういう理由かもしれないが

こういった極限状態で釣り勝つテク
ニックも色々勉強になるのだが…

あれほど走っていたカートップの
アルミボーターも姿を消していった

そんな中で人気を博したのはカナモ
や光太郎君など新しい世代の岸釣り
メディアプロ

ほとんどのアングラーが岸からの
世の中で親近感があり自分の釣りに
フィードバック出来るしね

それとビッグバスブームは引き続き
ビッグベイトオンリーで釣るビッグ
ベイターはトッププラッガーと同様
に一つの分野となっていき

琵琶湖では手軽に楽しめるガイド
でのバスボートフィッシングにも
人気が集中する

楽してといったらあれだけど

手軽に気楽に、でも釣らして欲しい
と願うアングラーが増えたように
思う

特にこの10年で目覚ましい発展を
遂げたSNSの普及が要因かと

情報過多

使うルアー、フィールド全てをSNS
で調べて…

趣味の多様性から数多くの趣味の中
の一つとして時々釣りにも

行くからには釣りたいので情報収集

もしくはガイドで

こういったアングラーが増えている

これはこれで時代の流れかもね

ただ本気でバスフィッシングに取り
組むなら何でこのパターンが良かった
のか?どうゆう状況で釣れたのか?

じっくり考えて欲しい

後付けでいいから

じゃないと次に同じやり方で釣れな
かったら足が遠のくよね

バスフィッシングは状況によって
千差万別に変わる

このSNSによって便利な世の中にな
ったけど基本を覚えないで釣れてし
まい自分の引き出しとならない

本当のバスフィッシングの楽しさを
分からずに、やめてしまう

本来のバスフィッシングは自分で
調べて自分で研究し失敗を繰り返し
ながら正解に辿り着き自分の引き出
しとなってスキルアップしていく

手軽に楽しむのもありだけど本気の
アングラーを目指すならまず基本に
立ち返って欲しい

流行りの最新ロッド、最新ルアーな
がらキャストはロッドにルアーが
乗っていないアングラーが目立つ

せっかくガイドに乗ったのなら、
とにかく釣らせろじゃなしに色々な
事を教わり何で釣れたかを解説し
て貰って自分の引き出しに入れる
べき

SNSでいいねを押して貰う為にバス
を釣る…

これも時代なのかもしれないが

軽いノリで楽しむのもいいんだけど

本気でバスフィッシングを極める志
を持つアングラーが増えて欲しい

 

なんか方向が変わってしまったけどw

この10年のSNS進化を危惧している

てゆうか今こうして伝えてるのも
便利なSNSなんだけどねー

 

こんな時代の10年

僕は波乱万丈だった

脱サラしてこの厳しくなる時代に釣具
屋へチャレンジし

店を休んで釣りに行きまくる店主…

ダメに決まってる

借金残して閉店ガラガラ

ただ僕は周りの人に恵まれており色々
な人達のサポートによってドランクレ
イジーを設立

僕の長年の研究と兄弟のビジネスサポ
ートとピッコロとゆうルアー作りの
鬼才がフュージョンして産まれた会社

しかしこの御時世

常に順風満帆な訳が無い

夜中までガソリンスタンドで働いたり
育ち盛りの息子に学食かけうどんしか
食べらせなかったり家族で晩御飯が
食パンだけだったり波乱万丈な10年
だった

まだまだ順風満帆には、ほど遠いけ
ど何とか設立から8年間やってきた

ただどんなに苦しくてもドランクレ
イジーの目指す所はブレない

バスを愛する仲間を増やす為!

そして本当に釣れるルアーだけを研究
して形にする

しかも圧倒的に釣れるルアーだけを

今まではプレイヤーとして僕が先頭で
やってきたけど今後はプロデューサー
として新しい世代のアングラーを育成
していこうと思います。

バスフィッシングの本当の楽しさを
知って貰う為に

それが僕の使命かと思います。

リアルクレイジーアングラー上田純也

 

新しい世紀へ突入し日本のバスフィッ
シングはかつてない逆境を迎える事
となる。

史上最悪の法律

ノーザンラージマウスバスが外来法
によってフィールドによってはリリー
ス禁止になり駆除の対象に…

バスの飼育も禁止

バスを持って道路をまたぐと犯罪に

正直、自然界の事など何も知らない
オバさんの大臣に一方的に…

 

ブームによって色々なバス専門の雑誌
も増え関西の新聞ではルアーニュース
全国誌ではロッド&リール、バサー
ルアーマガジン、バスワールドなど

各メディア、そしてメーカーの垣根を
超え皆が一致団結してこの悪魔の法案
からバスを守ろうとパブリックコメン
を集めた。その数は10万以上

僕も駅前でメガホンを持ち署名運動に
明け暮れた

全国のアングラーが一致団結した

まるで釣りキチ三平のラストシーン
のような団結だった

にもかかわらず

法案は可決

その昔、実在もしない魔女を罰する
為に無理矢理、魔女を仕立て上げ
処刑した黒い歴史が西洋にはあるが

魔女狩り

こんな本まで出版された

開発や工事などで減少する魚類

それらを全てバスが食べるからバス
のせいだと…

ニュースでもバスは悪者扱いで真実
は闇の中に…

この事件をきっかけにバスフィッシ
ングはアンダーグラウンドな烙印を
押され

全世界で1番人気があり愛されるノー
ザンラージマウスバスが日本だけ
殺戮するように命じられる国となった

 

その頃の僕は

バスを愛する仲間を増やすしかない
と思った

バスを愛し守る仲間を

その為にはバスを釣って貰い、その楽
しさを実感して貰うしかない

これまでシークレットにしていた自分
だけの必殺技を全て公開する事を決意

全てはバスを愛する仲間を増やす為に

黒鱒必釣忍術として慣れないパソコン
でブログを開設

と同時にルアーニュースに原稿を送り
続け全てを赤裸々に公開

この行動をロッド&リールという雑誌
が注目してくれており

岸釣りスター誕生という企画でデビュー

リアルクレイジーアングラーという
名前をつけてもらった

これがリアクレの誕生デござる

サラリーマンだったので土日の取材のみ
だったが一度でもNGをだしたら終わり
初場所でもメジャーエリアでも45UPを
絶対獲る!と決意し必死のパッチで
取材をこなし忍術を伝えていった時代

既に35歳を超えてのデビューだった
けどこの頃が一番釣ってたかも?

残念ながらロッド&リールは昨年、休刊
となったけど15年間お世話になりリアク
レを世に出してくれた。感謝しか無い

この15年間で40回近い取材を与えても
らい昨年の最後の取材までNGは一度
も無く最初に誓った絶対に獲る!とい
う目標は達成し、お陰で多くのアング
ラーのスキルアップに役立てたと自負
している。

今でもドランクレイジーの熱いユーザー
は、このロドリ時代から参考にしてく
れていた仲間が多いからねー

話しが脱線したけど

このバスブームで残した爪痕は荒廃
したフィールドがどんどん釣り禁止に

そして悪夢の外来法によってバスフィ
ッシングから撤退の企業が続出

救いは今なお続くロクマルラッシュと
各地で生態系が落ち着き、数は激減
したけど平均サイズが上がりビッグ
バスを狙うデカバスハンターが増え
る傾向に

なので琵琶湖はリリ禁になっても
現在までアングラーで賑わう状態を
保っている

次回は、ここ10年間の移り変わりで
この話しラストになります。

僕自身の人生でも脱サラ、釣具屋、
メーカー設立と波乱万丈の壮絶な
10年間でしたw

 

世の中ではバブルが弾けた世紀末

しかし第二次バスブームが!

このブームを起こしたのは一気にモンス
ターブランドとして世界的に拡がった

メガバス

平成に変わると同時に、ほぼバスアン
グラー全員の心を掴んだ

特に95年に発表されたPOP-Xは完璧な
フォルムで釣具店には長蛇の列が出来る
社会的ニュースとなった

そうゆう僕もDOG-Xにハマり全盛期は
800本コレクトするぐらいw

と同時にズイールからは見た目も可愛い
しトップの楽しさが分かる(釣れる)
アライ君も爆発的大人気に

抱き合わせは当たり前

レアカラーだとプラグ一個で2万円以上
で取り引きされる人気だった

それ以外でもラッキークラフトやエバー
グリーンもトーナメントで活躍し大人気

ルアーが売れに売れた時代

バブルは崩壊したのにである

このブームで一度青春時代に釣りから
離れたアングラーも再度、戻ってきた

芸能界でも多数の著名人が熱くなり
色々な番組でバスフィッシング特集
が組まれた。

日本のバブルは崩壊したがバスバブル
がやってきた

しかしこのブームによって起こる反動
の氷河期が来るとは知らずに…

 

このブームによって真の釣り人じゃ
ない

ブームだけのアングラー

将来の釣りの環境など考えずに

釣り場は荒廃

釣り禁止のフィールドが増殖

それに追い打ちをかけるように21世紀
となって憎っくき法律が制定され…

波が引くようにブームは去っていった

そんな中で起こったのはロクマルラッ
シュ

96年ぐらいから池原、七色で事件が
起こる

今まで奇跡だと言われていた60cmオー
バーが連発!

