いやしかしシブい週末だったです
ね。。

僕も土曜日は夜明けから日暮れまで
投げ抜きましたが食わせには全く
反応せず景色も一気に秋が進行して
いました

バッドな要素が3拍子揃った状況

満月の大潮絡み、前線の通過後
そしてターンを更に酷くする風

分かりやすく説明するとまず
満月の大潮絡み

基本的に大潮絡みは食わせにくい

季節を問わず産卵に気持ちがいく
からと考えられる。現に秋でも
普通にスポーニングはあるし
秋に産卵する魚種は多い。
そして満月は、ただでさえ夜長の
秋なのに満月で明るいと夜に
フィーディングして満腹状態と
なるケース。

ただこの大潮後、落ち鮎に代表さ
れるように産卵後の弱ったベイト
を荒喰いするストロングパターン
もある。

ヒグマやグリズリーのサーモン狩
が有名っすねw

そして前線通過後

いわゆる雨の後

これも低気圧でベイトもバスも体
が軽くなりローライト、プレッシ
ャーの低さも重なって活発にフィー
ディングして満月の夜同様に満腹
状態へ

そして最悪なのが風

ターンオーバーは水中が掻き混ぜ
られる事によって起こる水質悪化
だが季節関係無く風によってターン
オーバーは起こる可能性がある。
(特にシャローフラットで)

やっとターンが落ち着いてきた今
の状況で風は、またターンオーバー
を広げてしまうのである。。

 

本来ならこんなバッド3拍子の周期
は釣り道具の整理だがw

本社から打ち合わせに来ていたボコ
ちゃんが鼻息フガフガなので厳しい
状況を覚悟で野池に挑んできた

やっぱこんな状態じゃないと分から
ない発見もいっぱいある

今回もボコちゃんのおかげで新たな
発見もあった

リアクションの代名詞であるスイミー

こういった食わせが効かない周期で
はメインパターン

僕はガンリューにスイミービッグの
ド遠投でサーチしまくったが前半
ワンバイトのみ

そしてボコちゃんは…

タックルバランスが悪くw僕の半分
ほどしか飛距離が出ていないにも
かかわらず

僕のワンバイトの間に10バイト以上
5連発でキャッチ

理由のひとつはブレイク

僕の遠隔ディープ攻めに対してボコ
は飛距離が出せないのでシャロー
からのブレイクを集中して狙って
いた

ディープまでは落ち切っておらず
風で水質悪化したシャローを嫌がり
ブレイクに溜まっていたのかと

それとアクション

僕が色々なリフト&フォールを試して
いたのに対してボコは、タダ巻き

この一定層のタダ巻きにしか反応しな
かった

現に僕の1匹も真似してブレイクへ
タダ巻きにしてキャッチしたのだw

あとはカラー

SW仕様のスイミービッグで新発売
したピンクヘッドチャート

あきらかにこのカラーの反応が
ズバ抜けていた

スイミービッグのSW仕様を販売を
決定した時、1番の実績がある
ブルーシャイナーは決定していたが
もう1カラーはブロビスの宮川さん
のアドバイスで選んだカラー

これがバスにもめっちゃ効いた!

現在サワラやシーバスがめちゃ釣れ
て人気急上昇のスイミービッグSW
だが是非ともバスにも使ってみて
下さいませ♫

 

後半は合流したフジモンがギルボッ
クリ、ディレンジフーラ3.5のクー
ジグヘッドスイミングなどで釣るも
35cmクラス

ボコちゃんもスイミービッグで順調
に数を重ねるもコバッチやギル

そんな中でも先々週までストロング
だったヒシ藻ポケットのディバイン
3.5ライトTXでグッドサイズ!

このヒシ藻も、場所によってまだまだ
元気な場所、ほぼ枯れて水中に芯だけ
残っている場所と

同じ池でも進行具合がマチマチだった

夕方の最後のチャンス

僕が選んだのは進行が早い枯れゆく
ヒシ藻フラット

最近までフロッグやテキサスなど
ワーム系しか見てないエリアなので
なんとか通せるスピナーベイトなど
は新鮮だろう的な例年実績のビッグ
バスパターン

スピナーベイトには反応が無く…

最後は少し早い動きでフラチャット
14gにインダクション4インチの
真茶忍術、印濁茶を投入

ド遠投からの一定スイミング

時折ヒシ藻の芯に当たり…

デケデケデケ フッ

一瞬軽くなり反射フッキング!

これはデカいやろっ‼️

 

と確信するも…たいした事無かったw

 

コンディションはグッドで元気な
バスだったけどね♫

1日ヤリ切るもビッグバスからの
反応はチェイスも姿を見る事も無い
厳しい1日だった

でも秋本番はこれから‼️

本当の秋爆、秋の荒喰いは11月と
12月!

