久々のゴジュウUPを釣ったKNKは忘れられないようで…
今週も朝だけ出撃してきました
しかし状況は刻一刻と変化します。。
流れ込みは不発
ターンは更に酷くアオコとブクブク泡
ディレンジ3.5のツチガエルパターンで探るとコバッチ無双
ディレンジフーラのグリパンにはガツガツ
食ってくるもサイズアップしない
太陽が昇ってシェードが形成されるタイミング
シェードに入りたてホヤホヤを狙い
大潮突入のタイミングでもあったので
少し怒りの要素も入れてカラーをウィカメチャートにチェンジ
これが的中♬
1発で45UPが食ってくれました
呑気に動画撮ってたら逃げられたんで写真無いけどw
そしてKNKは対岸までランガンするもコバッチ無双
シェードエリアまで呼びラスト10分に賭ける
ラストは
いたら絶対喰うオオツチノコを渡すも
KNKのロッドはインディー
多分KNKの強引さではマス針だと曲がる
なのでまあまあ強いフックのイガラバに
オオツチノコをワッキー掛けのスモラバジグヘッドワッキーに♬
これなら大きめのフックもラバーが隠して
くれるし実はオオツチノコ、ジグヘッドワッキーとの相性も抜群
このパターンでようやくKNKにもグッドサイズがヒット★
このKNKの窮地を救ってくれて前回は僕のゴジュウUPも釣らせてくれた
喰わせの必殺オオツチノコが発売開始しました★
カラーは全部で5色
必要なカラーを絞ってのラインナップ
まずは定番のRCA’SグリパンBF
ダーク系グリパンをベースに極小の青ラメで控えめのアピール
こちらも定番ブラッディーコーク
メインとなるこのカラーは4パターンを
テストしまくりましたが結果どれも釣れまくりw
なのでミミズっぽさの赤みを残しつつ
「血」っぽさのクリア感も入れたダーク系のスカッパノンといった感じです。
次にマッディースペシャルのキャンディー
グリパンベースに派手な色々なラメを
アピールするカラーですが濁った水域では
他を圧倒する反応でした。
昨年の秋はディレンジのキャンディーでも
ベビーウシガエルパターンで何度もいい思いをしたカラーです♬
逆にクリアスペシャルはスモークギル
ここからはツートンのアクションで色彩
変化でアピールするカラーですが通常の
スモークギルよりラメは極小でナチュラルベリーはシャッドライクなグレー
ベイトフィッシュ絡みではストロング!
リザーバーなどクリアな水域ではコレ!
ラストはムラサメミミズ
テスト初期はビワパープルとシオミな
ツートンからこの名前がつきましたが
実は、そのカラーでもめっちゃ釣れたのですが…
試しに作っていたコークとシオミのツートンが
リアルなドバミミズにしか見えない
そして見た目だけじゃなくめっちゃめちゃ釣れた。
他のストレートワームには無い唯一無二のカラーとして誕生しました★
4インチ並みの喰わせ能力と10インチ並みの水を掴むアピール
そんな7インチのドバミミズですw
少しのアクションで頭と尻尾から独特の波動を
起こしビッグバスの側線を刺激しまくります♬
このようにドシャローだとよく分かりますがプリンのような波紋が出ますよね
これがベイトフィッシュの逃げる時に
起こる尾ビレの後方波動と同じ質の
波動で水中でもこの波動でビッグバスの側線を刺激するのです★
その秘密はファットなメインボディーを
軸として高比重の頭と尻尾の先の核が
水を掴み10インチ並みのアピールで独自の波動を起こします。
昨日は、さっそく三重野池ではマッサーがビッグバス!
岐阜の大江川からはトミーもビッグバス
推奨リグはネコリグはもちろん
ダウンショット、ジグヘッドワッキー、
シェイキージグヘッド、ライトTXでの
ライトパンチからオフセットワッキー
ノーシンカーでのカバー攻めまで
ノーシンカーでベイトでもかなり飛距離がでるので
色々なリグに対応出来ます。
ファットなセンターボディーにはオフセットワッキーに対応した
縦スリットが何本も入っているのでイージーに
センターバランスが取れるのも特徴です★
この驚異的な喰わせ能力を是非体感してくださいませ❗️
