Staff

Freshwater Staff

リアクレ

雑誌、メディアでもおなじみ『リアルクレイジーアングラー』通称:リアクレ。DRANCKRAZYの製品開発、アドバイザーも担当。ブラックバスを愛してやまない熱い男。長年の経験と野性的カンが融合された独自の理論(通称:黒鱒必釣忍術)を展開し、フィールドを選ばず釣り狂う姿は、まさに 『 リアルクレイジーアングラー 』。

http://ameblo.jp/riakure/

フィールドレポート

Coo

琵琶湖をホームグラウンドとし、猛者達が凌ぎを削る「琵琶湖オープン」に出場を続ける実力派バサー。特に琵琶湖でのストロングな釣りを得意とする。サンデーアングラーながら、
2011年 年間 個人総合:準優勝
2012年 年間 個人総合:3位
の成績は驚異的。今年は更に高みを狙うべく琵琶湖を見つめ続ける…。

http://ameblo.jp/1110coo/

フィールドレポート

うっしー

琵琶湖にバスボートを駐艇し、バスを乱獲するスゴ腕アングラー。仕事柄、平日の出撃が多いが、その日の湖の状況を的確に判断してポイントや釣法を見極め、ストロングな釣りを展開しバスにアジャストするそのスタイルは正に王道。ローカルトーナメントでもその実力は如何なく発揮されている。

http://ameblo.jp/ussy1973/

フィールドレポート

アオアニ

東播野池をメインフィールドとして活躍しているローカルアングラー。リアクレを師と仰ぎ、数々の必釣忍術をマスターし、驚愕の釣果を叩き出しつつも、「日々修行」と語る彼の言葉はバスフィッシングへの熱い情熱と真摯さをよく表している。特に近年の釣行回数は、リアクレを凌ぐほどで、今後更なる活躍が期待される。

http://ameblo.jp/aniki1223/

フィールドレポート

Taku

信州・長野県の野尻湖をメインにスモールマウスを追い求める元トーナメンター。トーナメントの経験を生かし、野尻湖でガイドサービスも行っております。特にライトラインでの繊細な釣りを得意とし、豊富な経験と知識より導き出される 『 喰わせ 』 のテクニックは目を見張るものがあります。

http://ameblo.jp/dranckrazy-shinshu/

フィールドレポート
Share This