そして少し遅れて琵琶湖でも

更に強烈なロクマルラッシュが

フロリダバスとノーザンラージのハーフ
の混血、エフワンが成長し

次々と日本記録が更新

それまでの琵琶湖、真野で釣られた65cm
から池原で68cm、69cmと

どんどん記録を更新!

大活躍したのはゲーリーのセンコー

そして真冬の琵琶湖でとうとう70cmの
大台がフットボールジグで捕獲され

7kg台のモンスターだったが

更に池原でサタン島田さんが8kgオー
バーをオプティマベイツのHDSにて
記録更新

更に琵琶湖でも超ビッグベイトの
マザーでも8kgオーバーが捕獲され
これを釣ったアングラーが次はブルー
ギルのライブベイトで世界記録の
10kgオーバーが出現する事に

どんどん日本記録が更新され最後には
世界記録まで

エフワンの確率が薄くなった影響か?
少し落ち着いたけど現在でもロクマル
では珍しくないビッグバスフィーバー
は続いている

そのロクマルラッシュと同時期に
ビッグベイトブームが

最初はファーストインパクトも重なっ
て各地で釣れまくった

色々なビッグベイトが生まれたが
このビッグベイト創成期に発売され
ながら尚、現在でも人気は陰らない
のがジョインテッドクロー

S字という新しい分野と生々しいアユ
そっくりのフォルムでアングラーの
心を鷲掴みにしたルアー

和歌山が発祥のブランドでこの時期
は池原、七色だけじゃなく七川、合川
など紀伊半島のリザーバーが暑 熱かっ
た。現在では世界的になったチーム
酔いどれが産声を上げたのもこの時代
の伊勢から始まった

 

この時代の僕は…

神戸に帰ってきてサラリーマンの
営業ながら仕事中にも釣りに行きま
くっていた。(最終的にバレてクビに
なるけどねw)

平日は兵庫県各地を巡り、週末は毎週
アルミカートップでキャンプしながら
近畿、中国、四国へ遠征

仲間と常に研究しながら学者のように
未来に向けて極秘ノートを

これがリアクレ流忍術の元となる

川から野池、リザーバーと近畿圏は
ほとんどのフィールドを網羅した

社会人ながら年間300日近く釣りに
明け暮れた10年間だった

独身時代に買い集めたルアーは2万個
を超え、部屋はルアーで埋もれていた

特にメガバスは日本でもトップクラス
のコレクターだったw

この頃はクレイジーな釣り仲間が
たくさんいたが…家庭を持ってとか
仕事が忙しいとか…ブームが去ると
同時に釣りから離れ気がつくとCOO
と僕だけにw

COOは中学の時に弟子入りして以来
35年ぐらいの付き合いデござる。。

次回はブームが去って

憎っくき法律と共にバスフィッシング
の氷河期がやってくる。。

時代は昭和後期

バブル前夜ともいえるこの時代は日本
が最も景気が良かった時代

第一次バスブームで少年だった大多数
は青春時代に景気の良さもあって釣り
から離れ車やバイク、バンドブーム
など低迷の時代となる

しかしどの時代も熱いアングラーは
おりレベルも上がってパターンフィッ
シングも確立されトーナメントが
日本でも各地で開催されるように

バスオブジャパン、JBなどバスプロ
が多数生まれた。

JBでは現在のイマカツ代表今江プロ
やエバーグリーンの菊元プロが琵琶湖
などのトーナメントで名勝負が生まれ
O.S.Pの並木プロやノリーズの田辺
プロは海を渡り本場アメリカのトーナ
メントに参戦

低迷とは裏腹にトーナメントは成熟
して逆に盛り上がりをみせる

ルアーを作る技術も日本人ならでは
の繊細さでどんどん磨かれコピー
ルアーから日本ならではのオリジナル
でリアルなミノーが生まれツィンクル
やブラウニー

そして数々のハンドメイダーが生まれ
ハンクル、リベット、ナベミノー、
クレイジーペンシルなどジャパニーズ
ハンドメイドの名作を残した

この頃

僕はとゆうと東京に移り住み10年間
浅草に住む

バイクやビリヤードにもハマったが
基本はバスフィッシング

しかし東京ではアングラーが少なく
一人でバイクに乗って牛久沼や印旛沼
霞ヶ浦などに毎週出撃していた

この時に覚えた衝撃がファーストイン
パクト

神戸で見つけた必殺ワームが関東では
まだ普及しておらず、どこの釣り場で
も爆釣!

この時代まだ珍しいバスボートが
近づいてきてルアーを尋ねられるぐ
らいに釣れまくった

それがツィンティーズから名前が変わ
った今だにソフトルアーのトップに
君臨するゲーリーのスーパーグラブ
だった

その後も何回となくファーストイン
パクトのルアーを発掘したけど
この爆発力は今だに忘れられない

今でも常にファーストインパクトを
体感できるルアーだけを研究する
きっかけはゲーリーのスーパーグラブ
だった

そしてバブルとゆう絶頂期が日本を
包み当時の東京は贅沢三昧

ジュリアナ東京から霞ヶ浦へとゆう
コースもw

この東京時代はTVと縁がありEXテレ
ビやねるとん紅鯨団にも2回出演し
一歩間違えば芸能界に入るチャンス
だったが釣りに行けなくなったら
いやなのであきらめた

TVといえば今までは釣りごろ釣られ
ごろとか海関係しか無かったが

とうとうルアー主体の番組も飛び出せ
釣り仲間!とゆう番組だったが
そこで釣りのお兄さんとして司会を
していたのが村田基プロだった

その東京の外れ、大井町のアパートの
一室で着々と時代を変える準備をし
ていたのがメガバスの伊東社長。。

メタル系のバンドを解散して大井町
のアパートで趣味のルアーを設計
したりロッドのグリップを削った
りと第二次バスブームの準備が。。

ちなみにTK4総帥も時を同じくして
メタルバンドメジャーデビュー直前
で解散し、赤髪長髪で裸一貫海を
渡りマレーシアにて奮闘していた
ようだ

昭和後期は少し低迷したバスフィッ
ングだったけどトーナメント界や
ルアービルドには成熟していった
時代

この後、残念ながらバブルは弾けた
けどバスフィッシングには第二次
ブームが訪れる事なる。

そして新しい血が日本に上陸する

フロリダラージマウスバス

フロリダを原産とするノーザンの
近縁種で虎柄の模様にノーザンより
デカくなる。

ロクマルになる確率もノーザンより
かなり高いが交配した50:50のハーフ
は記録的サイズに成長し後々の池原
七色、琵琶湖のロクマルラッシュへ
と繋がるのだが

この時代にアメリカ在住のヒロ内藤
さんの手によってバスの聖地、池原
ダムへと放流された

日本のビッグバスはヒロ内藤さんが
生みの親といってもいい

そして第二次バスブームの幕開けが
やってくる‼️

その昔、戦国の武将織田信長が人生
50年と謳ったらしいが

僕がバスフィッシングに出逢って40
年。。あと10年で還暦を迎えれば
昔の人の人生をバスフィッシングと
共に歩んできた事になるねんなぁ

僕が見てきたのは昭和から平成、令和
となった40年間

どんな時代の移り変わりだったのか

現代のバスフィッシャーマンへと
伝える意味で書き綴ってみようと思う

まあ写真も無いし、めっちゃ長いの
で何回かに分けるけど

これから僕のようにずっとバスフィッ
シングを愛し続けていく熱くクレイジ
ーなアングラーには是非知っておいて
欲しいのデござる

 

では本編へ

ノーザンラージマウスバス

原産国は北米

学名マイクロプテラス

日本に渡ってきたのは1925年

赤星鉄馬氏の手によって芦ノ湖へと
放流された

しかし実は芦ノ湖だけじゃなかった
らしい

日本各地の湖数カ所に放流された
ようで富士五湖の山中湖もその一つ
らしいが…

実は野池群にも放流されていた

それが兵庫県!