ニンニンウインク
昼間はまだまだ真夏だけど野外で早朝から活動するアングラーは
皆感じている夏の終わり感。。
ミンミンの合間にツクツクが聞こえ山ユリが萎み…
そして朝のシャローにはブクブク泡とアオコが
確実に秋が近くなってきてますね
これからは台風が過ぎるたびに秋が深まっていく寂しい季節。。
先週末はクーと2人で野池をテストを兼ねて
ランガンしてきましたが、やはりこの日照りと雨の少なさで減水、
そして水質悪化で酸欠状態のBADコンディションが大半
こんな状況では、やはり水の流れが重要
リザーバーや川のような常にカレントがあるフィールドがおすすめ
野池ではヒシモなどベジテーション(水生植物)が多い所が
シェードになり光合成で酸素も供給されるので、
まだ活性が高くパンチングやフロッグゲームがストロング
あとは、そんなに存在しないけどこんな状況でも流れが存在する池
台風前なんかは爆発する要因の一つに強風で一気にカレントが発生する事があるんですよね
今回は発売が間近に迫ったオオツチノコとスローシャイナーの
最終チェックを兼ねていたのでフィネスに攻めれる
超ショボイけどインレットが動いているエリアへ
しかし土曜日さすがに同じ狙いで夜明けから先行者3人。。
もちろん一般のアングラー優先で邪魔しないよう
アウトレット周辺からチェックしていくと
スローシャイナー、オオツチノコともにコバッチ無双突入
4.8インチのスローシャイナーに7インチ
のオオツチノコだけど25〜30cmクラス
が無双状態
しかしプレッシャーは強く強いタックルラインを太くすると食わない感じ
スピニングも使ってみたけど濁りもあるので、
ややベイトフィネスなスパラキュートがベストだった
ちなみにリールはカルカッタコンクエスト
50にラインはエクスレッド11lb
太陽が昇って先行者が移動したので
かなり弱い流れだけど一応動いているインレットをチェック
ベイトもいるしツチガエルも多数
一雨くれば炸裂間違いなしな感じ
まあ唯一カレントがある場所なんで朝イチ
ノンプレッシャーでアプローチさえ決まればデカいのも食いそう
ただドシャローなので既に第一次ターンは始まってる感じ
なのでハードボトム、そして少しでも
シェードが出来る場所へ移動
2人ともスパラキュートで相変わらずコバッチ無双
銀山湖に続いて2人で50匹ぐらい釣ったけどスローシャイナーは壊れないw
1本で20匹釣ってもまだまだ大丈夫♬
しかしサイズアップしないのでタックルバランス的にはあってないけど…
シェードが形成されるエリアでオームEXの毛先甘噛みでド遠投
ボトムをゆっくりズル引きしていると
ズンッ
あきらかに重めのバイト!
ラインは11lbなんでかなり慎重なスイープフッキング
やっとスパキューがバットまでブチ曲がりんぐ♬
ようやく45クラスのグッドコンディション
シェードエリアで細めのライン、そしてロングアプローチ
このパターンでクーもサイズアップで40弱ぐらいを2連発
メインベイトはツチガエル、
そしてロングアプローチなんでクーはディレンジEXをセレクト
そしてそのシェードエリアの岸際カバーで少し水がウネった
何やらデカそうな魚がフィーディングした雰囲気
猫の如く
抜き足差し足忍足で近づき
1発でフッキング決めたかったのでオフセットワッキーから
鱒針のネコリグに変更してオオツチノコをアプローチ
んー食わない
コイだったのか…
次は陸に乗せてバンクキャスト
入水同時に水面をグネグネしてアピールしてからフォール
グワーンと水がウネりラインが走る
デカい❗️
さっきの45よりあきらかにデカい
ラインはエクスレッド11lbで鱒針
慎重に慎重にクラッチワークで跳ねささないよう寄せてくる
ゴッツイ♬ゴジュウUP捕獲に成功★
やはり先行者に叩かれた後でもオオツチノコは喰う!
ただしラインは細めでアプローチも実際
に最近食べた状況を再現しないとダメな感じ
といってもそんな難しい事じゃない
ラインも3lbとかじゃなく濁っているので
12lbぐらいでも大丈夫だしアプローチも