2週間後には青野ダムDKカップ最終
戦もあるのでこれからの秋本番が
楽しみっす

スイミー各種フック交換して準備
だな♫

ニンニン

がっつり活性が落ちた第一次ターン
オーバーも

ようやく回復してきた感じっすね

あちこちでデカいバスが、ぼちぼち
釣れ始めました★

これから水温が落ち着きだしたら
秋の荒喰い本番に入りそうです!

 

昨日は急遽指令がきてカタログ用に
ソドム6で釣って来い!と命令され
たので地元の東播野池へ

昼から出撃してまずは平地の野池で
枯れヒシ藻をガンリュー&ソドムを
ブン投げまくりで無反応。。

ヒシ藻の中には雷魚のベイビー

その下には70cmクラスのママが
いてソドムに激しくアタックし
てきたがグッと我慢してw

次は山中のクリア野池へ

対岸のハング奥奥攻め

ラインが走った♫

いい形の40UP捕獲★

よかったー任務を遂行w

季節的に違うルアーだけど昼間が
天気良かったので何とかなった♫

そして夜は、またもやタケノコ狩り
に出撃するも連日の攻めで超ショー
トバイトにサイズダウン。。

タケノコ6匹釣るも全て15cm以下

20cm UPはガシラだけだった

全て2gジグヘッドの超スローな
スイミング

タフな状態だったけどKNKも超チビ
1匹だけ釣れた

釣るまで帰らんとか言い出すから
チビでも釣れて良かったっすw

ニンニン

前回からの続き。。

 

ウオヤ展示会の準備があるのでそろ
そろ帰らないと…と

僕は車に戻っていたのだが

KNKもチャロも帰ってこない

30分ぐらいしてようやく

しょぼーんとしたチャロが帰って
きて…

と同時にKNKから電話が

「ヌシが喰った!はよ来てー!足が
ガクブルやー‼️」

 

えらい興奮している

水辺に戻ると必死でバスを水に浸けて
いるKNKが

えっ?まぢでっ⁉️

 

 

僕の厳正なる口閉じ尾開きで56cm

KNKの野池自己記録更新だった

体型、顔つき、全てパーフェクト
な野池ランカー。。

マッチザベイトが完璧にハマった
んでしょう。

しかしディバインのパワーは偉大
っす。。

ニンニン

先週の3連休は最終日に昼から
野池の様相をチェック行った
けど

何箇所かランガンするもターン
の状況が酷く…

ビッグバスハントを早々にあき
らめて発売したばかりのブロビス
ディレンジBVにてコバッチ乱獲
を楽しんだw

ターンで泡と微粒子の濁りの中でも
コバッチやギルは活性が高い

僕の考えではエラの組織も小さい
ので水中に浮遊する不純物も
詰まらないけどデカいバスの
エラには呼吸不全になるような
感じがする。

そして鯉や鮒もこういった濁りに
強くのは鰓の作りが根本的に違う
し雷魚系は呼吸もするのでこれ
また強い

デカいバスとゆう怖い存在の元気
が無い状況化ではよけいにコバッチ
やギルは自由に行動出来るしね

まあ秋のあるある

マックス35cmぐらいだけどスピニ
ングにディレンジBVのDSヒョンコ
ヒョンコでコバッチとデカギルに
遊んでもらった1週間前

そしてこの週末は出撃出来なかった
が昨日の月曜日、ウオヤさんの展示
会準備に行く前の午前中

チャロの修行も兼ねてKNK、チャロ
と3人で野池へ

1週間前のワンチャンスは夕方、最後
はストロングにカバー絡みを撃って
いた際に一回だけビッグバスらしき
バイトがあったが

ゴンっ!のみですぐに吐いた感じだ
った

ので今回はボードン&PEタックル
からコンシュメイトにフロロ16
のスタンダードなタックルにチェンジ

ラインは、いつものエクスレッド
からコストパフォーマンスに特化
した東レの新しいフロロで

使った感じは安いけど性能は変わら
ない?ぐらい問題無く使えた

定価で1000円切るらしいのでユーザー
に優しいラインですね♫

そしてKNKのタックルには

インディーを使いたいらしいが
インディーは川のビッグバスや野池
ハイシーズンのパワーベイトフィネス
琵琶湖ではライトに攻める強気の
ロッドみたいな位置づけなので

ベストラインは10か12lbって感じ
だけど

今回はヒシ藻がキーワードだった
ので16lb

ただしKNKにはインディーって事
もあり買ったばかりのバンタムには
ナイロンの16を巻いた

バウオ、ポリミドプラス

 

そして1週間振りの野池は

あきらかに水が回復していた

いや場所によっては酷い所もある

水が少し動いている所が何故か?