最初に河川で確認されたのも兵庫県
の加古川だが実は日本の歴史で1番
古い野池は兵庫県の神崎郡だった

そこから生野銀山湖や東条湖、そし
て東播野池へと先人の手によって
広がっていったとされている

現代では犯罪扱いだがw

こういった先人の放流活動によって
僕達はバスフィッシングと出逢えた
といえるだろう。

この創成期である大正時代から時は
昭和へ50年ほど時は流れ日本各地で
バスの生息が確認され第一次バスブー
ム到来★

この火付け役となったのは当時、少年
マガジンで連載されていた
「釣りキチ三平」
アニメも放映されてダイワのキャラク
ターとしてもCMで流れて全国の少年
が三平君に憧れた。(僕は魚紳さんに
憧れたので三平君に少しジェラシー
だったがwハカイダーっぽい最初の
魚紳さんはシブかった♫)

ダイワいーわーってゆうフレーズも
三平君がCMで喋った名ゼリフだ

後を追うようにジャンプでは青空
フィッシング、サンデーでは俺は
ナマズもの、コロコロコミックでも

少年が主人公の釣り漫画が連載され

リョービからはクローズドフェイス
リールとロッドのセットがバッグに
入ったダイナフィッシュもCMから
大人気に

 

その頃の僕は小学校5年生

親父に教わり波止から磯釣り、そ
して渓流からフナ釣りまでマルチな
アングラーだったが三平君の連載
「湖のギャング」でガビーンとなっ
てチヌ釣り用のコロネットを振り出し
竿につけて(タキタロウ編を見て真似
たのだが後にABUの大使だったと知
る事になる)

それから基本安いコピールアーを
買い集め、当時はコーモランが安く
次にダイワのコネリーやバスジャッ
カー、バルサマック。リョービか
らはバスラブなど(シマノは出遅れ
た感があった。リールは自転車の
ギア製造メーカーからバンタムと
ゆう名作を出していたが)

海外製で買えるのは安いスプーン
やスピナーでダーデブルやトビー
といったスプーンやブレットンに
パンサーマーチン、トニー、ミラー
パンサーといったスピナー。

ダイワからもツイスト、ダンサー
ファントムといった国産スプーン
も誕生。

ラパラ、へドン、ストライクキング
レーベルにフレッドアーボガスト、
スィンフィンにボーマーなどは
高嶺の華だったがお年玉や塾に行っ
たふりで月謝を使い込んでメイホー
のタックルボックス、バケットマウス
に収集していった。

憧れはオールドパルやアムコだったが

この第一次バスブームは中学生になる
頃には加速し始発の小野行き電車には
ロッドとタックルボックスを持った
少年で座る場所が無かったぐらいだっ

そして国産メーカーからも海外の
コピーから脱却してオリジナリティー
溢れる高級なルアーブランドも誕生
していった

なかでもバルサ50はファイブオーと
呼ばれ大人気に(後のザウルス)

スミスからもへドンとのコラボであ
るスミスカラーやハトリーズといっ
たハンドメイドの量産バージョン
など国産メーカーの創成期でもあ
った。

僕の地元では小野、加西、神出町
加古川などの野池がパラダイスで
1日100匹釣れる事もザラ

まだ生態系が安定していない入って
間もない爆増期だった

神戸から自転車で3時間

テントを積んでロッド片手に毎週が
冒険だった

野池では飽き足らずランカーを求めて
生野銀山湖や平荘湖にも通った

当時は小野で地元の報知新聞が主催
で釣り大会が行われたり全国規模で
もバスダービーが開催されカードと
専用メジャーを買って毎年日本で
何位かを競っていた

しかしこの時代は一気に増えて一杯
釣れるが、まだサイズは小さく40UP
でランカー。ゴジュウは夢のサイズ

しかし加古川の平荘湖(現在は釣り禁止
だが…)で62cmとゆう純粋なノーザン
ラージマウスではメガトンサイズが
捕獲され長い間、日本記録だった

ちなみに捕獲されたルアーはへドン
のブラッシュホッパーというバズ
ベイト。今となっては、なるほどなー
と思える表層で騙していた。

ちなみにこの後、一度愛媛で日本記録
が更新されたがすぐにまた兵庫県が
日本記録更新。63.8cmだったかなw

生野銀山湖でまたもやへドンのデビ
ルダイバーとゆうクランクベイト。

今となっては5月にレッドヘッドで
白のディープクランクでリップの先
に嚙み潰しオモリって

なるほどなー先人の大人達もめっち
ゃ研究しててんなーって思える

当時は大人のアングラーって少なか
ったからね

 

そして僕は年間で500日釣りに行く
神戸界隈でも名の知れたキチガイと
なり(学校始まる前の朝マズメと
終わってからの夕マズメと1日で
2回出撃していたのでw)

タックルもハイキャストからバンタ
ム、ファントム、中3の頃には行っ
てもいない塾の月謝を貯め込みUFM
のスーパーパルサー2にオカンに泣い
て買ってもらった大使、アンバサダ
ー2500Cをベイトフィネス、ラミー
グラスに5000Cをヘビータックルで
毎週キャンプ旅を繰り返し、その
クレイジー加減から大人のアングラ
ーからも可愛がられていた

シマノ主催のJFCとゆう月刊誌では
ジュニアレポーターとして毎月原稿
とイラストを描いたり地元の有名
アングラーである故毛利さん故力丸
さんに教えを頂いており近畿のバス
釣り場とゆう当時のアングラーが
全員買った本にも写真を載せても
らったり後のNBCとなるJBTAの
集まりにも参加して故西山徹さん
に教えを頂き40クラスのイワナを
釣って釣りサンデーの表紙を飾ら
して貰った事も

とにかく度を超えた釣りキチだった
ので先人の大人に可愛がって貰えた
少年時代だった。

雑誌は釣りサンデー以外には関西の
釣りや釣の友などが昔からあったが
ルアーの記事は少なくこの第一次バス
ブームにアングリング、釣りトップ、
そして高校生になる頃にはタックル
ボックスというルアー専門の雑誌も
誕生した。

県外では琵琶湖や池原ダムでも一気
に広がり琵琶湖の山ノ下湾にて故則
さん(ザウルスの創始者でありブラック
バス釣りの楽しみ方とゆう名作の著者
の1人)がフロッグカラーのビッグラッ
シュでランカーを連発!池原でも
羽鳥さんがブッシュペッカーで40UP
100匹とかを雑誌で見て県外の遠征に
憧れた。

ショップも神戸に天狗とゆうプロショ
ップも誕生し、現在でも親交のある
フィネスの前場君やエイト玉津の店長
ダイちゃんと知り合った

その当時TK4総帥は伊勢連合をまとめ
つつ浜松さんに可愛がられ池原に通っ
ていたらしいw

一気に広がり爆発的に釣れたがサイズ
は伸びず、しかし数多くの少年の心を
掴んだ。そんな第一次バスブーム

しかしブームというだけあって徐々に
皆が釣りから去ってバイクや車へと
変わっていく事となる。。

そんな最初の10年の少年時代だった

先週末は各地で釣れまくりだったよ
うで。。

大潮を過ぎてアフターのバスが回復し
一気にフィーディングしてる感じっ
すね★

これで雨が絡んでくれたら一年で1番
イージーに釣れるシーズン突入かな?

ではRCA’S捕獲報告

まずは海外マレーシアのDKスタッフ
ケビンからガーゴイル69Hをビッグ
トーマンで入魂!

このロッドはビッグバスのみならず
日本三大怪魚から海外のモンスター
まで狩れるストロングシャフトっす

続いて池原からは池神さん

池原もスポーニングは、ほぼ終わって
いるようですが、ようやく本来のクリ
アー水質を取り戻しアフターバスを
サイトで狙えるそうで池神さんも
7mラインの黒い影を見つけディバイン
にて一撃のロクマル捕獲★

地元からは青野のカズっち

オームEX、ディレンジフーラなどで
アフター回復を乱獲!

同じくローカルのフジモンもリザーバー
にてソドム6にて

長野からは3兄弟

アキラがジャマー2連結で

ヒロはディレンジEXで

ミッツはバーガーでビッグスモール!