減水してるのでバンクキャストも簡単
多分メインベイトであろうツチガエルも
ドバミミズも陸生動物なんで雨が降って
インレットから流されない限り今の状況
では陸からしか来ないもんね♬
僕が目指しているのは初心者やビギナー
のアングラーがドランクレイジーの
ルアーパワーでビッグバスをキャッチ
してバスフィッシングの魅力を感じて
貰う事だけど
イージーな状況ばかりじゃない
やはりプレッシャーやターンオーバー
など色々な状況に合わせてルアーパワープラス攻め方も重要になってくる
ただ最近のエキスパートアングラーは
SNSなどでも難しく解説する方が多く
ビギナーは最初から俺には私には無理みたいに
感じてる人も多いように思う
でもね実際にはしっかり教われば簡単な事が多いんです!
そこまでの絞り込みが重要なだけで
パターンさえ掴みそのスポットへ
喰うルアーを喰うアプローチで通せば
案外あっけなく喰ってきます★
それを実証するべく永遠の初心者
ヨメのKNKを連れていき後日に再度夜明けから出撃
パターンもエリアも絞り込んだから
絶対45クラス釣らしたるとの言葉に
鼻息フガフガのKNK
最近仕事が多忙でビッグバスと逢えて
いないKNKの気合いは凄まじかったw
ロッドは慣れているインディー610に
エクスレッドの12lbをセットし
ルアーは悩んだが掛かりもよくドシャ
ローでもノーシンカーに近いスモラバに
ツチガエルシルエットのワーム
そしてスローでも動き続けるように
イガラバの16/1ozにディバイン3.5のルートビアシャッドをセレクト
これなら絶対喰うはずだしアプローチ
もしやすくドシャローでステイしても見つけてくれるはず
あとはKNK自己記録も含めてディバイン
3.5では一杯釣ってるのでコンフィデンス
(信頼と自信)もあるしね♬
そして朝イチ
絞り込んだスポットはショボイインレット
前回は先行者がいたので攻め切れていな
いが朝イチのノンプレッシャーなら間違いなく喰ってくるはず
唯一カレントが効いてる場所なので
慎重に猫足で近づいて
一度流れ込みの奥か無理なら近くの陸にアプローチするよう言って
僕は後ろから初心者のビッグバスハントを動画撮影♬
1投目
ポチャン
違う!陸に乗せろー
と小声で怒りw
2投目も…
ポチャン
もうダメかも。。
しかしようやく3投目
流れ込みの横、バンクキャストが成功♬
イガラバ&ディバインは静かに入水
ドシャローをめメラメラ…
ヌラーン
水面が少しウネった
心の中で食ったと叫ぶもKNKは気づいて
いない?
更にグワーンとウネりラインが走る!
KNK渾身のフッキング!
この一連の流れは僕が完璧に撮影した
ので近日YouTubeでUPします
初心者でもビッグバスを狙って獲れる事
を実証した動画となっています★
しかし…
こんなデカいのは想定外…
余裕のゴジュウUPだった
ゴッツイ体型のゴジュウUP★
ワナワナでガクブルのKNK❗️
キャストが時々真上に飛んでルアーが
頭に当たる永遠の初心者KNKでも…
絞り込んだスポットに、しかるべきルアー
そしてアプローチさえ出来れば釣れる
難しいのはそこまで辿り着く事なんで
妄想し考える事が1番重要
辿り着けば1投目、2投目ミスっても
喰うときゃ喰いますw
この後もKNKは調子に乗り40UP追加
を含めディバインとオオツチノコで二桁の大漁乱獲にw
僕もツチガエルの「かわず飛び込む水
の音ノ術」ディレンジフーラグリパンバージョンで45、
そしてゴジュウジャスティスを捕獲♬
2回の午前出撃でゴジュウUP3本と完璧
にビッグバスとリンク出来ました♬
この時期オタマジャクシからカエルに
変形し一気にメインベイトとなるので
グリパン系のディレンジ、ディレンジフーラ、
ディレンジの3.5は必須となります
そして近日発売が開始されるオオツチノコ
テストでは何度も驚愕するほど喰わせ能力は
凄まじいものがあります。
これからの秋シーズン、ターンで食い渋った状況では
必ずお助けアイテムとなるので是非ともゲットして下さいませ♬