酷いターン

インレットやアウトレットなど

しかし枯れゆくヒシ藻の中は

悪い水がシャットアウトされて

風の影響も受けず

どんどん浄化されてる感じ

そして朝からパルサーで

そのヒシ藻エリアで55クラスの
モンスターが激しくバイト‼️

最初は突き上げバイトで弾き飛ばし
2回目で完全にバキュームしたのだが…

パルサーをダンゴ状態に噛み潰して
フックがパルサーのボディーに刺さっ
てしまい抜けてしまった。。

そのワンチャンスのみ

しかしこれでヒシ藻に狙いが絞れ
たので残存ヒシ藻のみをランガン

小さいウシガエルやツチガエルを
イメージして表層はパルサー、ポケ
ットやエッジでフォールさせたい
時はディレンジフーラの TXで

そのディレンジフーラの TXにて
ヒシ藻の中に追ってきたような
生命感があったのでポケットに
フォールさせた瞬間!

周りのヒシ藻が大きく動いた!

デカい‼️

久々にコンシュメイトワークスが
ブチ曲がりんぐ♫

 

ごっつい腹♫

完全にターンの低活性からデカいバス
が喰い始めている!

ゴジュウには少し足りないが食べま
くっているグッドコンディション♫

ディレンジフーラ3.5のグリパン
ブルーフレーク5g TXにて

そして口の中には…

ちょうど3.5インチサイズの小さめ
ザリガニが見えている

ツチガエルイメージしていたが今は
コザリガニのようだ

KNKのロッドにはディバインの3.5
スカッパノンギルのライトTXが装着
されていた

「そのルアー、サイズもカラーもばっ
ちりやから藪漕いで奥地行ってこい
やー!あの奥のヒシ藻ザリガニもお
りそうな雰囲気やしー」

とKNKに伝えると

私は藪漕ぎ卒業と言っていたKNKが
凄い勢いで藪を掻き分けて突進して
行ったw

 

そしてすぐさま答えが‼️

 

超グッドコンディションの45クラス
捕獲に成功★

完全にコザリガニ食ってるね♫

しかし本当のドラマは…

最後の最後に…

ニンニン

3連休の中日の昨日は昼から野池へ

先週の3連休は午前中の出撃だった
けど朝イチはターンが酷く全然ダメ
で帰る間際の昼前ぐらいから水質
が落ち着き始め最後に45UPを
捕獲する事が出来た

ので

今回は昼から夕方にかけての状況
をチェックしたかった

何箇所かランガンしたけど野池に
よっては、あきらかにターンが
回復していた。

そして状況も全く変化していた

今回のMVPは、このタックル

ワークスのコンシュメイト最終プロト
にエクスレッド 16lb

そしてベビーブルフロッグのパルサー

 

ヒシ藻が柔らかくなってきたら
パルサーが本来の力を発揮する季節

サマーシーズンでもシェードのハング
奥や薄いカバーでは使うが葉が立つ
ようなヒシ藻には細軸フックのパル
サーでは無理がある

そもそもパルサーは普通の

ミディアムクラスのタックルでも使え
て遠くのバイトでもフロロでフッキ
ング可能とする

飛んでスプラッシュして一点アクシ
ョンでも誘えフッキング力はフロッ
グNo.1を目指して開発した

なのでボディーは他のフロッグに
比べて圧倒的に柔らかく

フックはリューギの貫通力に優れた
細軸のシングルフックを採用した

Wフックだとフッキングの力が半分
に分割されるからね

少ない力で掛けれる

イコール長距離で多少フロロが伸び
ても刺さる

そしてフロッグ初心者のフッキング
でも掛けれるフロッグ

それがパルサー

なので今から11月いっぱいぐらいま
でがパルサーの本領発揮する季節
なのデござる

 

多少フライングだけど先週、先々週
の野池でも最初はパルサーから攻め
ていたが全く無反応だった

しかし昨日は怒涛の連発バイトで
水面が割れまくった!

カラーは圧倒的にベビーブルフロッグ

ウシガエルの子供カラー

今年の夏の異常気象の影響か?
例年に比べてウシガエルが激減して
いるけど小さなウシガエルは時折
ヒシ藻の上で「キャッ」と鳴きなが
ら逃げる姿を確認していた

先週までの水質悪化状況ではこの
ベビーブルフロッグを捕食する元気
が無かったようだけど昨日はターン
回復のエリアヒシ藻では全てで
反応してきた

ただスローに巻いても見切られる
感じでスプラッシュを上げつつ
早いアクションで誘うのでミス
バイトも多く、しっかり捕食でき
てないのか?それとも大潮で怒り
のショートバイトなのか?はたま
たターンで弱ってからまだ復活
しきれてないのか?