BOWも野池にてツチノコで

三重からはK太がオームEXで

K太の友達も同じくオームEX

同じく三重の山下さんもガーゴイル69
入魂をソドム4で

ラストは同じく三重のマッサー

琵琶湖陸ッパ新規開拓の旅で

アーウィッグ、ディレンジフーラにて
ゴジュウUPを連発★

自分の足で探して新規開拓

これぞ真の釣り人!

やっぱ自分の足で探さないとね♫

しかしそろそろまとまった雨が欲しい

流れ込みにナチュラルドリフトでガツン
と喰わせたいデござる

ニンニン

先週末はアフター回復のXディ?

土曜日から各地のDKファミリーから
ビッグバス報告が絶えない

1年てま1番釣れるシーズンに突入なの
か?

まだ梅雨入りもしていない記録的な遅さ
らしいが(記録的天候には、もはや珍し
さを感じないけど…)

そんな日曜の昼下がり

最近の側近的な、マサハル的な弟子の
BOWから連絡があり野池で49をツチ
ノコで釣ったと。。

我慢出来ずいそいそと準備w

そしてKNKも慌てて準備を始めた

出撃する場所は

KNKと意見が一致した

先週の日曜日の野池リベンジ★

KNKはどうしても40UPが釣りたかっ
たのにコバッチのみで終わった

拙者は…45UPはギリで獲ったけど

パルサーでゴッツいボスキャラに逃げ
られていた

撮影してくれる余裕綽々のBOWと3人
で昼下がりの日曜日、気合いのリベン
ジ出撃へ!

拙者はリベンジに強い

理由は必死になるから

取材とか撮影とかもそうだけど必死に
なったら必ずドラマを起こす

今回も気合いが入っていたデござるw

先週ボスキャラを逃したパターンは
生え始めたヒシ藻エリアにボードン&
PEで雷魚用にボコちゃんが改造して
くれたピンクパルサー

そーいや昔ピンクパンサーってスロ
があったなぁ。。

先週感じたのは

まだまだヒシ藻は成長遅く

まだ本気のカバータックルは早い

んで

今回準備したのは、もうすぐ発売の
コンシュメイトワークスに

エクスレッド 20lbをアンタレスDCで

勿論スタコンカーボンハンドル搭載

 

アイカバーに細山君もね♫

新しくなったコンシュメイトは

もはや別のロッドといってもいいぐらい
パワーアップしている

ミディアムヘビーから完全なヘビーへと
進化した。

その理由は

基本ロッドは僕が必要なモノを開発して
いくんだけどw

超バーサタイルだった剛と柔の二刀

剛のコンシュメイトは巻きから撃ちまで
こなす超バーサタイルだった

しかしガーゴイル69Hという

飛距離と操作性のバランスで絶対必要な
「69」の巻きスペシャルが完成してし
まった

なので新しいコンシュメイトは

撃ちに特化したモデルとして開発が進
んだモデル

ラバージグ、スピナーベイト、ヘビー
テキサス…

そしてフロッグ

一本針をランカーの上顎にガッチリ貫通
させるストロングシャフト

至近距離でフルフッキングしてしまうと
40ぐらいなら飛んでくるぐらいの筋肉
モリモリ的な剛腕シャフトなのデござる

 

到着すると

1週間で一気に成長しているヒシ藻

そして足元で跳ねるツチガエル

 

これはモリアオガエル渓流に住み
木の上で産卵する珍しいカエル

これはマレーシアTK4邸のプールに
出没する不気味なヒキガエル系の
カエルwノニちゃん撮影♫

そうこれこれ

めっちゃグリパンで小粒なカエル

チャロ撮影💓

狙うはヒシ藻の先のハング下

一度ハング下のオープンにブチ込み
着水音で捕食音スイッチを入れて
(ハング下は日陰なのでヒシ藻は生えて
おらず着水音がでる)

ブッシュをガサガサさせて本当にカエル
が出現したような物語を作る

そこまでイメージするのがリアクレ忍術
の極意

いきなりヒシ藻の上にカエルが落ちて
くるなんて自然界には無いからね

そこまでイメージしたアプローチをし
ないと昨今のランカーは、なかなか
口を使わないぐらい賢いw

KNKやBOWにも言ったが

野池では鋭く低い弾道のキャスト精度
を磨くのが絶対

今回のヒシ藻奥ハングも小枝ブッシュ
が垂れ下がり普通のルアーだとブロック
されてしまうがカバー奥に侵入させる
事に特化した形状のパルサー

シェード奥に捻じ込み狭いハング下で
独自の水を掴むワッキーアクションで
アピールし

垂れ下がった小枝に軽くスタックさせ
ガサガサと波紋を出し

外してハングオフリアクションバイト
を誘発

この一連の流れを「かわず飛び込む
水の音ノ術」とゆう

 

そんな感じで攻めていくと

1番角のスポットのヒシ藻が不自然に
揺れた

何か下にいる!

しかもパルサーの動きに痺れを切らし
てスイッチが入ったような気配‼️

すかさず岸側奥のハング下に

リアクレキャスト(ボウ&アローとバック
サイドの複合キャスト)で今回はハング
奥へサイレントアプローチ…

ハング奥でじっくりアクション

ハングからの出口に垂れ下がる小枝
にスタックしたので外さずシェイク
で焦らす(ロッドは立ててラインの気配
を消しながらね)

そしてハングオフ

外れたパルサーをピョコピョコ飛ばし
ちょっと薄くなったポケットでポーズ

 

グボォ‼️

ヒシ藻とトロロ藻を弾き飛ばす暴力的
なバイトでパルサーが消えた

落ち着いて…

1、2、

フロッグの極意は2.5拍

2.5拍で後ろへ下がりながらスィープ
フッキング‼️

パルサーに本気バイトしたらすぐには
離さない。のでノーシンカーを使う
要領で力強くスィープにフッキング
して喉奥から口元まで滑らし貫く!

ドスンとした重みがコンシュメイト
ワークスのバットに乗った

デカい‼️

一気に抜くか迷ったがパルサーはノー
マルの掛け重視インフィニ3/0なので
弱らせ慎重にラインを手繰る

真っ黒のアフター回復!この池では
ボスキャラの52cm捕獲★

パーフェクトリベンジ成功★

 

パルサーツチガエルは上顎をがっつり
貫通♫

 

あー

 

快感。。

 

夕方前にリベンジを成功したので
あとはKNKを応援

何も無く

夕方のタイミングで移動

タンニンのモスブラウン水系

ここはまだヒシ藻の成長が遅い池

なかなか反応が無いが小雨がパラつき
だした

最高のタイミング!

その絶妙なタイミングでKNKの黄色い
叫びが山にこだました。

モスブラウンの水質に同化したアフター
のブラウニー45cmをディレンジフーラ
のブラッディコーク、ライトTXで捕獲

そのタイミングで僕にももう1発♫

ディバイン6.5のスカッパノンギルで
同じく45のアフターブラウニー捕獲

しかしドラマはこれで終わりじゃ無かっ
た。。

もう一度、釣れたハング奥のワンドに
再度アタックするKNK

ディバインで釣れたのを確認して

コンフィデンスがあるディバイン3.5
のスカッパノンギルにチェンジして
突き進んでいった

(あんなハング奥…KNKかフジモンじゃ
ないと行かないw)

ほどなく

またもや黄色い雄叫びが野池に響く

激しい水の音と拙者を呼ぶ雄叫び

これはデカそう…

致し方なく

ネットを持ってハング奥へと走る

デカい‼️

ネットに無事収まったバスは…

 

あかつい背っぱりのブラウニーランカー

52cmのビッグアフター‼️

歓喜で失神寸前のKNKw

 

夫婦揃って52cmとゆうパーフェクトな
リベンジを達成し最高の日曜日の午後
を満喫したデござった♫

やっぱアフター回復シーズンは最高
に楽しいね★

最後に

かわず飛び込む水の音ノ術で獲った
ランカー捕獲シーンをどうぞ見て下
しいませまちっく!

 

パルサーの季節到来やね!

ニンニン🐸

今週のウオヤさん展示会に来て頂いた
皆様ありがとうございます★

ガーゴイル69Hは既に完売ですが
セカンドロット分の注文もたくさん
頂きました!

問屋さんでの受注も早かったですが
店頭でもすぐに売れたとの報告が
続き感謝の気持ちでいっぱいです。

その買って頂いたユーザー様からも
入魂報告が!弩級のトルクパワーを
感じて頂いております!