ニンニンウインク

ソニックの地元野池でインレットから
広大なフラットと菱藻が点在する1級
ポイントにて
昨年ストロングパターンを発見してそれ
を見ていたソニックは今年からそのタッ
クルを導入
このパターンはここ数年僕の野池攻略
の必殺パターンでタックルはサマー
シーズンに入ればボードンにアンタレス
MDのPE4号。まだ菱藻が成長していない
現在だとガンリューワークスにエクスセン
スPE2号。リーダーは共にエクスレッド20
lbで余ったラインをリーダーとして使用♬
ルアーはパルサー、スイミービッグ、ディ
バイン6.5、ソドム6、オームEXなどを
超遠投で誰も到達しないエリアを強いルア
ーで攻めるストロングパターン
今年の冬は河川下流のステッピングなど
にもハマったセッティング
ソニックは昨年からハマった瞬間を地元
の池で目の当たりにしていたのでw
今年はガンリューワークスとエクスセン
スを導入していた
そのソニックがこのパターンで2日連続
でオームEX(エビ)の順付けネイルリグ
【毛先甘噛ノ術】にてゴジュウUPを
仕留めていた♬
ちょうど鬼Gからシンゾーディレンジの
水中動画を撮れ!と指令が来ていたので
撮影ついでにソニック地元へ
撮影が終わり夕方30分だけこの連発
スポットへ
僕は先日のアコウタックルしか積んでお
らず…ポイントまで到達せずにワンバイ
トだけで終わったが弟子のソニックが
有言実行でゴッツイ体型の48cmを
オームEXダッピジュンバグの毛先甘噛ノ
術にて捕獲★
雨後からの濁りとショートバイト化が
進んでいるみたいでカラーをダッピジュン
バグ、フックもインフィニ5/0にアジャスト
していた。
最近はほんま忍術を伝授した後輩がこう
して自分の引き出しとして完全にマスター
してくれビッグバスを釣ってくれる事が
自分で釣るよりも嬉しいです★
ちなみにオームEXに入れるネイルシン
カーは1/16ozが基準で腹皮一枚縦に入れ
フックは基本がまかつ316R5/0でバイト
が浅くまだあまり障害物が無いならリュ
ーギのインフィニ5/0にてセッティング
して下さいませ。
PEは東レスーパーストロングX8が柔らか
くラインの色で飛距離も分かるので
一推しです。リーダーはスプールに余った
ラインを保存してリーダーとして再活用
しています。こういったパターンでは歯に
擦れる可能性も高いのでエクスレッド20lb
が安心です★

秋が来たかと思えば夏に戻り…

ようやくまた風が秋の雰囲気になって
きましたね♫

しかし第一次ターンオーバーからの猛暑
は厳しかった。。

水はネットりしているうえに、シャロー
はぬるま湯状態

おまけに愛用していた度入りタレックス
の偏光サングラスを紛失してキャストも
決まらずビッグバスを見失った周期でし
た。。

どこへ行ってもコバッチの嵐

スイミースモールを投げれば入れ食い
状態だけど全て1〜2年魚ばかり

なんとかマシなサイズはスローシャイナー
が活躍

視界が悪いせいで久々にブルフロッグの
バイトを許してしまいw

普段なら避けるんだけども

で3連休は気分転換にSW

ドラゴンが回遊してきたという情報で
近所の沖堤防へ

 

本命は指5本のドラゴンタチウオ

ガンリュー ワークスにスイミービッグ
一本勝負で♫

到着の夕方すぐにツバスラッシュ!