は不明だけど10回ぐらいはヒシ藻
が割れる激しいバイトがあるも
飛ばされたり横で割れたりと
フッキングに成功したのは2匹
のみ

しかし両方ともコンディション抜群
の45UP★

30cmぐらいのコバッチは5〜6匹
釣れたけどコバッチでも掛けてし
まうのがパルサー♫

そして満月前で秋のスポーニング
もカバー奥でおごそかに行われて
いる気配も感じた

 

そしてKNKは…

先週のようにコバッチの活性が
高くなく苦戦していたけど

ガーゴイルjrに何度もチェイスする
バスに食わせきれず

オームに変えて腹の中空にラトルを
入れ音で怒らせると1発でバイトし
てきたらしい

秋スポ絡みのバスだったのかも?
みたいな釣れ方だね

何とか1匹の40UPを捕獲出来て
ご機嫌でしたw

僕もゴジュウには少し足りなかった
けどコンディション最高のバスだっ
たのでマンダムでした♫

 

これからもっとヒシ藻は枯れて柔ら
かくなっていきます

普通のタックルでも使えるパルサー

一個だけでもバッグに忍ばせて下さ
い!必ず今秋に活躍してくれるは
ずです★

ニンニン🐸

晩夏の3連休。。

皆様、楽しめたでしょうか?

まあすぐに月末も3連休来ますよね

 

僕は連休あまり関係無く仕事に励ん
でいましたが

3連休最終日は夜の仕事が終わって
その足でKNKと野池調査にランガン
してきました♫

前回の1週間前に比べ激変。。

まとまった雨も降って無いのに嫌な
濁りが蔓延し、水面には粘りのある
感じ。水中には微粒子が漂ってボト
ムのアオミドロが水面まで浮いて

 

第1次ターンオーバー勃発

ここんとこの夜の涼しさは高かっ
た水温の野池を掻き回していまし
た。。

こうなるとデカいバスはエラに微粒子
などが絡み呼吸困難で活性が落ちて
1番水がマシなカバー奥でひっそりと

逆にコバッチやギルはエラの組織も
小さいので関係ない上に恐いデカい
バスが静かなので自由に泳ぎ活性
高し

秋のあるあるな状況

こうなってくると活性が低いデカい
のを狙うには弱ってショートバイト
になっているのでカバー奥に食べや
すいライトルアーか甘噛みでも掛け
れてスローに引けるスピナーベイト
やクランクベイトが有効となって
くるけど…

 

少し茶色になってきたけどまだまだ
ヒシ藻がショアラインを占有して
おりライトなタックルは使えない

そのヒシ藻には浮いてきたアオミド
ロが絡みスピナーベイトやクランク
も使いづらい

のでヒシ藻の中の活性が低いビッグ
バスを狙いショートバイトに強い
オームの順付けをテキサスで捩じ込
んでいくも…それでもコバッチ祭り

25から大きくても40まで

そんな状況が大好きなKNKはハン
マーフォールにディレンジやアーウ
ィッグで土佐の一本釣りよろしく
乱獲を楽しんでいたw

 

ヒシ藻のライトパンチでもマシな
サイズでもこれぐらい

40にも満たない細いバス。。

3連休最終日のプレッシャーと第1次
ターンのデカいバスを狙うには厳しい
状況と無睡眠から早々に倒れている
と。。

KNKがようやく40UPを釣ってきた

絞り出せたパターンはバーガー🍔

なるほど

先週の雨後ツチガエルからターンで
も元気な小さいギルがメインベイト
になっているのか?

僕も少し大きいバーガー3.2のノーシ
ンカーでカバー奥をちょっと泳がして
はヒラヒラフォール、プルプル〜
ヒラヒラとスローに誘っていくと
ややサイズアップした35cmクラスが
釣れ出した!

昼前で体力も眠気もMAXだったが

コバッチ乱獲で唯一の40UPを釣り
調子乗っちゃってるKNKに最大魚
を譲るわけにはいかないデござる

タイムリミットのお昼直前、根性
でカバー奥からショートバイトを
フッキング成功♫

太い45クラス★バーガー3.2のウィカメ
で皮一枚の掛かりだった(汗)

ロッドはガンリューワークス、ライン
はエクスレッド 18lbからノーシンカー
を使いやすいように16lbのリールに
変更してすぐだった♫

めんどくさいけど厳しい時ほど小さい
工夫は必要っす

このバスでKNKのハートに火をつけて
しまい…なかなか帰ろうとしない…

僕は限界を超えていたので車まで這う
ように戻り気絶していると

 

靴の中で何かが動き飛び起きた!

ムカデかっ⁉️

恐る恐る見ると

出てきたのは綺麗で可愛い子だった

加藤さんの気持ちが分かるw極限
の疲れからほっこり癒された♫

ニホントカゲの子供♫

ボディーのストライプと鮮やかな
青の尻尾のコントラストが本当に
可愛い子だったデござった

ニンニン