トム君は8月予定の一休オリカラEX
でゴジュウUP2連発とファーストイン
パクトを堪能しているようですねw

青野ダムでもカズっち久々に

やはりディレンジEX

青野に強いブラッディーコークで

静岡掛川ではヒラノンがソドム6にて
アフター回復を乱獲中!

写真のバスはオームっすね♫

これからのアフター回復はディレンジ
&ディレンジフーラのEX、オームEX
ディバイン6.5、ソドム6、バーガー4
など…デカくて飛ぶパターンがストロ
ングになっていきます。

三重のマッサーは普及活動でガイドを
頑張っているようでw釣り仲間達にDK
ルアーのルアーパワーを体感して貰って
頂いております★

ローカルのクワマンも長い出張から
帰りさっそくマッチザベイトにて

バーガー3インチでビッグバス★

パルサー一本勝負で出撃したらしい
ですが現場でのギルが追われている
のを見て急遽変更

やはり答えは全て現場にありますね♫

山口のショウ君は広島の白竜&三河湖
への遠征で両湖にてディレンジフーラ
EXが炸裂したようです★

 

僕は仕事漬け…のウィークでしたが

既に無くなったスローシャイナーの
サンプルが。。

あるやん♫

展示会のパッケージサンプルですがw

禁断の展示サンプルに手を出してし
まい…

近所の海へ♫

やはり!答えはすぐに!

ベイトフィッシュも食べているデカい
タケノコメバルは丸呑みでバイトして
きました★

しかしその後は超タフなスローシャイ
ナーでさえもチヌの歯には…

2回連続でチヌに食い千切られテスト
を断念。。

同行のBOWは鉄板パターンである
月下美人3gにディレンジBVのスイ
ミングにてタケノコランカー捕獲

BOWは職業柄、顔出しNGなので
御容赦下さいませw

さてバスの匂いが嗅ぎたくなって
きたぞー

また禁断の展示サンプルに手を出して
行っちゃおうかなーw

ニンニンてへぺろ

本日のウオヤさん展示会を終えて

ようやくハードワークウィーク終了♫

朝から夜中まで仕事漬けの3日間だった

ウオヤさん展示会では

ようやくスローシャイナーの受注が
始まりました♫

サイズは3.8&4.8インチ。4本入りで
3.8インチが600円、4.8インチが650円

スイムベイト史上、もっともスローに
巻いてアクションするデッドリースイ
ミングと何匹釣っても壊れないタフな
ボディー

ウナギ兄さんは1本だけ渡したサンプル
にていきなり今年の初琵琶湖出撃にて
昨日ビッグバスを仕留めてくれていま
した♫

9月より発売予定っす★

それとベイトリールスタンド

こちらは来週には入荷予定★

定価は2個入りで960円

 

それと7月から発売となるのがフラミンゴ
デザインからチャロがコーデした新色★

こちらはWEBショップオンリーから
受注生産となります

今週は、このシャツの撮影で神戸港に

ネイビーブルーカモフラージュのドライ
Tにフロントはライムチャートでオリロゴ
をプリントしたオシャレ系のカモ★

速乾性のドライTは猛暑に必須っすね♫

もうひとつはオガケン画伯に描いても
らった人気のリフト&フォールで夏ら
しくジャマイカカラーのファンキーな
カラー🇯🇲

両方ともフィールドでも街中でもいけ
るデザインでチャロがコーデしました♫

撮影中チャロから師匠も反ってポーズ
しろ!と変な体勢したので何か腰に
違和感が残っているデござる。。

ニンニンチュー

彦根から名古屋、桑名そして伊勢の
3日間の旅が終わり神戸へ帰りました

帰ってすぐに仕事も山積みなんで
ヘトヘトですが、めっちゃ良かった
イベント旅でした♫

初日はイシグロ彦根店にてのイベント

正直アウェイ感のある初めて来た地域
でしたが琵琶湖陸ッパの熱いアングラー
が集まってくれて初めて見るドランク
レイジールアーにめっちゃ興味を持って
くれてほんま最高でした♫

ガーゴイル69Hは持ち込んだ分も完売!

琵琶湖陸から有効なソドム、ディレンジ
フーラEXなど新たなアイテムも新しく
置いて貰える事になり彦根からの捕獲
報告が楽しみっす!

2日目はイシグロ名東引山店へ

中部地区の山下さんも来てたっぷり
買い物からのガラガラでガーゴイルjr
をゲッツ♫

その山下さんの友人で最近DKルアー
を使い中部の入鹿池にて3回連発で
オームEXとディレンジフーラでビッグ
バスを乱獲されている友達も来てく
れて何とっ!ガラガラ特賞のガンリュー
ワークスをゲッツ!!

ガンリューの遠隔忍術で更なるビッグ
バスを捕獲して下さい!

この入鹿池3連発の話を聞いてると
凄くいい言葉が聞けました

周りがノーバイトの中、自分だけが

これは完全なルアーパワーだと

ルアーパワー

めっちゃいい言葉♫

まさしくドランクレイジーのルアー
はルアーパワーが突き抜けている

それに気づいてくれた方々が熱い
ハードユーザーになってくれている
んですよね★

そのルアーパワーに覚醒した長野の
中村3兄弟も手伝いに来てくれました

最初は長兄ミツオだけがDKハード
ユーザーでその歴史は設立した
天狗RCA’S時代から

双子の弟は意地でも使わなかった
らしいですがwミツオが釣りまくる
ルアーパワーに根負けして

今では兄弟3人揃ってDKサポーター

イベント前日も双子は長野でビッグ
バスを連発してから名古屋入りして
くれました★

ディバインのカラスで捕獲したバスは
56cm。長野ではマックスクラス!

やっぱカラスはヌシキラーですね♫

2日間お世話になったイシグロスタッフ
の方々(みんなめっちゃ優しかったっす)

イベントに来てくれた熱いアングラーの
皆様!(彦根のガテン系親方は、今日に
でもガーゴイル69ブチ曲げてくれてそう
名東店のおもしろ夫婦もディレンジで
連発してくれてそう♫)

そして手伝ってくれたキベちゃん、K太
トミー、中村3兄弟、講演会長

まっことありがとうございました★

最終日は後援会長と桑名で打ち上げ

久々の土佐の夜明けに

最終日は伊勢本社に寄り荷下ろし&
ミーティング

チャロがコーディネートしたフラミン
ゴの新色をゲット♫

ジャマイカカラー🇯🇲

新緑の季節、釣りでも溶け込むいい
色合い♫

そして近日とうとうコンシュメイトと
スパラキュートのワークスが入荷す
るらしい!

生粋のDKユーザーが待ちに待った
柔と剛のバーサタイル★

スローシャイナーも来月には入荷する
ようなので来週からの展示会ウィーク
に向けて頑張り鱒‼️

ニンニン

今週末の土曜日はイシグロ彦根店、日曜
はイシグロ名東曳山店にてドランクレイ
ジーのイベントへ行ってきまっす★

BOWに手伝ってもらいようやく荷物を
積み込みましたが一人乗りフルで満載

中京地区のDKユーザーから色々なDK
ルアーを見たいと、ありがたいリクエ
ストを受けて出来る限りのラインナッ
プを準備しました♫

当日DKルアーを2000円以上の買い物
で1回、ハンターズバッグで3回、ロッド
では5回 空クジ無しで外れでもルアーが
当たるグルグルガチャポンを!

特賞にはガンリュー 、それ以外にも
ハンターズバッグやガーゴイルjr、
ギルボックリの限定カラーが当たり
で用意しました★

既に完売御礼のガーゴイル69Hもこの
イベント用に準備しております★

今週から販売が始まったガーゴイル69

既に入手していきなりビッグバスを
捕獲してサイズを間違うくらい余裕で
ランディングと、ありがたい報告を頂い
ております♫

まあバスならワールドレコードサイズ
を想定したパワーなのでロクマルぐら
いなら余裕のファイトが出来ます★

45ぐらいならコバッチ?と間違うくら
いのトルク!