全てスイミービッグ。ピンクヘッドチャー
トの反応が良かった

そして夕暮れ

誰にもタチウオの反応が無い状態にUスケ
はテトラへディレンジのフリリグで攻め

何と!30オーバーのアコウ捕獲‼️

ディレンジ3.5のリミテッドカラーで
あるオキアミピンクで♫

しかし本命は全くで波止のルアーマン
全員不発…

唯一ベテラン85歳、波止のヌシだけが
イワシで3匹

ヌシいわくアタリはあるが、なかなか
食い込まないらしい

確かに時々超ショートバイトがあった
ので違和感全て反射フッキングを入れ
てw根性の指4本まあまあサイズを捕獲

 

スイミービッグはブルーシャイナー

連休最終日は野池へ

遠征前の準備をしたかったのにKNK
の釣りたい病が激しく…

昼頃に到着してKNKは、すぐにダッシュ
で奥地へ

僕は畔でのんびり準備♫

と思っていたが

なんかターンましになって少し水も
良くなっている

ように見える

遠征用に準備したイガラバにディバイン
3.5でシェードにあるストラクチャーを
反則的なアプローチ

30〜35cmのコバッチ卒業サイズが
3連発でしかもバイトがアグレッシブ♫

満足してのんびり準備していると…

対岸の藪の中から汗ドロドロのKNKが
クマのように現れたw

一周してノーバイトらしく機嫌が悪い

更にちょこっと釣りして3連発を聞いて
更に機嫌が悪い

ヒットルアーとタックルを渡しにいって
狙いとアプローチを説明し

なんとか30cmクラスを釣り笑顔が戻っ
たw

安心してロッドをコンシュメイトワー
クスに持ち替えカバー撃ちにシフト

最近、度入り偏光を紛失してキャスト
コントロールに苦しんでいたけど

今回は乱視対応の度入りメガネを装着
したんだけど

あきらかにフィネスなアプローチが
決まる

やっぱ視力は重要っす

水質的に閃きでT.M.Zモーターオイルを
選択しヒシ藻の間にあるトロロマット
も突き破れるよう5/8ozテキサスで
ディレンジEXのカバー攻め★

がっつりハマり48cm、52cmとビッグ
バスが連発でバイト‼️

するとまたもやKNK

今度はコンシュメイトワークスを奪い
奥地の一級カバーへ

速攻で黄色い声が響き渡った

KNKも久々の40UP捕獲♫

一気に雰囲気が変わってた野池

厳しかった第一次ターンの終焉かな

でも第二次、三次と続くよねーターン
オーバー。。

さあ明日からチャロの修行遠征に行って
きまっす★

ニンニン

天気予報から察するに。。

どうやら最後の夏みたい

なのでKNKと最後の海へ

時折吹く風は涼しく泳ぐ人も少なし

やっぱ夏の終わりは切ない

潜ってみるとチヌやシーバスの稚魚に
ベラやテンコチ、そしてゴンズイの群れ
が見れた♫

ちょっと危険な魚だけどゴンズイボール
には見惚れてしまった

 

そのまま夕方は野池へ

前回のパターン

ヒシ藻の上ディレンジ早巻きエッジフ
ォールで楽勝KNKに釣らせてあげる
予定だったが…

第一次ターン開始。。

めっちゃ水悪し泡ブクブク。。

まあ第一次は次の雨で収まるだろう
けど

とうとうこの季節が来たなって感じ

何をやっても完全無で超絶ショート
バイトが2回だけ

デカそうなバイトだけど一瞬のみ

こんな時はターン濁りから隔離された
ヒシ藻のド真ん中、これにウッドカバー
が複合したエリアでフリップパンチ

ババ濁りの水質に併せてチョイスした
のは少しでも入りやすいようにフーラ
からディレンジEXへ

カラーはT.M.Zモーターオイル

この隔離カバー撃ちで何とか捕獲♫

少しスキニーながら53cmのビッグバス★

結局夕方2時間みっちりやってこのバス
のみ。。

明日からの雨で状況は変わるだろうけ
どねー

ニンニン口笛

とうとうやってきました!

めっちゃメラメラぎんぎんギラギラ

サマー☀️

先週末前にさっそく夏を体感しに海へ
行ってきました♫

の前は

もちろん朝マズメw

サマーパターン最強は朝マズメだからね

しかし夜明けの表層パターンは不発

日が昇りシェードが形成されはじめた
タイミングでパルサーに連発

大きい方は皮一枚のフッキングだた。。

最後にオームEXでスローに誘い追加

全てヒシ藻とシェードが絡むエリア

タックルはコンシュメイトワークスに
PE4号でリーダーをエクスレッドの
20lbで

そんなにヒシ藻は濃くないけどPEの
理由は超ド遠投のシェード撃ちなので
(近距離カバーはスプーキー)

遠くのバイトを掛ける為のPE

フロロでも50m飛ばすとまあまあ伸びる
ので掛かりにくいし伸びてヒシ藻に潜ら
れてしまうので。。

とにかく真夏は朝マズメが最強

太陽昇ってもカバーに入り始めのバスは
口を使いやすい

夕方でも真昼間に比べるとマシだけど

マシなだけw

夕方狙うなら真昼間はシエスタするか
海や川でゆっくりするのがリアクレ流

やっぱ遊びは楽しくないとね♫

まあ僕は半分仕事ですが。。

何度かバイトがありながらもリアルに
ハゲたBOWは少ししょげてましたがw

野郎2人で今年の初海へ🏖

午前中は、まだ梅雨前線の雲が残って
たけど、どんどん太平洋高気圧のギラ
ギラ太陽に溶かされていきました♫

帰りの運転はBOWに任せてwグビグビ
呑んでコパトーンべたべた

顔だけ黒いので全身焼きまくりんぐ

一夏でコパトーン3つは使いますw

やっぱ夏が1番最高っす

バスは釣れにくくなるけどねー

そして日曜日も

KNKに海へ寄ってくれるならと

約束して夜明けから出撃

やはり何故か?夜明けは不調で日が昇っ
てすぐのカバー攻めで

やっぱりオームEX

ハングのシェードのみなら逆付けNS
だけどハングシェード+ヒシ藻なので
ライトTX

KNKは苦戦しながらも得意の超藪漕ぎ
で特攻してw

ディレンジフーラのキャンディーにて
執念の捕獲♫

 

これから1カ月は真昼間ほんま気をつけ
ましょう

超本気印のアングラーは昼間も投げ続け
るだろうけど(僕も45才ぐらいまでは
そうでした)熱中症はまぢでヤバいので
水分補給だけは、しっかりと

あとエリア的にはシェードとカレント
(水が動いている場所インレットや
バックウォーター、ボディーウォーター
絡みの岬など)はもちろんだけど

見つければ宝の山がディープ

ごっそり固まっている事があり!

それとフリーフォールにも反応がよく
なるのと特に川ではフィーディング
スイッチが入ったボイルにしか反応
しないケースも

夕方のシャローとかは放置にしか反応
しない事もある

こういった状況に併せられるお薦めは

ソドム6のノーシンカー

遠距離のボイルにも届いてトゥイッチ
で誘えるしフリーフォールは自発アク
ションで。シェードにはスキップさせ
やすく放置でも食わせられる

水面のトンボにスイッチが入ってる
バスにもそのシルエットが似ている
ので騙しやすいしね♫

では真夏の太陽に負けないよう準備
をしっかりして出撃して下さいませ☀️

ニンニングラサン