テストでは10kgクラスの野鯉を瞬殺
でランディング、SWでは200gのメタ
ルジグにて70オーバーの青物を3連発
でキャプテンが、ほんまにバスロッド
なのか?と舌を巻くパワーでした

先日の青野ダム65cmも3分足らずの
瞬殺ランディングで正直もたついて
たらカバーに入られて終わるか、もう
一回歯に擦れても終わりぐらいライン
はズタボロでした。

表記は4ozとなっていますが6ozクラス
のバラムなども充分に使えます。

ビッグベイト、ビッグトップ、マグナム
クランクから下は10gぐらいのプラグ
まで

ビッグサイズの巻きスペシャルロッド
ですがビッグワームのテキサスやノー
シンカーにも最適!

その卓越したトルクは日本三大怪魚
をも捩じ伏せるパワーです。

しかし持って貰った感じは普通の
ロッド

ゴツくないw

ガイドやパーツに最新を盛り込んだ
シャフトですが見た目も持った感じも
普通のバスロッド

まさに羊の皮を被った狼っすw

この機会にイシグロイベントにてじっ
くりと触って下さいませ!

それでは週末イベント彦根店、名東引山
店にてお待ちしております★

ディレンジのサンプルも配布しており
ますので貰いに来て下さい♫

さて私物から漢気ジャンケン用のルアー
でも物色しますかねw

ニンニン

無事大会を終えて夜の仕事も終えて

ただいまドロドロに疲れながら真夜中
の車の中でブログ更新中w

 

まずは協賛頂いたフィネス様、スタジ
オコンポジット様、エクストリーム様
BarDeep様、MAKO様

準備から手伝ってくれたDKファミリー
のみんな

そして参加して下さった97名の熱い
アングラーの皆様、誠にありがとう
ございました‼️

開催から6年目20回の節目を迎えた
令和初となる今大会も、やはり色々
とドラマが待っていました★

ここ最近の好調青野ダム

大潮突入でどう変わるか?が不安要素
でしたがその不安を吹き飛ばすビッグ
バスが乱舞する今までで最多の50UP
が6匹ウェインされました‼️

外道賞にはチーム酔いどれの仲間で
タイの長期出張より帰ってきたアン
ちゃんが70近い大ナマズを釣って
外道賞獲得♫

そして10位でなんと42cm
参加賞のディレンジ3.5の5gDSにて
ブレイクを探りキャッチ

9位は綺麗なオネーさんが!
家族がホゲる中、漢らしいパターン
サカマタのジャーキングで45UP

8位は48cm
これがまたドラマがあり釣り自体が
2回目しかもDKカップでしか釣りを
した事が無いこれまた綺麗なオネー
さんのREIちゃんが
朝イチの受付で僕があげた最近好調
のソドム4インチのライトTXにて
開始3投目で捕獲w

しかし48cmで8位って。。

7位はラッキー7賞!インフィニティー
のセリオンをゲットしたのは49.5cm
O.S.Pのドライブシャッドにて

今回も賞品にプラス漢気シャッフル
で吉宗バリの大盤振る舞いっす♫

そしてここから全てゴジュウ‼️

6位は51cmをまたもやO.S.Pのドライ
ブシャッドにてワカサギパターンで

5位は奈良から遠征で参加して下さり
何と!オームEXの順付けライトTX
「毛先甘噛みノ術」で同寸の51cm!
ウェインの着順で同寸ながら5位

そして4位は、またもやO.S.P
ルドラのジャーキングで52cm捕獲!
下顎掛かりでしたと申告がありました
がクランクやジャークベイトではよく
ある事なのでOKです!バイブレーショ
ンでお腹のスレとかはNGですがw
反応させての口周りは全然OK!

さてお立ち台3人のサイズ、そして
パターンは!?

まずその前に今回も皆様の清掃活動
の御協力ありがとうございます。

バスフィーさん主催の清掃活動に
ドランクレイジーも協賛させて頂き
今回からこちらの袋でゴミを集めて
頂きました!

さらにBARディープさんからは

バスキーホルダーに”まめや”のコーヒー
大量のお菓子までありがとうございます

MAKO様からも女性アングラーへ
コスメ的なセットを

ディープのマリちゃん、レイちゃんと
鼻の下伸ばしてますw

 

ファンキーな女の子をお姫様抱っこ
しちゃいました♫

 

さて3位の発表へ!

54cmをイマカツのヘアリーホグで
捕獲‼️

オームEXの毛先甘噛みノ術もですが

今回はワカサギサイズパターン以外
でキーワードだったのが

「毛」

フライを食べる子喰いなのか!?

準優勝も同じパターン!

今回は仕事の都合で参加出来なかった
チャロのパパ!

これまたオームEXの毛先甘噛みノ術
にて56cmを捕獲‼️

2位のハンターズバッグにDKルアー
で釣れた最大魚に送られるリアクレ
賞も受賞★

チャロパパ、第1戦もスイミーでビッグ
バスをウェインしており年間レースの
トップに躍り出ました♫

プライベートでは最近、娘のチャロに
圧倒されているパパですがw

パパが涙目で撮影w

この悔しさをDKカップで発散されて
いますねー♫

そして第20回青野ダムDKカップの優勝
に輝いたのわっ!

何とっ!先日のエイトさんの大会を53
cmで制したミキさんが連続優勝🏆

しかも

でました‼️

60UPのモンスターバス‼️

青野川筋の下流ダムサイトに近いワンド
の入り口にてゲーリーのセンコー4インチ
にて捕獲!

驚くべきはタックル

ドランクレイジーのスパラキュートで!

エイト大会で優勝した53cmも今回の
ロクマルもこのタックルだったそう
です!

ドランクレイジー「柔」の名竿
僕も溺愛する通称スパQですが…

このライトロッドでロクマル。。

お見それいたしました♫

という事で劇的なロクマルで幕を閉じ
た今大会

ミキさんもお子様と一緒の出場で

家族で来られた奥サマが

ファミリー的に来られるアングラー
でもドラマは起こる、それが青野ダム
です♫

次の大会は9月

家族でカップルでチームの仲間でと

奮ってのご参加お待ちしており鱒★

ニンニン

さて今週末は青野ダムにてDKカップ

令和最初の大会っすね♫

ここ10日間で短時間ながら3回ほど
下見に行ってきましたが3回とも
45クラスは釣れていますので正直
今の青野はイージー。

といっても難しいレイクには違いない
ですがwいつもの青野に比べると
1番釣りやすいアフターから回復に
かけてのシーズンで減水により足場
も多い、更に雨による濁りが回復に
向かっているので日曜日は、かなり
釣れる大会になると思います!

10位までが入賞なので35cm以上じゃ
ないと入賞ラインに入らないかも?

当日はボートエリアでは青野OPEN
も開催されているので黒川筋で釣り
をされる方はボートアングラーとの
譲り合う精神でお願いします。。

陸ッパオンリーの青野川筋で充分に
釣れているので、こちらで勝負した
ほうがいいかも?

ちなみに先日の65cmも青野川筋で
2週間前の大潮で土曜日しかも大会
時間内の9時半ぐらいのヒットでし
たので日曜日は、ほぼ同じシチュ
エーションみんなにモンスターの
チャンスは、あります★

僕のお奨めは

とりあえず魚を触るならキャロ
濁りが回復してるならソドム4
まだ濁っているようならディレンジ
フーラのキャンディーやブラッディ
ーコークなど

ノーシンカーでもいいけどブレイク
に投げたり手返しがいいのがキャロ
ライナリグですね

1発優勝狙いならディバイン6.5や
ディレンジフーラEX、ソドム6、
オームEXなどのライトTXで全域の
ウッドカバーをランガンかな?

マスキーラウドやダッヂなどのデカい
ハネモノでTOP勝負も1発ありそう

そのマスキーラウドもフィネスさん
からの協賛で頂いているので賞品
をお楽しみに♫

今回も大赤字の賞品をDKからも
準備しております★

モンスター出現の気配ムンムンw

大会中はゴミの清掃活動も御協力
お願い致します。。

ちなみに2週間前の65cmはディバイン
6.5の1.8gライトTX。ガーゴイル69H
にポリアミドプラス(ナイロン)16lb
でしたがウッドカバーでモンスター
を狙っていくならフロロ20ぐらいが
無難ですね

またみんなとの再会を楽しみにして
いまっす♫

 

さてアフター真っ盛りですが最近
中部地方のメジャーフィールドで
ドランクレイジールアーがファースト
インパクトで釣れまくりのようで

モニターのトミーも相変わらず大江
川にでツチノコ&ディレンジで釣り
まくってますが最近では入鹿池

来々週にイベントさせて頂くイシグロ
さんのスタッフの方からもディレンジ
で入鹿池にてビッグバスが釣れたと
嬉しい報告を頂きましたが先週末も

オームEXでゴジュウUPの捕獲報告

更にヒラノンも入鹿池の陸ッパで

アーウィッグにてビッグバス!

どうやら入鹿池のバスはDKルアーに
ファーストインパクトのようですね♫

九州のGも野村ダム遠征でディレンジ
フーラにて40〜45を無限の入れ食い
したそうなのでDKが浸透していない
フィールドでは一人釣りまくりの
無双モードに入れるかもw

おもっきり浸透している東播野池で
すがTGさんはパルサーでヌシサイズ
の55UPを捕獲してくれてました★

DKルアーの捕獲能力を理解して
頂き使い続けてくれているアングラー
は、ほんとありがたいです。。

感謝!

こういった創設時代から応援して
使い続けてくれているアングラー
の方々には、いつか恩返ししていき
たいっす。

色々厳しい事が続く釣り業界ですが

時々くじけそうになりますが…

こんな報告を頂くとまた頑張ろうと
奮起出来ます♫

全国のDKユーザー皆様に感謝!

ニンニン

先週末の日曜日は久々の琵琶湖OPEN

DKからは勿論COOが参戦♫

土曜日のプラは58cmを筆頭にアーウ
ィッグのライトキャロパターンで
ビッグバスを連発させ6kgは固いと
自信マンマンでした

やはり昨年からプラ番長w

当日は数は釣れるもサイズが落ちた
らしく300人中80位で玉砕…

後半戦に期待しましょうw

その日曜日、キベちゃんもマッサー
と出撃していましたが同じくアーウ
ィッグでは45cmクラスまでだった
ようでスイミーに替えて55cm!

そして日曜日はチャロも陸ッパで
琵琶湖に出撃しており

真昼間の琵琶湖陸ッパで超絶コンデ
ィションの58cmを捕獲‼️

ヒットルアーはCOOジグヘッドにディ
レンジフーラEXのウィカメチャート

アフター回復の必殺パターン!

チャロ会心の笑顔っすね♫

ニンニン

マレーシアのドランクレイジースタッフ
ケビンが10日間のジャパントリップを
終えて本日帰国しました🇲🇾

しかしほとんど観光とかせずw

常に釣りかジャパングルメを堪能して
おりましたw

来日すぐに酔いどれキャンプにて長野
の野尻湖へ

慣れないインサニアにツチノコで
40UPを連発!

その後はボコちゃんと神戸へ

到着してすぐに、まずは青野ダムへ

昼過ぎから夕方前までの短時間の
出撃でしたが雨後の濁りが取れ始め
たBWでソドムの早巻きがハマり

初ラージマウス捕獲

待望のナマズとカムルチーも!

日本が初めてのケビン

とりあえず全てが新鮮

色々な魚を釣りたいし色々な食べ物

マレーシアの弟的な存在のケビン

マレーシアではいつも世話になってい
るので今回は出来る限りやってやり
たかった

運悪くちょうど釣りとは別業務の仕事
が多忙だったけど隙間に睡眠を取りな
がら根性でガイドしました♫

といいつつ釣りもしてるけどねw

青野ダムBWのソドム早巻きパターン
は強烈で10投ぐらいしかしていない
けどバスと、めっちゃカッコいい
カムルチーが釣れました♫

夕方には神戸へ戻り宴

初日は地元板宿の太鼓にてモツ鍋

COOにBOW、KNKにチャロも集まり
酔いどれ

そして次の日は早朝から昼まで野池
をランガン

しかし朝の気温は11度と急激な冷え
込み…予想通り朝は水もターンして
全くの無…

太陽が昇り昼前からようやく活性が
上がり

野池ではケビン引率のボコちゃんが
連発モードへ

ギルボックリとアーウィッグにて野池
バスを連発

僕は基本寝ていましたがwプロトの
オオツチノコにて1匹だけ♫

野池には苦戦したケビンでしたが
なんとかアーウィッグでキャッチ♫

夜はケビンが待ちに待った

オコノミヤキ!

青森でスジカス焼きとリアクレうどん
を食いまくりんぐ

次の日は神戸から滋賀へ

レイクビワ!

その琵琶湖も前日の冷え込みで水温
が4度落ちたらしく

前日まで釣りまくっていたガイドの
ニッシーも苦戦。。

しかし厳しい中でもアジャストして
くれてケビンは琵琶湖のバス、さら
に初めてのブルーギルも♫

最後は伊勢のメンバーと、のんびり
シロギス&BQに癒されて

ずっと釣りしてたねケビンw

彼の中では今回のジャパントリップ

一生の思い出になった事と思い鱒

次はマレーシアで再会やな!

年内には行くからトーマン釣らせて
くれよー!

ニンニン

本業が多忙真っ只中に来日したケビン
とゆう嵐。。

ところどころで寝ながらwなんとか
ガイドをこなし昨日は15時間寝てw

ようやく日常生活に戻りました♫

ケビン!次のマレーシアではトーマン
釣らせろよっ!

てゆうかあいつもワイロンもガイド
でも呼吸したらすぐ自分が投げるか
らなあw

マレーシアの人達は基本我先っす

 

さてフィールドはアフターバス真っ盛り

まだスポーン直後のポストシーズンは
ツチノコなどライトリグが主体でしたが
ここに来てビッグワーム、トップ、ギル
ボックリが強くなってきました♫

ちょっと溜め込んでしまいましたがw

RCA’S捕獲報告★

まずは新しくサポーターの仲間入り
したマキシマムガミ

ポストの55UPをツチノコにて

ノーサーぶち曲がりだったそうです

続いて地元はフジモン同じくポスト
をツチノコで乱獲!

ノーサーにツチノコセットはタフコン
の最終兵器っすね

こないだの酔いどれ野尻湖ツアーの
大量水揚げも、ほぼ全てツチノコだっ
たそうです

大江川のツチノコマスター、トミーも
ツチノコにて大江ゴジュウ!

チャロはポストをスモラバ&ハンブラ
ビにて

アフターをパルサーにて

地元オンモはオームEXでアフター回復

山下さんも

やはりツチノコ強し★

止まらないトム君はアフター回復を
ソドム6とギルボックリで

ここからはアフタービッグバス乱獲
3人衆★

まずは三重のK太

ほぼジグオンリーでアフター乱獲!

セダクトやリアクレジグにディレンジ

まあK太はスピニング全くダメですがw

続いて青野のヌシ

ハ…カズっちw

ポストはツチノコやソドム4

アフターからはオームEX、ソドム6
で青野ビッグバス乱獲‼️

あと1週間になった青野ダムDKカップ
が楽しみになる釣れっぷりですね!

先日の65モンスターもアングラーで
溢れる土曜日でしかも大会時間に重な
る朝の9時ぐらいのヒットだったので
大会でもモンスター出現の期待大です!

 

さてラストは三重のオタク系乱獲男

マッサー!

昨年はGWに7日連続ゴジュウUP捕獲
とゆう快挙を達成したマッサーでし
たが、持病の頭痛も回復してきたよ
うで今年はガーゴイル69Hオンリー
でポストはソドム4、アフター回復
はバーガー、レイジ、ギルボックリ
にてビッグバス超乱獲‼️

強烈にプロトからのガーゴイル69H
を溺愛しており、これ一本でソドム4
ノーシンカーからバーガージグヘッド
ギルボックリからレイジとゆう小粒
なクランクからビッグベイトまで

何でも使ってますw

まあ曲がるトルクフルなシャフトなん
で幅広く使えますが

僕的には…

4ozクラスのビッグベイト巻き

DK的にはレイジやガーゴイルですが

ジョイクロやクラッシュ、ネコソギ
トビキチなど6ozクラスでも振り切れ
るパワーとバラさない粘り

それとデカいトップ

スーパースプークなどのスケーティン
グから流行りの大羽根モノ、クロー
ラー系にも最適

そしてビッグクランク!ギルボックリ
みたいな小粒クランクからマグナム
クランク、でかいディープクランク
でも巻き疲れしないし絡め獲る!

さらにガーゴイル63同様にテキサス
リグやノーシンカーなど

パワフルなスィープフッキングで
ビッグバスの頬をビッグフックで
貫き超絶トルクでカバーから一気に
引きづり出します♫

バス以外でもテストでは10kgサイズ
の鯉や70オーバーの青物を連発で
釣っても余裕だったのでイトウや
琵琶湖大鯰、アカメなど日本三大怪魚
にも充分に立ち向かえる超トルクを
持つストロングシャフトです。

正直バスだとゴジュウちょいぐらいな
ら全く主導権を与えません。

カバーだらけの中で4kgオーバーを
瞬殺ランディング出来たのもこの
超絶トルクのお陰といっても過言で
は無いっす

マッサーに続いて溺愛するアングラー
が6月から増殖する事は間違い無いw

ニンニン

兵庫県青野ダム

ドランクレイジー主催で年間4回の
釣り大会を5年前から開催している

いわば準ホームレイク

その青野ダムは今年、数年ぶりの
大減水で足場が多く広がり早春の
ワカサギパターンで例年以上の
ビッグバス連発に賑わいをみせた

今年1回目の大会は4月初旬に行われ
インダクションにてビッグバスが
連発し、この直後にミッドスポーン
へと

それから1カ月たち現在は大方の
バスはアフタースポーニングへ

特に早い時期でスポーニングを終えた
大型の個体は回復してきているよう
でテスターのカズっちは、ここ数日
アフターのゴジュウUPを連発

ややフィネスなツチノコやソドム4
インチで炸裂させていた

5月後半の満月大潮

次のステージへモンスターが動くXディ

アフタースポーニングのモンスター
は次のステージ、アーリーサマー

いわゆるアフター回復へ向かうと
予想して朝イチから青野ダムへと
向かった

準備したタックルはアフター回復の
ビッグバスに実績のあるディレンジ
、ディレンジフーラのEX
ディレンジディバイン6.5、オームEX
ソドム6など

ロッドは一本勝負!

今月末より出荷が始まるストロング
シャフトのガーゴイル69H

ビッグベイトやマグナムクランク、
ビッグサイズのトップなどハイウェイト
の「巻き」スペシャルなロッドだが…

実はそのトルクフルなブランクスは
ビッグワームのノーシンカーやTXも
非常に扱いやすい一面も持つ

今回はアフター回復のモンスターを
狙いビッグワームをスローに巻くので
コンクエストDCにナイロン16lb(東レ
ポリアミドプラス)をセット

もちろんスタジオコンポジットのカー
ボンハンドルで武装戦線♫

ポリアミドプラスは今年からカラーが
ウォーターメロンに変更してめっちゃ
水中に溶け込みつつ視認性も残す最高
のナイロンラインに仕上がっている

ナイロンはカバーや歯擦れでのブレ
イクの恐怖はあるけどノーシンカー
やライトTXではナチュラルに水中で
柔らかいので存在感を消しやすい

 

早朝から神戸を出発。

青野ダムまでは約1時間

今回は動画撮影にオンモが同行して
くれた

現地にてカズっちと合流

最近アフターバスが好調だったエリア
を案内してくれるとの事

さすがは土曜日の青野ダム

早朝から大勢のアングラーが湖岸に

A級スポットには既に何人ものアングラー
が入っているのでプレッシャーを避け
B級スポットながらアフターが留まり
やすいウッドカバーをランガンして
いく作戦に

忍び足で慎重にアプローチを繰り返す

が…

数箇所ランガンするも全くの無…

頭を捻るカズっちw

昨日までは普通に食ってきていたらし
いが大潮突入で何かが変わっている
よう。。

カズっちいわく、ここ最近の鉄板エリ
アでさえワンバイトがあったのみ

ただそのワンバイトが大きなヒント
になった

カズっちのパターンはソドム4やオーム
をデッドスローのいわゆる「ズル引き」
が良かったらしいが、それに反応が
無かったのでディバイン3.5を少し
リアクションバイト誘発のヒョンコ
ヒョンコでバイトしてきたのだ

しかし既に朝の9時半…

タイムリミットは仕事があるので
10時まで…

ラストのポイントへ入った

期待は薄いがレイダウンのウッドカバー
が水中まで広がる、まさにアフター
の休憩するスポット

 

こういった状況が変化して釣れなくな
った時は経験から

喰えばデカい!

ラストのスポットはルアーを最大限に
デカくカラーも強く攻めたいので
ディバイン6.5の1番強いカラー

カラスBFを選択

ハンターズバッグの中から探し回る
も無かったがカズっちが一本持って
いた

こういった偶然の積み重ねが奇跡を
起こすんだよねw

フックは掛かり重視でリューギの
インフィニを

ただウッドカバーだったので5/0を
チョイス

まずは距離を置いて水中へ広がる
レイダウンのブレイク付近を遠投
で探る

丁重にウッドを感じながらハングオフ
のリアクションバイトを誘発してい
くも無。。

忍び足で近づいてウッドカバーの中まで
アプローチしていく

それでも反応は無い。。

ふとレイダウンの塊の先に

もう一箇所、小規模ながらレイダウン
が目についた

上からはハングで目の前はレイダウン
の枝がありアプローチしづらい状態
だったけどバックサイドで強引に
ワンスキップ入れると水面でバウンド
して跳ねたルアーは奥のレイダウン
へ最高のアプローチが決まった!

この運命的な奥のレイダウンへ

1発で最高のアプローチが決まった

これが奇跡を起こす最後の鍵だった

着水と同時にラインを緩める…

そして静かに

なるべくラインを張らないよう慎重に
レイダウンの枝をハングオフでかわし
ステイ、乗り越えてはステイ

全然釣れていなかったが仲間2人が
撮影に協力してくれている責任感か
らか?神のお告げを感じたのか?

集中力はMAXで奥歯がギリっと鳴る
ぐらいに集中していた

大きめの枝をクリアしたハングオフ
で少し大きくヒョンコアクションを
入れてステイをいれたその時‼️

ラインは緩めていたがラインに触れ
る親指が確実に喰った感触を感じた

小さなバイトだったが直感でデカい

ラインスラックを巻きながらフッキ
ング‼️

しかしドスンとガーゴイル69が止まり
左の沖側へ魚が走ると同時にバット
まで絞り込まれラインは不協和音を
奏でた

デカい‼️

て同時に巨大なバケットマウスがエラ
を洗う

デカいどころじゃないっ‼️

その姿は琵琶湖や池原でしか見る事の
無いスーパーモンスターの巨大な大口

その姿を見た瞬間に体が反応した

バスへ向かって走った

両サイドはウッドカバーのレイダウン

潜られれば一巻の終わり

しかもあのモンスター

ラインはナイロンだったので歯に体重
が乗っても一巻の終わり

瞬殺のランディング以外無い!と体が
反応してくれた

レイダウンへ突っ込むモンスター

ロッドを寝かせながらミシミシ音が
鳴るまで耐える

ガーゴイル69Hの驚異的なトルクが
本領を発揮してくれた

テストでは90クラスの鯉をトルクで
捻り伏せ70オーバーの青物の走りを
受け止めたパワフルさは、ここで
本領を発揮してくれた

レイダウンへ逃げれなかったモンスター
は方向転換して暴れ狂う

ここしか無い!もう1発突っ込まれた
ら歯でヤラれる。。

片足を水中に突っ込みながら強引に
ハンドランディングを試みるも
暴力的なヘッドシェイクで弾き飛ばさ
れてしまう

ヤバい頭は真っ白にスパーク

ダメだ

ここでランディングしないと終わる

もう一度水中へ腕を突っ込み分厚い
モンスターの下顎を掴んだ‼️

 

 

 

青野モンスター君臨‼️

全身が痺れ足腰はガクガクで手は
ワナワナw

ヤバい…

計らずとも確信出来る余裕のロクマル

青野モンスター捕獲成功★

 

 

目は涙目

足はガクガク

手はワナワナ

何度も協力してくれた仲間、カズっち
とオンモと3人硬い握手を交わした

この感動は普通の生活では有り得ない
非日常な超興奮

測定の結果65cm 4070gの青野ダム
ヌシクラスのスーパーモンスター‼️

まさにアフター回復の狙い通りの
個体だったがアフターとゆう事で
テンパウンドには一歩足りなかった

そんなんどうでもいいw

とにかく最高の感動をありがとう青野
ダム!

そして撮影に早朝より付き合ってくれ
た仲間のカズっち、オンモ感謝💓

最後に何度も何度も感動をくれる

ニッポンのノーザンラージマウスバス

本当にありがとう‼️

俺は政府を敵に廻しても絶対にお前達
を守るからなっ!

いやー

やっぱバスフィッシングは最高っすw

ニンニン